麻生 荘太郎(あそう しょうたろう)は日本の医師小説家推理作家神奈川県生まれ。ペンネームの名付け親は島田荘司

2009年、島田荘司の推薦により『闇の中の猫』で小説家デビュー。島田荘司は「年間数百冊を超えるミステリーを読破する氏の本格への造詣は、専門家の水準を超える」とコメントしている[1]。このデビュー作は『本格ミステリー・ワールド2010』でその年の「黄金の本格ミステリー」の1冊に選ばれた。デビュー前に、鮎川哲也が編集を務める公募短編アンソロジー『本格推理』シリーズに別名義で投稿した短編が2度掲載されている。

作品編集

単著本編集

アンソロジー収録短編編集

「」内が麻生荘太郎の作品

対談編集

脚注編集

  1. ^ 闇の中の猫 - 麻生荘太郎|東京創元社