ウィリアム・ハリソン

ウィリアム・ヘンリー・ハリソン英語: William Henry Harrison, 1773年2月9日 - 1841年4月4日)は、アメリカ合衆国軍人政治家で、第9代アメリカ合衆国大統領である。1811年ティピカヌーの戦いでの勝利で名声を獲得したため、「ティピカヌー」あるいは「オールド・ティピカヌー」の愛称で呼ばれた。

ウィリアム・ハリソン
William Harrison
William Henry Harrison.jpg

任期 1841年3月4日 – 1841年4月4日
副大統領 ジョン・タイラー

任期 1828年5月24日 – 1829年9月26日
元首 ジョン・クィンシー・アダムズ
アンドリュー・ジャクソン

任期 1825年3月4日 – 1828年5月20日

任期 1825年 – 1828年

オハイオ州
上院議員
任期 1819年 – 1821年
同職:エフライム・ブラウン


オハイオ州第1選挙区選出連邦下院議員
任期 1816年10月8日 – 1819年3月3日

任期 1801年1月10日 – 1812年9月17日
元首 ジョン・アダムズ
トーマス・ジェファーソン
ジェームズ・マディスン


北西部領土選出連邦下院議員
任期 1799年3月4日 – 1800年5月14日

任期 1798年6月28日 – 1799年10月1日
元首 ジョン・アダムズ

出生 (1773-02-09) 1773年2月9日
Flag of the United States (1776–1777).svg イギリス領北米植民地バージニア植民地チャールズシティ郡
死去 1841年4月4日(1841-04-04)(68歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
政党 ホイッグ党
出身校 ハンプデン=シドニー・カレッジ
ペンシルベニア大学
配偶者 アンナ・シムズ・ハリソン
宗教 米国聖公会
署名 William Henry Harrison Signature-full.svg

他の多くの初期の大統領と同様に、バージニアプランテーション所有者だった。当時としては高齢の68歳で大統領に就任したものの、在任期間わずか1ヶ月で死去した。また、アメリカ独立宣言の前に生まれた(つまり生まれながらの合衆国市民でない)最後の大統領であった。

生涯編集

生い立ちと軍歴編集

1773年2月9日にバージニア州チャールズシティ郡バークレー・プランテーションで生まれた[1]ベンジャミン・ハリソンとエリザベス・バセット夫妻の7人の子供の末子で、3番目の息子だった。一家はバークレー・プランテーションでも著名な政治家一家で、父親は大陸会議で独立宣言へ署名を行い、1781年から84年までバージニア州知事を務めた。兄のカーター・バセット・ハリソンはバージニア州選出下院議員だった[1]

1787年、ハリソンは14歳でハンプデン=シドニー・カレッジに入学した[2]。彼は1790年まで同校で学び、ラテン語に精通し、基礎的なフランス語を習得した。学校で宗教復興の動きが起こり、父親は彼を退学させた。その後サウサンプトン郡の学校で短期間学び、そこで奴隷制度反対のクエーカーメソジストに関わるようになったといわれる。

奴隷制度を支持していた父親は腹を立て、ハリソンをフィラデルフィアに移させた。フィラデルフィアでハリソンはロバート・モリスの家に下宿した(そこで得られる医学的訓練のためだったといわれる)。1790年にペンシルベニア大学に入学、ベンジャミン・ラッシュ博士の下で内科を学んだ[3]。ハリソンが彼の伝記作家に説明したように、彼は勉学を楽しんではいなかった。フィラデルフィアに着いて間もない1791年に父親が学費も残さずに死去したため、ハリソンはモリスの元に置き去りにされた格好になった[4]

18歳の時、ハリソンは陸軍に入隊しオハイオ州に派遣された。ハリソンは白人西部侵略に反発するインディアン部族連合軍を撃破。米英戦争でもイギリスとショーニー族の連合軍に勝利し、この活躍で白人社会で一躍国民的英雄となった。

政界進出編集

その後、ハリソンは政治家に転じた。民主共和党に所属して下院議員(オハイオ州第1選挙区選出)や上院議員(オハイオ州選出)などを務めた後、ホイッグ党に所属して1836年のアメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、この時は民主党マーティン・ヴァン・ビューレンに敗れた。1840年の大統領選挙で再びホイッグ党から出馬し、現職候補のヴァン・ビューレンを破って当選した。

当時のアメリカ大統領選挙は現在と異なり、候補者が選挙活動をすることを潔しとしない風潮があった。しかしハリソンはこの慣例を破り、派手なパレードや華麗なパーティーを大々的に開き、政治的発言は一切禁じた上で、自身の「戦争の英雄」というイメージを有権者に浸透させることに成功した。

大統領就任と死去編集

ハリソンが大統領就任宣誓を行なった1841年3月4日は非常に寒く風の強い日だった。ハリソンはコートを着用せず、ほぼ二時間近いアメリカ史上で最長の就任演説を行った。

3月26日、ハリソンは風邪を引いて体調を崩し[5]、やがて肺炎を発症して4月4日に死去した[5]。しばしば「ハリソンは就任演説で風邪を引いて死去した」と語られるが、ハリソンが風邪を引いたのは実際には就任演説から3週間以上も後のことであり、風邪を引いた直接の原因を就任演説だとするのは医学的に正しくないとの指摘がある[5]

在職中に死去した初の大統領であり、わずか31日という在任期間は歴代大統領でも最短記録である(次点はジェームズ・ガーフィールドの199日)。また、68歳という高齢での大統領就任はロナルド・レーガンが第40代大統領に就任するまで、最高齢記録として破られることがなかった(レーガンは69歳349日での就任。なおこの記録は、ドナルド・トランプが70歳7ヵ月で第45代大統領に就任したことで破られた)。

