1-ブテン(1-Butene)または1-ブチレン(1-Butylene)は、直鎖状のα-アルケンの1つで[2]ブテン異性体の1つである。化学式は、CH3CH2CH=CH2である。無色で可燃性があり、容易に濃縮される気体である。

1-ブテン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 106-98-9 チェック
PubChem 7844
ChemSpider 7556 チェック
UNII LY001N554L チェック
EC番号 203-449-2
国連/北米番号 1012
ChEBI
ChEMBL CHEMBL117210 チェック
バイルシュタイン 1098262
Gmelin参照 25205
特性
化学式 C4H8
モル質量 56.11 g mol−1
外観 無色気体
匂い 若干の芳香
密度 0.62 g/cm3
融点

-185.3 °C, 88 K, -302 °F

沸点

-6.47 °C, 267 K, 20 °F

への溶解度 0.221 g/100 mL
溶解度 エタノールジエチルエーテルベンゼンに可溶
屈折率 (nD) 1.3962
粘度 7.76 Pa
危険性
GHSピクトグラム 可燃性高圧ガス
GHSシグナルワード 危険(DANGER)
Hフレーズ H220, H221, H280
Pフレーズ P210, P377, P381, P403, P410+403
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
1
0
発火点 385 °C (725 °F; 658 K)
爆発限界 1.6-10%
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

反応編集

1-ブテン自体は安定であるが、すぐに重合してポリブテン英語版になる。主な用途は、リニアポリエチレンのような特殊なポリエチレンの製造原料である[3]ポリプロピレン樹脂、エポキシブタンメチルエチルケトン(2-ブタノン)等の前駆体としても用いられる[4]

製造編集

1-ブテンは、原油C4留分の精製流の分離やエチレンの二量化により作られる。前者では、1-ブテンと2-ブテンの混合物、後者では末端アルケンのみができる[5]蒸留を行うことで、かなり高純度で精製できる。2011年には、推定120億kgの生産量があったと推定されている[6]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Nomenclature of Organic Chemistry : IUPAC Recommendations and Preferred Names 2013 (Blue Book). Cambridge: The Royal Society of Chemistry. (2014). pp. 17, 61, 374. doi:10.1039/9781849733069-FP001. ISBN 978-0-85404-182-4 
  2. ^ 1-BUTENE”. chemicalland21.com. 2018年4月22日閲覧。
  3. ^ Chum, P. Steve; Swogger, Kurt W. (2008). “Olefin polymer technologies-History and Recent Progress at the Dow Chemical Company”. Progress in Polymer Science 33 (8): 797-819. doi:10.1016/j.progpolymsci.2008.05.003. 
  4. ^ 1-Butene product overview”. shell.com. 2018年4月22日閲覧。
  5. ^ Alphabutol process - Big Chemical Encyclopedia”. chempedia.info. 2018年4月22日閲覧。
  6. ^ Geilen, Frank M.A.; Stochniol, Guido; Peitz, Stephan; Schulte-Koerne, Ekkehard (2005), "Butenes", Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Weinheim: Wiley-VCH, doi:10.1002/14356007.a04_483.pub3

外部リンク編集