メインメニューを開く

富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)は、山梨県南部の郡内地方・国中地方にある町。山梨県で唯一「町」を「まち」と読む自治体である。日本一文字数の多い町でもある。

ふじかわぐちこまち
富士河口湖町
河口湖の桜と富士山
Flag of Fujikawaguchiko Yamanashi.JPG Fujikawaguchi Yamanashi chapter.JPG
富士河口町旗 富士河口町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 山梨県
南都留郡
団体コード 19430-1
法人番号 9000020194301
面積 158.40km2
総人口 25,384[編集]
推計人口、2019年6月1日)
人口密度 160人/km2
隣接自治体 甲府市大月市都留市富士吉田市笛吹市南都留郡西桂町身延町鳴沢村
静岡県富士宮市
町の木 あかまつ
町の花 月見草
町の鳥 やまがら
富士河口湖町役場
町長 渡辺喜久男
所在地 401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700
北緯35度29分50.1秒東経138度45分17.8秒
Fujikawaguchiko-town-office.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

富士河口湖町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

町一帯は標高が高く、中心駅の河口湖駅は標高857mであるなどの山岳地帯である。また富士山の景勝地が多く、環境省が公開した富士山がある風景100選では22ヶ所が選定され、これは市町村別では最大である。

富士五湖の内、山中湖を除く4湖が富士河口湖町に属する。本栖湖面については、富士河口湖町と南巨摩郡身延町の境界が未定であるが、旧上九一色村では湖面全部が村に帰属すると主張していた。

隣接している自治体編集

富士吉田市との境界線は特に複雑で、町の南東部にある中央自動車道河口湖インターチェンジの北西側では富士吉田市の飛び地を富士河口湖町の領域が囲んでいる。逆に、富士山の吉田口登山道の二合目にある富士御室浅間神社本宮は、里宮が富士河口湖町(旧勝山村)にある関係から、入口から本八合目までが富士吉田市に属する同登山道の中で富士河口湖町の飛び地となっている。2006年の上九一色村分割編入(後述)により、富士河口湖町は甲府市と接する事になったが、両市町の境界線は山岳の尾根筋と一致している。

気候編集

かつては、河口湖が全面氷結することもあるほど冬の寒さは厳しかったが、近年では全面氷結することは少ない傾向である。また、ケッペンの気候区分において従来は西岸海洋性気候(Cfb、最暖月の平均気温が22℃未満)に位置づけられていたが、1981年 - 2010年の新平年値では最暖月(8月)の平均気温が22℃を超えたため、温暖湿潤気候(Cfa、最暖月平均気温が22℃以上)になった。 冬季の降雪は比較的少ないが、時折南岸低気圧による大雪に見舞われることがある。平成26年豪雪では、それまでの記録(89cm)を大幅に上回る143cmの積雪を観測した。

  • 最高気温極値:35.3℃(2013年7月12日、1946年7月16日)
  • 最低気温極値:-22.1℃(1936年1月31日)
  • 最深積雪:143cm(2014年2月15日)
富士河口湖町(河口湖)
雨温図説明
123456789101112
 
 
55
 
5
-6
 
 
57
 
6
-5
 
 
102
 
10
-2
 
 
105
 
16
3
 
 
124
 
20
9
 
 
162
 
23
13
 
 
163
 
27
18
 
 
250
 
28
18
 
 
253
 
23
15
 
 
177
 
18
8
 
 
79
 
13
2
 
 
42
 
8
-3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

歴史編集

上九一色村合併の経緯編集

西八代郡に属していた上九一色村は、富士河口湖町、富士吉田市等と富士北麓地域に属していた。しかし、上九一色村南部の「精進」、「本栖」、「富士ヶ嶺」地区と、上九一色村北部の「梯」、「古関」地区は山地によって二分され、上九一色村南部は富士北麓地域と、上九一色村北部は甲府市中道町市川三郷町との繋がりが強かった。特に上九一色村南部には富士五湖精進湖本栖湖があり、観光面でも富士河口湖町等と一体化していた。

このため、上九一色村南部は河口湖町勝山村足和田村との、上九一色村北部は甲府市等との合併を目指すことになり、2002年に其々法定合併協議会を設置したが、協議過程で上九一色村南部と3町村の間で合意に至らず、3町村が先行合併して富士河口湖町が発足した。

