魚住 景固(うおずみ かげかた)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将朝倉氏、後に織田氏の家臣。魚住景貞は曽祖父。

 
魚住景固
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄元年(1528年
死没 天正2年1月24日1574年2月15日
別名 通称:彦四郎、帯刀左衛門尉
官位 備後
主君 朝倉義景織田信長
氏族 魚住氏
父母 父:魚住景栄
彦三郎彦四郎
テンプレートを表示

略歴編集

魚住氏播磨国赤松氏の庶流。赤松氏の被官であったが景固の曾祖父・景貞の代に越前国の朝倉氏に仕えた。

享禄元年(1528年)、魚住景栄の子として誕生。はじめ朝倉義景に仕え、奉行人として活躍。永禄11年1568年)、足利義昭が饗応された際に「年寄衆」で「辻固ノ人数」に入っている。(朝倉義景亭御成記)また元亀2年(1571年)5月26日に河合吉統小泉吉道と共に剣神社に年貢の進納を命じている(剣神社文書)のを初めとして一乗谷奉行人としての活躍が見られる。眼病を患っていたといわれるが、記録によれば堀江景忠景実父子の反乱鎮圧や、織田信長との戦いに参陣している。しかし、姉川の戦いでは命令に背いて軍を動かそうとせず、天正元年(1573年)、朝倉氏が滅亡寸前になると信長に降伏し、嫡男・彦三郎を人質に出し、織田軍へ越前領内の道案内をするなどして、所領を安堵されている。

天正2年(1574年)、越前において富田長繁が一揆を起こして桂田長俊を滅ぼす事件が起きた。そして、同1月14日に長繁によって景固は次男・彦四郎と共に朝食の席に龍門寺城へと招かれたが、謀られ[1]暗殺された。その翌日には嫡男・彦三郎も討ち取られ、魚住家は滅亡した。なお、長繁は敵対していなかった魚住氏を何の理由づけもせず滅ぼしたため[2]、配下の一揆衆から見限られ後に討たれることとなる。

関連作品編集

  • 赤神諒『酔象の流儀 朝倉盛衰記』(講談社、2018年12月18日)ISBN 978-4-06-514035-2

脚注編集

  1. ^ 食事を取らせて酒を進めてから、「秘蔵の太刀を見せる」と誘い、いきなり斬りつけたと言われる。
  2. ^ しかも景固は穏やかな気質の持ち主であり、領民からは仁者として慕われていた。