10x10 テン・バイ・テン

2018年のイギリスのスリラー映画

10x10 テン・バイ・テン』(10x10)は2018年イギリススリラー映画スージー・ユーイング英語版監督の長編デビュー作品[2]で、出演はルーク・エヴァンスケリー・ライリーなど。 ある女性を拉致して10フィート四方の防音室に監禁し、彼女から過去の秘密を聞き出そうとする男を描いたB級サスペンス映画[3]

10x10 テン・バイ・テン
10x10
監督 スージー・ユーイング英語版
脚本 ノエル・クラーク
製作 ジェイソン・メイザ英語版
ノエル・クラーク
マギー・モンティース
出演者 ルーク・エヴァンス
ケリー・ライリー
音楽 クリストファー・ホームズ
撮影 アーロン・リード
編集 イアン・デイヴィース
製作会社 Unstoppable Entertainment
Broadlane Films
Dignity Film Finance
配給 アメリカ合衆国の旗 Vertical Entertainment
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年4月13日
上映時間 89分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $2,263[1]
テンプレートを表示

日本では劇場公開されず、2018年7月3日にDVDが発売された[4]

ストーリー編集

ルイスは花屋を営む女性キャシーを拉致し、自宅に自ら設置した防音室に監禁する。ルイスはキャシーを脅して本当の名前や過去をしゃべらせようとするが、キャシーは脱出を図ろうとするなどして決して語ろうとしない。しかし、追い詰められた彼女はついに自分の本名と自分の過去を語る。彼女はサイコパスで看護師時代に数人の患者を意図的に死に追いやっており、その被害者の1人がルイスの妻アラナだったのである。ルイスは全てを知った上で復讐のために彼女を拉致したのだが、彼女はアラナが不倫をしていたので罰を与えたのだと言う。感情的になったルイスの隙を狙って脱出したキャシーはルイスと激しい格闘を繰り広げる。そこに何も知らない家政婦のアロンドラがルイスの娘サマーを連れて家にやってくる。キャシーはアロンドラを射殺するとサマーを人質に取る。隙を見てサマーが逃げ出すと、ルイスとキャシーは再び激しい殺し合いを始め、ついにルイスはキャシーを倒す。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、9件の評論のうち高評価は67%にあたる6件で、平均点は10点満点中5.10点となっている[5]

出典編集

外部リンク編集