(300163) 2006 VW139

彗星・小惑星遷移天体

(300163) 2006 VW139 とは、小惑星帯に存在する彗星・小惑星遷移天体の1つである。当初は小惑星として発見・登録され、後に彗星の活動が確認された[1][2]

(300163) 2006 VW139
288P
分類 彗星・小惑星遷移天体[1]
軌道の種類 小惑星帯[2]テミス族[1]
短周期彗星[1]
発見
発見日 2006年11月15日[2]
発見者 スペースウォッチ[2]
発見方法 自動検出
軌道要素と性質
元期:TDB 2456400.5 (2013年4月18.0日)[2]
軌道長半径 (a) 3.04739164(6) AU[2]
近日点距離 (q) 2.4340321(6) AU[2]
遠日点距離 (Q) 3.66075114(7) AU[2]
離心率 (e) 0.2012736(2)[2]
公転周期 (P) 1943.08068(6) 日
(5.32 年)[2]
軌道傾斜角 (i) 003.24071(1) 度[2]
近日点引数 (ω) 281.3476(3) 度[2]
昇交点黄経 (Ω) 083.1908(3) 度[2]
平均近点角 (M) 118.81838(4) 度[2]
前回近日点通過 JED 2455759.1842(2)
(2011年7月16日)[2]
次回近日点通過 JED 2457702.2649
(2016年11月9日)
物理的性質
絶対等級 (H) 15.929 ± 0.71925[2]
他のカタログでの名称
288P
300163
2006 VW139[2]
P/2006 VW139[1]
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

2006 VW139 は、2006年11月15日スペースウォッチによって発見された。はじめは小惑星と考えられ、小惑星としての仮符号が与えられた。そして2011年10月12日には軌道が確定し、小惑星番号300163番が与えられた[2]。しかし数ヵ月後の2012年2月9日に、パンスターズの観測によって 2006 VW139 にわずかながら尾が観測され、彗星として活動している事が判明した。小惑星として登録された時点で軌道が周回しており、周期彗星である事は確定していたが、回帰が観測されておらず、P/2006 VW139 と呼ばれた[1]。その後回帰が観測され、288番目に回帰が確認された周期彗星となった。したがって 2006 VW139 は小惑星と彗星両方で登録され、彗星・小惑星遷移天体となった。小惑星帯の小惑星が彗星としても登録されたのは、小惑星番号順では (7968/133P) エルスト・ピサロ彗星[3](118401/176P) LINEAR彗星[4]に次いで3番目であり、周期彗星の番号順ではエルスト・ピサロ彗星、LINEAR彗星、(323137/282P) 2003 BM80[5][6] に次いで4番目である。

軌道の性質編集

2006 VW139 は小惑星帯のテミス族に属する小惑星の1つである。これはエルスト・ピサロ彗星と類似しており、起源が同じである可能性がある[1]軌道長半径2.43AUの軌道を5.32年で公転している。したがって 2006 VW139短周期彗星である。軌道離心率は0.201であり比較的円に近い軌道を持ち、軌道傾斜角も3.24度というごく普通の小惑星である。計算上、2006 VW139 は1億年以上安定してこの軌道を維持すると推定されている。1934年から2157年の間に木星に2AU以内まで接近する[2]

物理的性質編集

2006 VW139 から放出されている物質の放出量は、いずれも1秒間あたりでシアンが1.3×1024mol (56g) 、が1026mol (3000g) と推定されている。30日間の観測では尾の明るさはほとんど変わっておらず、したがって 2006 VW139 は真のメインベルト彗星としてずっと活動しているのではなく、何かの原因で一時的に彗星として振舞っている可能性がある[1]

その他編集

なお、番号続きの289Pとして登録されたブランペイン彗星も、一時的に小惑星として観測された事がある。しかしブランペイン彗星は1819年に彗星として観測された後行方不明となり、2003年に小惑星として発見されたため、2006 VW139 とは異なり小惑星番号はない。

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集


前の小惑星
(300162) 2006 VG135
小惑星
(300163) 2006 VW139
次の小惑星
(300164) 2006 VE140


前の彗星
クリステンセン彗星 (287P)
周期彗星
(300163) 2006 VW139
次の彗星
ブランペイン彗星