鳥井 博郎(とりい ひろお/はくろう、1911年2月25日 - 1953年11月20日)は、思想史家。

兵庫県神戸市出身。1934年東京帝国大学文学部哲学科卒。1933年唯物論研究会に参加。1934年三枝博音の「日本哲学全書」「日本科学古典全書」編集に協力。治安維持法違反で検挙され、拘留中の39年応召、病気で除隊となる。戦後は鎌倉アカデミア教授を務め、唯物論の立場から日本宗教史、明治思想史などを研究したが41歳で死去した。[1][2]

著書編集

共著編集

翻訳編集

編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 20世紀日本人名事典