メインメニューを開く
Torpedo boat Otori.JPG
艦歴
発注 昭和9年度計画(マル2計画
起工 1934年11月8日 舞鶴海軍工廠にて
進水 1935年4月25日
就役 1936年10月10日
その後 1944年6月12日 戦没
除籍 1944年7月18日
性能諸元
排水量 基準:840英トン
公試:960トン
全長 88.50m
全幅 8.18m
吃水 2.76m
機関 ロ号艦本式缶2基
艦本式タービン2基
2軸、19,000馬力
速力 30.5ノット
航続距離 14ノットで4,000海里
燃料 重油:245トン
乗員 129名
兵装 45口径十一年式12cm単装砲3門
53cm3連装魚雷発射管1基3門
(六年式魚雷3本)
40mm機銃1挺(雉、鷺、鳩は毘式)
(雁は25mm機銃1挺)

(おおとり)は、日本海軍水雷艇で、鴻型水雷艇のネームシップである。同名艦に1904年6月4日に竣工した隼型水雷艇の15番艦「」がある。

目次

艦歴編集

1934年11月8日舞鶴海軍工廠にて起工され、翌年1935年4月25日に進水し、さらに翌年1936年10月10日に竣工した。

1937年より日中戦争での任務として、揚子江付近で作戦に従事した。1941年12月より太平洋戦争に参加し、主に船団の護衛および警備任務に従事した。その後1942年10月には更に南方に進出する。

1943年12月20日、トラックからラバウルへ向かう第1182船団護衛中、「常島丸」を沈めたアメリカ潜水艦「ガトー」に対して「第28号駆潜艇」とともに爆雷攻撃を行い被害を与えた[1]

1944年6月12日第4611船団旗艦としてサイパン島から出航したが、同島北方にて敵艦上機の攻撃を受け沈没した。

同年7月18日、除籍。

水雷艇長編集

艤装員長
  • 塚本守太郎 大尉:1935年10月21日[2] - 1936年8月1日[3]
水雷艇長
  • 塚本守太郎 少佐:1936年8月1日[3] - 1937年6月1日[4]
  • 作間英邇 大尉:1937年6月1日[4] - 1938年5月10日[5]
  • 皆川延利 少佐:1938年5月10日[5] - 1938年12月15日[6]
  • 坂元常男 少佐:1938年12月15日[6] - 1939年11月15日[7]
  • 寺内三郎 少佐:1939年11月15日[7] - 1940年10月15日[8]
  • 桑原新兵衛 大尉:1940年10月15日[9] - 1941年9月10日[10]
  • 古谷卓夫 大尉:1941年9月10日[10] -

脚注編集

参考文献編集