メインメニューを開く

黒子村(くろごむら)は茨城県真壁郡にかつて存在した村である。

黒子村
廃止日 1956年8月1日
廃止理由 新設合併
関本町河内村黒子村関城町
現在の自治体 筑西市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
真壁郡
隣接自治体 下館市下妻市
真壁郡明野町、河内村
黒子村役場
所在地 茨城県真壁郡黒子村大字辻
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 現在の筑西市の南部、旧関城町の東部に位置する。
  • 村は小貝川の西岸に位置する。
  • 村域は台地と平地が入り組む谷戸が多い地形になっている。

歴史編集

村名の由来編集

大字黒子に天台宗の巨刹・千妙寺があり、黒子の名が知られていたため。

村域の変遷編集

変遷表

1868年
以前
明治22年
4月1日
昭和31年
8月1日
平成17年
3月28日
現在
黒子村 黒子村 関城町 筑西市 筑西市
木戸村
梶内村
西保末村
稲荷新田
辻村
井上村
中村新田

大字編集

  • 黒子(くろご)
  • 木戸(きど)
  • 梶内(かじうち)
  • 西保末(にしほずえ)
  • 稲荷新田(いなりしんでん)
  • 辻(つじ)
  • 井上(いのうえ)
  • 中村新田(なかむらしんでん)

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1891年(明治24年)       2,744
1920年(大正 9年)      3,226
1935年(昭和10年)      3,675
1950年(昭和25年)         4,809


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1920年(大正 9年)   603
1935年(昭和10年)   623
1950年(昭和25年)     850


交通編集

参考文献編集

関連項目編集