鯛屋貞柳

1654-1734, 江戸時代中期の狂歌師

鯛屋貞柳(たいや ていりゅう、1654年承応3年) - 1734年9月12日享保19年8月15日))は江戸時代中期の狂歌師。姓は榎並、初号は良因。別号に言因・信乗・油煙斎・由縁斎・精雲洞・鳩杖子・助榮亭・長生亭・珍菓亭・圓菓亭がある。剃髪して貞柳と改めたという[1]。浄瑠璃作者の紀海音は弟[2]

鯛屋貞柳

生涯編集

大坂御堂前にあった菓子商の鯛屋山城大掾の子として生まれる[2]松永貞徳直門の古参俳人だった父・榎並貞因や叔父・貞富の影響で幼い頃から文事に親しみ、寛文延宝期の俳書や狂歌集に多数入集する[2]。青年期には『古今狂歌仙』『袖香炉』を編纂刊行する一方、豊蔵坊信海に親炙して、信海の没後に『八幡拾遺』を編んだ[2]。壮年期は家業に専念し、晩年近くなって強化活動に専念し、狂歌中興の祖と称された[2]1732年(享保17年)、初の家集『家づと』が刊行された[2]1734年(享保19年)8月15日死去、享年81[2]

辞世の狂歌に曰く、「百いても 同じ浮き世に同じ花 月はまんまる雪は白妙」[1]

門人は多く、大坂の木端・一好・潘山、名古屋の米都、広島の貞佐らの活躍によって、浪花ぶり狂歌は爆発的に流行した[2]

作品集・編著編集

  • 『置みやげ』
  • 『家づと』
  • 『狂歌五十人一首』

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 永井如雲『國文学名家肖像集』博美社、1939年、"小伝"13p。
  2. ^ a b c d e f g h 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、271頁。