メインメニューを開く

黒音 まほ(くろね まほ)は、日本の女子プロレスラー東京女子プロレスに所属していた。ヘルシンキ出身。キャッチコピーは「猟奇的メタラー」、「闘う屍」、「ゾンビガール」。

黒音 まほ
Maho Kurone
黒音 まほ Maho Kuroneの画像
2016年8月31日
北沢タウンホール
プロフィール
リングネーム 黒音 まほ
ニックネーム マホメタル
身長 160cm
誕生日 12月15日
出身地 ヘルシンキ[注釈 1]
デビュー 2016年8月13日
テンプレートを表示

経歴編集

2016年
  • 1月4日 - 東京女子プロレス後楽園ホール大会にて、4人の練習生のうちの一人として紹介される。
  • 6月15日 - 東京・Coconeriホール大会にて同じく練習生のヒナコ(仮)とのエキシビジョンマッチに圧倒し、ギブアップ勝ちを収める。
  • 7月23日 - 横浜ラジアントホール大会の前説にて、8月13日新宿大会でのデビューが発表される。
  • 8月13日 - 新宿FACEにて開催されたDDTプロレス「闘うビアガーデン~東京女子プロレス~」にて「黒音まほ」のリングネームでデビュー。のどかおねえさんと対戦し、リバース・スイングネックブリーカードロップで勝利。
2017年
  • 3月25日、辰巳リカ沙希様マーサのSIN美威獅鬼軍に対抗すべく黒音を呼び込み「どらごんぼんば〜ず」を結成。以降SIN美威獅鬼軍との抗争に入る。
  • 6月4日、新宿FACE大会でのSIN美威獅鬼軍とのユニット解散マッチに勝利。
2018年
  • 6月1日、医師より不安神経症と診断され、療養のため当分の間試合を休場する[1]
  • 7月30日、医師より不安神経症と診断され、療養のため欠場していたが、症状は快方に向かっており、現在、日常生活は問題なく送っているが、プロレスラーとしての復帰については先行きの見通せない状態が続いている中「待ってくれているファンの皆様や選手たちに、これ以上の心配や迷惑をかけられない」という本人からの申し出があり東京女子プロレスを卒業。[2]

人物編集

  • 2015年8月のビアガーデンプロレスでのミウラアカネの試合を見て「カッコいい」と思いミウラに直訴[3]、東京女子の練習生となる。練習生時代の名前は「マホ(仮)」。
  • 音楽はメタル全般が好きで、リングネームの「黒音」はブラック(黒)メタル(音)からきている。
  • 趣味は人体改造。プロレスラーである現在は耳に関しては安全面を考慮してピアス穴を塞ぐ[4]、もしくは試合中は外している。口中はセンタータン、スクランパー、スネークバイト等に開いている。
  • 年齢は永遠の666歳。
  • デビュー時はメタラーキャラであったが、まもなくゾンビと化していき人肉を欲するようになる。

得意技編集

ウロボロス
首筋に噛み付いてから放つシスター・アビゲイル。主なフィニッシャー。[5]
ディアボロス
リバース・スイングネックブリーカードロップ。デビュー当初のフィニッシャー。
スライディング式ジャーマンスープレックス
相手を場外に向けてセカンドロープに座らせ、リング外へスライディングしながら放つ投げっぱなしジャーマン。
ダイビングボディプレス
コーナー最上段に立ち、シュートサインで頭部を撃ち抜く”自殺”ジェスチャーの後に放つ。辰巳リカとのタッグ時は、ライフル狙撃に見立てたジェスチャーで頭を撃ち抜く”他殺”となる。
噛みつき攻撃
「美味しそう」な相手に対しては、食事として噛みつく事もある。噛みつかれた相手がゾンビ化する事はないため、ゾンビ好きな実況アナウンサーの村田晴郎氏からは「そういう種類ではない」と評される。  
スインギング・ネックブリーカー
インバーテッド・ヘッドロック・バックブリーカー

タイトル歴編集

入場曲編集

  • Dual insanity
  • Twist / KoЯn

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集