麗水臨時要塞(れいすいりんじようさい)とは、朝鮮半島麗水の防備のため設置された大日本帝国陸軍要塞である。

概要編集

朝鮮半島西岸の航路を確保するため、全羅南道の麗水に臨時要塞を設けることが計画されていた。事前に設計、資材の調達について準備し、兵器は近くの要塞に保管を行い、小規模な要塞の設置を図るものである。

1940年10月、麗水要塞司令部が設置された。

兵備編集

歴代司令官編集

  • 多田勇夫 大佐:1942年8月1日 -
  • 宮永蓋世 大佐:1943年8月2日 -

臨時要塞計画編集

朝鮮半島沿岸において本要塞のほか、有事の際に次の臨時要塞を設置することが計画されていた。

参考文献編集

  • 浄法寺朝美『日本築城史 - 近代の沿岸築城と要塞』原書房、1971年。
  • 歴史群像シリーズ『日本の要塞 - 忘れられた帝国の城塞』学習研究社、2003年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。

関連項目編集