哲学科(てつがくか)とは哲学教育研究することを目的として大学に置かれる学科の名称。主に哲学史講義古典文献の講読が行われている。

日本では、主に文学部人文学部の下に「哲学科」(「哲学専攻」「哲学専修」「哲学コース」などとも)がある。東洋哲学科が併設・包摂されていることもある。史学科文学科とともに文学部の根幹をなすことから「哲史文」ともいわれる[1]

日本以外では、単独の学部哲学部)として設置されていることもある。ただし、日本の「学部」と海外の「学部」は必ずしも対応しない。(学部#アメリカ合衆国における学部 などを参照)

現代の大学の源流にあたる中世ヨーロッパの大学(中世大学)では、神学部法学部医学部と並ぶ、第四の学部として「哲学部」があった。ただし、ここでいう中世の「哲学部」は、現代でいう哲学科とは必ずしも対応せず、むしろ「教養学部」「教養課程」、または「Ph.D.」(Doctor of Philosophy)というときの「Philosophy」に対応する。つまり、「リベラル・アーツ」または「神学・法学・医学以外のその他の学問」を教育研究する学部だった。そのような中世の哲学部をめぐっては、カントが『諸学部の争い』で主題的に論じている[1]

哲学科・哲学を学べる学科設置大学編集

日本以外編集

日本編集

国公立

東洋哲学

  • 東京大学文学部文学部思想文化学科中国思想文化学
  • 東京大学文学部思想文化学科インド哲学仏教学
  • 東京大学文学部思想文化学科イスラム学
  • 名古屋大学文学部哲学・文明論コース中国哲学専攻
  • 大阪大学文学部人文基礎学中国哲学専修
  • 大阪大学文学部人文基礎学インド哲学専修
  • 京都大学文学部人文学科東洋文化学
  • 広島大学文学部人文学科哲学・思想コース中国思想文化学専門分野
  • 広島大学文学部人文学科哲学・思想コースインド哲学仏教学専門分野
  • 九州大学文学部人文学科哲学コース中国哲学史専門
  • 九州大学文学部人文学科哲学コースインド哲学史専門
私立

東洋哲学

出典編集

  1. ^ a b 藤本, 忠「大学と哲学」『哲学』第53巻、北海道大学哲学会、2019年1月4日、 61–79、 ISSN 0287-2560

外部リンク編集