メインメニューを開く

(89959) 2002 NT7地球近傍小惑星の一つ。2002年7月9日に、ホワイトサンズ・ミサイル実験場の一角に設置されたリモートテレスコープを用いて行われていたリンカーン地球近傍小惑星探査 (LINEAR) によって発見された。

(89959) 2002 NT7
仮符号・別名 2002 NT7
分類 地球近傍小惑星(PHA)
軌道の種類 アポロ群
発見
発見日 2002年7月9日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 1.736 AU
近日点距離 (q) 0.818 AU
遠日点距離 (Q) 2.653 AU
離心率 (e) 0.529
公転周期 (P) 2.29
軌道傾斜角 (i) 42.33
近日点引数 (ω) 300.65 度
昇交点黄経 (Ω) 132.11 度
平均近点角 (M) 312.17 度
物理的性質
直径 1.5 – 3.4 km[1]
絶対等級 (H) 16.358
Template (ノート 解説) ■Project

衝突の可能性編集

発見当初、2019年2月1日に地球に衝突する可能性が指摘され、パレルモスケールは0.06や0.18と計算された。2002 NT7は、一時的にせよ、史上初めてパレルモスケール上で正の値をもった天体である。

その後、観測が積み重なるにしたがって軌道予測の精度が上がると、地球との衝突確率は減少していった。2002年7月25日にはパレルモスケールは-0.25に引き下げられた。2002年8月1日には今後100年間は衝突する可能性が無くなったとして、JPLの地球との衝突の可能性がある天体のリストから外された[2]。その後、パロマー天文台にて1954年7月10日に撮られた写真乾板の中に2002 NT7が写っていた事が判明[3]するなどしてかなり精密な軌道が求まり、2004年には小惑星89959番として登録された。

社会的影響編集

発見当初、地球に衝突する可能性のあることが指摘されると、世界中のマスコミがこれを大々的に報道した。

予言編集

ブラジルの“予言者”であるジュセリーノ・ダ・ルースは、2018年に(89959) 2002 NT7が地球に衝突する可能性が60%あると予言している[4]。しかし、2019年の1月から2月にかけて地球の軌道を横切る周期2.29年の小惑星が、2018年に地球に衝突することは、物理的にありえないことである。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ E.A.R.N. The Near-Earth Asteroids Data Base 89959 2002 NT7
  2. ^ JPL NEOs Removed from Impact Risks Tables [1]
  3. ^ M.P.E.C. 2003-A76
  4. ^ この予言がいつの時点でなされたものなのか、現在でもこの予言を維持しているのかは判然としない。