メインメニューを開く

黄 文雄(こう ぶんゆう、1937年10月2日 - )は、台湾政治家独立運動家人権活動家

黄文雄
黃文雄.JPG
プロフィール
出生: 1937年10月2日
出身地: 大日本帝国の旗 台湾 新竹州
職業: 政治家・独立運動家・人権活動家
各種表記
繁体字 黃 文雄
簡体字 黄 文雄
拼音 Huáng Wénxióng
和名表記: こう ぶんゆう
発音転記: フアン ウェンション
テンプレートを表示

日本在住の評論家黄文雄と生年・政治的な主張が似ており、しかも双方とも台湾独立建国連盟の関係者であるため、混同されることも多いが、全くの別人である。

略歴編集

1937年、台湾の新竹生まれ。1964年アメリカ合衆国ピッツバーグ大学奨学金を獲得したのを機に渡米、コーネル大学社会学研究所で博士課程取得に励むかたわら、台湾独立建国連盟に所属し、台湾独立に向けた活動を行っていた。

1970年4月24日、訪米中の蒋経国(後の中華民国総統)をニューヨークプラザホテルで狙撃するという暗殺未遂事件を起こし、ニューヨーク市警察に逮捕される。その後、保釈中に逃亡し、1996年まで地下に潜伏した。この暗殺未遂事件は台湾独立派からは「義挙」として賞賛されることが多い一方で、中華人民共和国政府など台湾独立に対して批判的な勢力からは「台湾独立派がテロリストにしかすぎない」証拠であると非難されることが多い。

1996年4月、台湾へ帰国し、1998年1月には台湾人権促進会の会長に就任し、2000年には陳水扁政権のもとで中華民国総統府国策顧問も務めた。

関連項目編集

外部リンク編集