本来の表記は「黄法𣰰」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

黄法𣰰(こう ほうく、518年 - 576年)は、南朝梁からにかけての軍人は仲昭。本貫巴山郡新建県

経歴編集

若くして強健敏捷で胆力があり、日に300里を歩き、3丈の距離を跳躍できたといわれる。侯景の乱が起こると、法𣰰は郷里で兵を集めた。巴山郡太守の賀詡が江州に向かうと、法𣰰は留守を預かって監知郡事をつとめた。陳霸先建康の援軍として嶺南から北上してきたが、李遷仕がその進軍をさまたげた。陳霸先が周文育に命じて西昌に駐屯させると、法𣰰は兵を派遣して周文育を助けた。法𣰰が新淦県に進出したところ、侯景の派遣した行台の于慶が豫章郡に入り、于慶の分隊が新淦県に来襲したため、法𣰰はこれを迎え撃って撃破した。陳霸先が周文育を派遣して于慶を討たせると、法𣰰は周文育と合流して、笙屯で于慶を撃破した。

湘東王蕭繹が承制すると、法𣰰は超猛将軍・交州刺史に任じられ、新淦県令を兼ね、巴山県子に封じられた。554年承聖3年)、明威将軍・游騎将軍の号を受け、爵位は侯に進んだ。555年(承聖4年)、貞陽侯蕭淵明が帝を称すると、左驍騎将軍の号を受けた。敬帝が即位すると、新建県侯に改封された。

556年太平元年)、江州の4郡を分割して高州が置かれると、法𣰰は使持節・散騎常侍・都督高州諸軍事・信武将軍・高州刺史となり、巴山に駐屯した。蕭勃欧陽頠を派遣して法𣰰を攻撃してくると、法𣰰は欧陽頠と戦って撃破した。

558年永定2年)、王琳が李孝欽・樊猛余孝頃を派遣して周迪を攻撃すると、法𣰰は兵を率いて周迪を助け、余孝頃ら3将を捕らえた。宣毅将軍に進んだ。王琳と戦った功績により、平南将軍・開府儀同三司の位を受けた。559年(永定3年)、熊曇朗が金口で反乱を起こし、周文育を殺害すると、法𣰰は周迪とともに熊曇朗を討った。法𣰰は周迪とともに南中の兵を率いて城を築いて熊曇朗を包囲し、王琳との連絡を遮断させた。王琳が敗走すると、熊曇朗は孤立して人心を失い、逃亡先の村中で殺害されて、反乱は鎮圧された。

陳蒨が即位すると、法𣰰は安南将軍に進んだ。561年天嘉2年)、周迪が反乱を起こすと、法𣰰は兵を率いて都督の呉明徹と合流し、周迪を工塘で討った。周迪の乱が鎮圧されると、法𣰰は凱旋して使持節・散騎常侍・都督南徐州諸軍事・鎮北大将軍・南徐州刺史に任じられた。赴任しないうちに、都督江呉二州諸軍事・鎮南大将軍・江州刺史に転じた。565年(天嘉6年)、召還されて中衛大将軍の号を受けた。

566年天康元年)、廃帝が即位すると、法𣰰の爵位は公に進んだ。567年光大元年)、使持節・都督南徐州諸軍事・鎮北将軍・南徐州刺史として出向した。568年(光大2年)、都督郢巴武三州諸軍事・鎮西将軍・郢州刺史に転じた。

569年太建元年)、征西大将軍に進んだ。570年(太建2年)、召還されて侍中・中権大将軍の位を受けた。572年(太建4年)、使持節・散騎常侍・都督南豫州諸軍事・征南大将軍・南豫州刺史として出向した。573年(太建5年)、呉明徹が北伐して秦郡に進出すると、法𣰰は都督として歴陽に進出した。北斉の歴陽王元景安が5万の兵を率いて歴陽の救援にあらわれ、小峴に築城したため、法𣰰は左衛将軍の樊毅を大峴に派遣して元景安を撃破させた。法𣰰は歴陽城に対する攻勢を強めた。歴陽の北斉軍がひとたび降伏を申し出ると、法𣰰は攻撃をゆるめたが、そのあいだに北斉軍は歴陽の防備を固めなおしたため、法𣰰はその背信に激怒した。法𣰰は歴陽を猛攻して陥落させると、歴陽の城兵を殺し尽くした。法𣰰が合肥に進撃すると、北斉から南朝陳に降る者が続出したため、法𣰰は軍士に略奪をいましめ、投降者たちの労をねぎらい、かれらと盟約を結ぶと、自由にして本領に帰させた。功績により侍中の位を加えられ、義陽郡公に改封された。この年のうちに、都督合霍二州諸軍事・征西大将軍・合州刺史に転じた。575年(太建7年)、都督豫建光朔合北徐六州諸軍事・豫州刺史に転じ、寿陽に駐屯した。576年(太建8年)10月、死去した。享年は59。侍中・中権大将軍・司空の位を追贈された。は威といった。

子の黄玩が後を嗣いだ。

伝記資料編集

  • 陳書』巻11 列伝第5
  • 南史』巻66 列伝第56
  • 黄法𣰰墓誌