10月政変(じゅうがつせいへん)は、1993年10月ロシアの新憲法制定をめぐって当時のエリツィン大統領と、ハズブラートフ最高会議議長・ルツコイ副大統領を中心とする議会派勢力との間いで起きた政治抗争である。モスクワ騒乱事件(モスクワそうらんじけん)とも呼ばれる。

1993 Russian constitutional crisis
300px
Tanks of the Taman Division shelling the Russian White House on October 4, 1993
September 21 — October 4, 1993
(1週6日間)
場所ロシアの旗 Moscow, Russia
結果

Victory of pro-Yeltsin forces:

衝突した勢力

Pro-Yeltsin forces:
Emblem of the Russian Federal Protective Service.png Main Administration of Protection
MVD emblem.png Ministry of the Interior
Medium emblem of the Ministry of Defence of the Russian Federation (21.07.2003-present).svg Ministry of Defence:

Coat of arms of the Russian Federal Agency of Government Communications and Information.svg FAPSI:

Soviets opposition:
Coat of arms of the Russian Federation (1992-1993).svg Congress of People's Deputies
Coat of arms of the Russian Federation (1992-1993).svg Supreme Soviet
National Salvation Front


ロシアの旗Flag of Russian National Unity.svgロシア帝国の旗ソビエト連邦の旗
Other anti-Yeltsin opposition forces[note 1]
指揮官
Coat of arms of the Russian Federation (1992-1993).svg Boris Yeltsin
Emblem of the Russian Federal Protective Service.png Alexander Korzhakov
Medium emblem of the Ministry of Defence of the Russian Federation (21.07.2003-present).svg Pavel Grachev
MVD emblem.png Viktor Yerin
MVD emblem.png Anatoly Kulikov
Coat of arms of the Russian Federation (1992-1993).svg Alexander Rutskoy[1]
Coat of arms of the Russian Federation (1992-1993).svg Ruslan Khasbulatov
ロシア帝国の旗 Albert Makashov
Flag of Russian National Unity.svg Alexander Barkashov
ソビエト連邦の旗 Viktor Anpilov
被害者数
187 killed, 437 wounded (official government estimate)
Up to 2,000 killed (non-governmental figures)[誰?]
^ Declared himself Acting President of the Russian Federation

目次

経緯と推移編集

エリツィン大統領との対立を深めていたハズブラートフ最高会議議長は1993年9月にテレビでエリツィンを挑発する発言をし、これに対して1993年9月21日に訪日を控えたエリツィンは、人民代議員大会及び最高会議解散の大統領令(大統領令1400号)を発布し、議会を中心とする反エリツィン陣営の除去に取りかかった。

これを受けて、ハズブラートフは最高会議の緊急会議を召集し、ルツコイ副大統領に大統領全権を付与、ルツコイは「大統領」への就任を宣言した。10月3日ロシア最高会議ビルに立てこもった。

終結編集

10月4日、エリツィンは軍に議会派勢力が立てこもる最高会議ビル占拠を命じ、ハズブラートフ、ルツコイら代議員達は拘束された。政府の推計によると、死者187人負傷者437人、ロシア連邦共産党に近い筋は2,000以上が死亡したとしている。問題の新憲法は同年12月12日に国民投票で可決され、事件はエリツィンら大統領派の勝利のうちに終結した。

脚注編集

  1. ^ Supporters of Alexander Rutskoy, the Supreme Soviet and the Congress of People's Deputies frequently used those flags. The Russian tricolor itself only remained hoisted at the White House building (see video documentary Archived July 23, 2011, at the Wayback Machine.).

関連項目編集