唯物論研究会(ゆいぶつろんけんきゅうかい)は、1932年昭和7年)10月23日に戸坂潤三枝博音岡邦雄らによって創立された研究団体。略称は『唯研』。治安維持法による取締りを避けるため、マルクス主義者による団体という形態をとらず、あくまで唯物論について広く研究することを目的とした団体として創立されたため、必ずしもマルクス主義の立場にはない科学者などの参加もあった(寺田寅彦など)。しかし、1938年(昭和13年)2月には自発的な解散へと追い込まれた[1]

活動期間は短かったとはいえ、『唯物論全書』を刊行したことなどによって、当時の思想界のみならず、戦後日本の唯物論研究に多大な影響をあたえた[注釈 1]。機関誌は『唯物論研究』で、1932年11月の創刊号から、1938年3月の第65号まで刊行された。

戸坂潤の影響下での客観主義的思考と思惟の明晰さが、この研究会の思想の特徴であるといわれる。

概要編集

岡邦雄、三枝博音、戸坂潤を中心にして、その他に小倉金之助永田広志服部之総、本多謙三らが1932年(昭和7年)6月頃から何回かの会合を開き、9月25日に発起人会を開催し、長谷川如是閑を議長として、規約草案の上程、機関誌発行、会員の推薦、総会の準備、財政の報告を行った。会の設立目的は、規約第一条に「現実的な諸課題より遊離することなく、自然科学、社会科学及び哲学に於ける唯物論を研究し、且つ啓蒙に資するを目的とす。」とうたった。17名を幹事とし、発起人40名を確定した[注釈 2]

解散後編集

会の解散後、運営に参加していた会員の多くは「學藝發行所」を組織し、唯物論研究の後継誌として月刊雑誌『學藝』を第66号 (1938年4月)から第73号 (1938年11月)まで刊行したが、1938年(昭和13年)11月29日に主要会員が検挙されたため、唯物論研究会以来の活動を終了させることとなった。なお、『學藝』12月号(通算第74号)は、発行直前に当局に押収され、そのまま廃刊に追い込まれた[注釈 3]

主なメンバー編集

関連書籍編集

  • 古在由重『戦時下の唯物論者たち』青木書店、1982年ISBN 4-250-82051-3
  • 『季刊・唯物論研究』編集部(編) 『証言・唯物論研究会事件と天皇制』新泉社、1989年

脚注編集

注釈編集

  1. ^ また、実質的には『三笠全書』の刊行にも関与している。
  2. ^ 幹事は、長谷川萬次郎、小泉丹、小倉金之助、本多謙三、三枝博音、富山小太郎、丘英通、服部之総、齋藤响、戸坂潤、岡邦雄、内田昇三、石井友幸、並河亮清水幾太郎、羽仁五郎、林達夫。『唯物論研究』第1巻第1号、木星社書院、p.140
  3. ^ 復刻版が青木書店から刊行されているが、この12月号は収録が不可能であった。

出典編集

  1. ^ 森宏一「第一巻解題」『唯物論研究』復刻版月報所収、『唯物論研究』第1巻第1号、木星社書院、pp.139-140

関連項目編集

外部リンク編集