黒川原駅

かつて日本の愛知県田原町(現:田原市)にあった名古屋鉄道の駅

黒川原駅(くろかわばらえき)は、かつて愛知県渥美郡田原町(現・田原市)にあった名古屋鉄道渥美線である[注釈 1]。渥美線の終点であった。

黒川原駅
くろかわばら
KUROKAWABARA
加治 (1.4 km)
所在地 愛知県渥美郡田原町大字大久保
北緯34度39分15秒 東経137度14分39.5秒 / 北緯34.65417度 東経137.244306度 / 34.65417; 137.244306座標: 北緯34度39分15秒 東経137度14分39.5秒 / 北緯34.65417度 東経137.244306度 / 34.65417; 137.244306
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 渥美線
キロ程 20.8 km(新豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 3面3線
開業年月日 1926年大正15年)4月10日
廃止年月日 1954年昭和29年)11月20日*
備考 *1944年(昭和19年)6月5日から休止
テンプレートを表示

かつてはさらに先の伊良湖岬方面へ延長計画があり、鉄道省による当駅 - 三河福江(現・田原市福江町)間の路盤工事まで完成していたが、太平洋戦争により工事は中止し、未成線となっている。計画ではさらに先の堀切(現・田原市堀切町)までの延長が予定されており、測量が行われていた。

歴史編集

  • 1926年(大正15年)4月10日 - 三河田原 - 当駅間開業に伴い、渥美電鉄の駅として開設[1]
  • 1937年(昭和12年)10月9日 - 豊橋市渥美郡田原町-同郡福江町間鉄道起業廃止[2]
  • 1940年(昭和15年)9月1日 - 名古屋鉄道との合併により同社渥美線の駅となる。
  • 1943年(昭和18年) - 鉄道による糞尿輸送のため貯溜槽を建造[3]
  • 1944年(昭和19年)6月5日 - 他線区へのレール転用のため三河田原 - 当駅間が営業休止。休止期間は5年間[3][注釈 2]
  • 1954年(昭和29年) 11月20日 - 渥美線三河田原 - 当駅間廃線により正式に廃止。

駅構造編集

片開きポイント式の2面2線千鳥式ホーム(本線と上り1番線)と、本線から片開きポイントで分岐した2面1線の貨物ホーム(コの字型の頭端式ホーム)を持つ、計3面3線の地上駅であった[5]。旅客ホームには車止めがなく、駅西側の「陸橋」と呼ばれた築堤を潜ってしばらく先までは三河福江方面への線路が敷かれていた[5]

本線側のコの字ホームは駅前通りとの段差がなく、そのホーム上には駅舎、便所、貨物上屋があり、貨物ホームの先に糞尿貯溜槽があった[5]。上り1番線側の片面ホームとは構内踏切で結ばれ、その先には待合室が設けられていた[5][注釈 3]

その他編集

駅跡は現在の田原市大久保町国道259号(田原街道)と愛知県道28号田原高松線との交差点(大久保南交差点)の西、約100m付近と推測される。道路整備もあり、駅の痕跡はない。

隣の駅編集

名古屋鉄道
渥美線
加治駅 - 黒川原駅

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 新豊橋 - 三河田原間が豊橋鉄道へ譲渡されたのは1954年(昭和29年)10月1日であるが、三河田原 - 当駅間については廃止まで名鉄が継続保有していたため、当駅も廃止まで名古屋鉄道の駅であった。
  2. ^ 名鉄の戦時中における設備転用は転用元・転用先について諸説あり(名鉄西尾線#歴史名鉄豊川線#歴史も参照)、渥美線末端区間についても「渥美線高師駅常滑線大江駅の施設拡張に使用した[3]」説と「豊川市内線国府駅 - 市役所前駅間の建設に使用した[4]」説がある。
  3. ^ 貨物ホームが別にあるにもかかわらず、上り1番ホームの西側、構内踏切から本線合流部の間付近に貨物列車を配置して、そこから直接詰み込むこともあったという[5]

出典編集

  1. ^ 今尾恵介監修 2008, p. 39.
  2. ^ 『鉄道統計. 昭和12年度 第3編 監督』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ a b c 田原市博物館(編) 『渥美線 渥美半島と外界をつなぐ鉄路の物語』田原市博物館、2014年、20頁。 
  4. ^ 加藤安信 編 『写真アルバム 岡崎・西尾の昭和』樹林舎、2011年、96頁。ISBN 978-4902731439 
  5. ^ a b c d e 田原市博物館(編) 『渥美線 渥美半島と外界をつなぐ鉄路の物語』田原市博物館、2014年、18頁。 

参考文献編集

  • 今尾恵介監修(日本語) 『日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線 7号 東海』新潮社、2008年11月18日。 
  • 加藤安信 編(日本語) 『写真アルバム 岡崎・西尾の昭和』樹林舎、2011年。ISBN 978-4902731439 
  • 田原市博物館(編)(日本語) 『渥美線 渥美半島と外界をつなぐ鉄路の物語』田原市博物館、2014年。 

関連項目編集