1850年ミラード・フィルモア大統領就任式

第13代アメリカ合衆国大統領ミラード・フィルモア就任式は、前任のザカリー・テイラーの死の翌日の1850年7月10日水曜にワシントンD.C.アメリカ合衆国議会議事堂内の下院議場で行われた[1]。これは史上2度目となる臨時の就任式であり、ミラード・フィルモアの唯一の大統領任期(2年237日)の始まりであった。

ミラード・フィルモアの大統領就任式
ミラード・フィルモア
日付1850年7月10日 (173年前) (1850-07-10)
場所ワシントンD.C.
アメリカ合衆国議会議事堂
関係者ミラード・フィルモア
第13代アメリカ合衆国大統領
— 就任者

ウィリアム・クランチ英語版
D.C.合衆国巡回裁判所英語版裁判長
— 宣誓挙行者

就任宣誓D.C.合衆国巡回裁判所英語版裁判長のウィリアム・クランチ英語版により執り行われた。クランチは1841年にウィリアム・ヘンリー・ハリソンが死亡した後にジョン・タイラーが昇任した際にも宣誓挙行を務めていた。フィルモアは民主党共和党のどちらにも属していない最後の大統領である[2]

参考文献 編集

  1. ^ The Swearing In of Millard Fillmore, July 10, 1850”. United States Senate. 2020年5月19日閲覧。
  2. ^ Millard Fillmore”. The White House. 2020年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月19日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集