メインメニューを開く
日本 > 近畿地方 > 京都府 > 京都市 > 右京区 > 鳴滝 (京都市右京区)

鳴滝(なるたき)は、京都市右京区の地名。

地名の由来は、この地に小さな滝があり、ある時、その小滝が、ゴーゴーと凄い轟音をたてていたという故事による。村人たちが不思議がって、寺の和尚に相談したところ、和尚も不審に感じ、全員を、高台の寺に集合させた。すると、その夜、村は大洪水に襲われ、全壊してしまった。この出来事により、小滝は「鳴滝」と呼ばれ、村の方も「鳴滝の里」と呼ばれるようになった、というものである。

毎年、12月9日10日の両日は、鳴滝本町の、通称・大根焚寺として知られる了徳寺大根焚き報恩講)で賑わう。

鳴滝泉谷町の法蔵寺前には、尾形乾山の陶窯跡がある。乾山は、1689年元禄2年)、御室に閑居を構え、習静堂と号した。その後、野々村仁清陶芸を学び、1699年(同12年)、鳴滝村に開窯した。また、この窯が都の乾の方角にあるため、乾山と号したという。

シーボルトで有名な長崎の鳴滝は、第24代長崎奉行牛込忠左衛門勝登が、この地にあやかって名付けたもの。

関連項目編集