鳥居 忠春(とりい ただはる、元和7年(1621年) - 元禄13年8月26日1700年10月8日))は、江戸時代武士旗本。通称は内膳、久五郎、久大夫。別名は忠直。父は鳥居成次。妻は安藤正珍の娘。子に鳥居成勝、大森勝長大森好輝の養子)、鳥居成豊鳥居忠以の養子)、娘(久世広賢の妻)、娘(中根正包の妻)、娘(牛込重義の妻)がいる。

生涯編集

寛永16年(1639年)6月徳川家光に拝謁。同年12月蔵米2000を賜り、寄合となる。延宝2年(1674年)3月御先弓頭、同年12月布衣を許される。天和2年(1682年上野国邑楽郡のうち500石を加算される。貞享2年(1685年槍奉行、元禄元年(1688年旗奉行元禄7年(1694年)職を辞し、翌元禄8年(1695年致仕し、隠居料蔵米300俵を賜った。

参考文献編集