黒岳(くろたけ[1])は、山梨県南都留郡富士河口湖町山梨県笛吹市芦川町との境界に位置する標高1,793mの山で、御坂山地の最高峰。河口湖の北側に位置する。日本三百名山山梨百名山に選定されている。

黒岳
Mount Kurodake & Lake Kawaguchi 2013-11-13 (10863318184).jpg
南南西の河口湖から望む黒岳
標高 1,793 m
所在地 山梨県笛吹市
山梨県南都留郡富士河口湖町
位置 北緯35度33分8秒
東経138度44分58秒
座標: 北緯35度33分8秒 東経138度44分58秒
山系 御坂山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

富士五湖の北側、甲府盆地の南に屏風のように連なる御坂山地の最高峰が黒岳で、全国各地にある黒岳と区別するため、御坂黒岳とも呼ばれる。東側は、甲府盆地から河口湖へ向かう交通路であった御坂峠を隔てて三ツ峠山と対峙し、西側には節刀ヶ岳鬼ヶ岳王岳など、御坂山地の主脈の山々が連なる。北西には釈迦ヶ岳の岩峰がある。

登山編集

河口湖の北、御坂トンネル入口から、御坂峠を経て山頂まで約2時間30分。一等三角点のある山頂は樹林に覆われていて展望はないが、南へ5分ほど行くと富士山が見える場所がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の主な山岳標高 - 国土地理院

関連項目編集