メインメニューを開く

鳳暦(ほうれき)は、雲南に興った後理国の英宗亨天帝段智廉の治世下で使用された元号1201年 - ?。

改元編集

庚申年(1200年)に、宣宗功極帝段智興が死去し、段智廉が即位、翌年(辛酉年、1201年)改元する。在位中に「元寿」に改元しているが、時期は不明である。

参考文献編集

  • 李崇智 『中国歴代年号考 修訂本』(北京:中華書局,2001年1月) ISBN 7101025129 135ページ。
  • 鄧洪波編 『東亜歴史年表』(台北:台湾大学出版中心,2005年3月) ISBN 9860005184 207ページ。

関連項目編集


前の元号:
安定
大理の元号 次の元号:
元寿