最後の言葉は、その場に不在のジョン・タイラー副大統領に宛てたものと思われるが、「貴方が政府の原則を理解し、実行してもらいたい。望みはそれだけです」というものだった[6]

ハリソンの死去に伴い副大統領のジョン・タイラーが大統領に昇格した。

家族編集

アンナ夫人との間に10人(6男4女)の子供をもうけた[6]。これは、一人の夫人からの間では最多であり、また、就任時10人の子供がいたのも最多である[7]

孫は48人、曾孫は106人いる。これは歴代大統領の孫としては最多である[8]

アンナ夫人は就任式には間に合わず、後からワシントン入りする予定で荷物をまとめているところに訃報を聞いた。結局一度もファースト・レディとしての活動もせず、国葬にも間に合わなかった。その間の1ヵ月は二男の未亡人ジェーン・アーウィン・ハリソンが代役を務めた[6]

ウィリアムの息子(三男)ジョン・スコット・ハリソンも1853年から1857年までオハイオ州選出下院議員であった[6]。。ウィリアムの孫、ベンジャミン・ハリソンは1889年に第23代大統領に就任した。長子をベンジャミンと命名するのはハリソン家の伝統だった。ウィリアムとベンジャミンは唯一の祖父と孫で大統領に就任した例である。

内閣編集

職名 氏名 任期
大統領 ウィリアム・ヘンリー・ハリソン 1841
副大統領 ジョン・タイラー 1841
国務長官 ダニエル・ウェブスター 1841
財務長官 トマス・ユーイング 1841
陸軍長官 ジョン・ベル 1841
司法長官 ジョン・クリッテンデン 1841
郵政長官 フランシス・グレンジャー 1841
海軍長官 ジョージ・バジャー 1841

関連項目編集

参照編集

  1. ^ a b William Henry Harrison Biography”. About The White House: Presidents. whitehouse.gov. 2008年6月19日閲覧。
  2. ^ Freehling, William. “William Henry Harrison: Life Before the Presidency”. American President: An Online Reference Resource. University of Virginia. 2010年12月10日閲覧。 “The boy enjoyed a solid education - tutored at home, then three years at Hampden-Sydney College in Hanover County, Virginia.”
  3. ^ Owens 2007, p. 14
  4. ^ Langguth 2007, p. 160
  5. ^ a b c Freeman Cleaves (1939). Old Tippecanoe: William Henry Harrison and His Time. New York: C. Scribner's Sons. pp. 152 
  6. ^ a b c d 宇佐美滋著『アメリカ大統領を読む事典』、講談社+α文庫 p276。
  7. ^ 『アメリカ大統領を読む事典』宇佐美滋著、講談社+α文庫、p192。
  8. ^ 『アメリカ大統領を読む事典』宇佐美滋著、講談社+α文庫、p193。

外部リンク編集

  • White House biography
  • 就任演説
  • Biography of William Henry Harrison
  • Essays on Harrison, each member of his cabinet and First Lady
  • William Henry Harrison Biography and Fact File
  • Biography by Appleton's and Stanley L. Klos
  • William Henry Harrison: Young Tippecanoe
  • United States Congress. "ウィリアム・ハリソン (id: H000279)". Biographical Directory of the United States Congress (英語).
公職
先代:
マーティン・ヴァン・ビューレン
 アメリカ合衆国大統領
1841年3月4日 - 1841年4月4日
次代:
ジョン・タイラー
官職
新設 インディアナ準州知事
1800年5月13日 - 1812年12月28日
次代:
ジョン・ギブソン(代行)
先代:
エイモス・ストッダード
ルイジアナ地区司令官として)
ルイジアナ地区知事
1804年10月1日 - 1805年7月4日
次代:
ジェームズ・ウィルキンソン英語版
ルイジアナ準州知事として)
先代:
ウィンスロップ・サージェント
北西部領土長官
1798年6月28日 - 1799年10月1日
次代:
チャールズ・ウィリング・バード
アメリカ合衆国上院
先代:
イーサン・アレン・ブラウン
オハイオ州選出上院議員(第3部)
1825年 - 1828年
同職:ベンジャミン・ラグルズ
次代:
ジェイコブ・バーネット
先代:
アンドリュー・ジャクソン
上院軍事委員会委員長
1825年 - 1828年
次代:
トーマス・ハート・ベントン
アメリカ合衆国下院
先代:
ジョン・マクレーン
オハイオ州選出下院議員
オハイオ州第1選挙区

1816年3月4日 - 1819年3月4日
次代:
トーマス・ランドルフ・ロス
新設区 北西部領土選出下院議員
北西部領土

1799年3月4日 - 1800年5月14日
次代:
ウィリアム・マクミリアン
オハイオ州上院英語版
先代:
ジョージ・トーレンス
ハミルトン郡選出オハイオ州上院議員
1819年 - 1821年
同職:エフライム・ブラウン
次代:
ベンジャミン・ピアット
党職
新党結成 ホイッグ党大統領候補
1836年1, 1840年
次代:
ヘンリー・クレイ
外交職
先代:
ビューフォート・ワッツ
アメリカ合衆国コロンビア担当大臣
1828年5月24日 - 1829年9月26日
次代:
トーマス・ムーア
注釈
1. ホイッグ党は1836年に地方候補を擁立した。 ハリソンは北部州で立候補し、ヒュー・ローソン・ホワイトは南部州で、ダニエル・ウェブスターマサチューセッツ州で立候補した。