麻宮 ゆり子(まみや ゆりこ、1976年[1] - )は、日本小説家。大学非常勤講師[1]

麻宮 ゆり子
(まみや ゆりこ)
誕生 1976年????
日本の旗 埼玉県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2004年 -
ジャンル 小説
主な受賞歴 小説宝石新人賞(2013年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物編集

埼玉県生まれ[1]大阪文学学校に在籍している[2]2003年小林ゆり名義で応募した「たゆたふ蝋燭」で筑摩書房三鷹市が共同主催する第19回太宰治賞を受賞する[1][3][4]2013年、「敬語で旅する四人の男」で光文社が主催する第7回小説宝石新人賞を受賞する[5]。選考委員の唯川恵は、「文章にちりばめられたそこはかとない可笑しさ、重たいことも軽く書けるし、軽いことも意味ありげに書ける、というのがこの作者の個性であり、それがとても心地よく伝わってきた」と評価している[6]

作品リスト編集

  • 『敬語で旅する四人の男』(2014年7月 光文社 / 2016年11月 光文社文庫
  • 『仏像ぐるりの人びと』(2016年5月 光文社 / 2018年6月 光文社文庫)
  • 『碧と花電車の街』(2018年4月 双葉社

小林ゆり名義編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d 敬語で旅する四人の男/麻宮 ゆり子 - 小説:hontoネットストア
  2. ^ 修了生の活躍 | 詩と小説 大阪文学学校
  3. ^ 筑摩書房 太宰治賞
  4. ^ 太宰治賞に小林ゆり氏 | 全国ニュース | 四国新聞社
  5. ^ 小説宝石 新人賞 | 光文社
  6. ^ 最終選考 小説宝石 新人賞 | 光文社