2004年11月に行われた上九一色村住民投票の結果、上九一色村南部と富士河口湖町との合併協議を再開することとなり、2005年1月31日に富士河口湖町と上九一色村南部で法定合併協議会を設置した。同年3月3日、富士河口湖町と上九一色村南部の合併協定調印式が行われ、2006年3月1日に上九一色村を分村し、上九一色村南部を富士河口湖町に編入することが正式に決まった。

人口編集

 
富士河口湖町と全国の年齢別人口分布(2005年) 富士河口湖町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 富士河口湖町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
富士河口湖町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

  • 町長 渡辺喜久男(2015年12月就任)

地区編集

  • 河口湖(かわぐちこ) - 旧河口湖町
  • 勝山(かつやま) - 旧勝山村
  • 足和田(あしわだ) - 旧足和田村
    • 大嵐(おおあらし) - 旧大嵐村
    • 西浜(にしはま) - 旧西浜村
      • 長浜(ながはま) - 旧長浜村
      • 西湖(さいこ) - 旧西湖村
        • 西湖西(さいこ-にし)
        • 西湖南(さいこ-みなみ)
  • 上九一色(かみくいっしき) - 旧上九一色村
    • 精進(しょうじ)
    • 本栖(もとす)
    • 富士ヶ嶺(ふじがね)

商業編集

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

1962年7月姉妹都市提携(旧御坂町)

教育編集

大学編集

国立
私立

高等学校編集

県立

中学校編集

町立
  • 富士河口湖町立河口湖北中学校
  • 富士河口湖町立勝山中学校
組合立

小学校編集

町立
  • 富士河口湖町立船津小学校
  • 富士河口湖町立小立小学校
  • 富士河口湖町立大石小学校
  • 富士河口湖町立河口小学校
  • 富士河口湖町立勝山小学校
  • 富士河口湖町立西浜小学校
  • 富士河口湖町立大嵐小学校
  • 富士河口湖町立富士豊茂小学校
私立
  • 素和美小学校

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 高速バス
河口湖駅前のバスのりばには、本数が最多のバスタ新宿新宿駅南口)発着便を含む東京都東京駅羽田空港など)の他、埼玉県大宮駅西口など)・神奈川県横浜駅西口など)・静岡県静岡駅北口など)・京都府京都駅、夜行便のみの「フジヤマライナー」として運行)・大阪府大阪駅など、「フジヤマライナー」)などからの毎日運行の路線、および季節運行の路線が発着している。詳しくは河口湖駅の項目を参照。
  • 路線バス
富士河口湖町内では河口湖駅を中心に富士急山梨バス(一部は富士急静岡バス富士急行)の路線バス網が整備され、一部は町外の甲府駅や静岡県内の富士宮駅新富士駅御殿場駅御殿場プレミアム・アウトレットまで運行される。

ロープウェイ編集

道路編集

高速道路
有料道路
一般国道
道の駅

観光編集

地域別編集

富士五湖全般
河口湖周辺
西湖周辺
精進湖周辺
本栖湖周辺
  • 本栖城跡
  • 富士本栖湖リゾート
富士山麓

キャンプ場編集

河口湖

  • リトリートキャンプまほろば(旧・河口湖山宮キャンプ場)
  • 夢見る河口湖 コテージ戸沢センター
  • ニューブリッヂキャンプ場

富士山麓

  • 河口湖オートキャンプ場
  • 清水国明の森と湖の楽園
  • PICA Fujiyama(富士急系)
  • 創造の森デイキャンプ場

西湖

  • 西湖・湖畔キャンプ場
  • 福住オートキャンプ場
  • 自由キャンプ場
  • キャンプビレッジ・ノーム
  • 観岳園キャンプ場
  • 西湖キャンプ場
  • 西ノ海キャンプ場
  • 浜の家キャンプ場
  • 津原キャンプ場
  • 紅葉台キャンプ場

精進湖

  • キャンプアカイケ
  • 精進湖自由キャンプ場
  • 精進湖キャンピングコテージ

本栖湖・富士ヶ嶺

  • 本栖レークサイドキャンプ場
  • 本栖湖キャンプ場
  • 富士ヶ嶺おいしいキャンプ場

日帰り入浴編集

  • ホテル美富士園 - 河口湖東岸。
  • 河口湖温泉 露天風呂の宿 開運の湯(ロイヤルホテル河口湖) - 河口湖南東岸。
  • 富士西湖温泉 いずみの湯(HAMAYOUリゾート) - 西湖北岸。
  • 山田屋ホテル - 精進湖北岸。

ゴルフ場編集

祭り編集

縁ある有名人・作品編集

外部リンク編集