1896年のメジャーリーグベースボール

1896年の野球から転送)

< 1896年 | 1896年のスポーツ

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1896年のできごとを記す。

ナショナルリーグはボルチモア・オリオールズ(1882-1899年)が3年連続3度目の優勝をした。これがこのオリオールズの最後の優勝となった。

できごと編集

テンプルカップ 編集

シーズン終了後のテンプルカップ(ナショナルリーグ優勝チームと2位チームとの7回戦)は、リーグ3連覇のボルチモア・オリオールズが2位チームのクリーブランド・スパイダーズを下し初めて優勝した。

  • ボルチモア・オリオールズ(1882-1899年)は、1882年にアメリカン・アソシェーションの創設とともに作られたチームである。1891年を最後にアメリカン・アソシエーションは消滅しオリオールズはナショナルリーグに移籍する。1892年にナショナルリーグに加盟して、1894年から1896年までのリーグ3連覇がオリオールズの絶頂期であった。1898年、当時のオーナーだったハリー・フォン・デル・ホーストは、球団運営でより高い収益を得ようと、ブルックリン・スパーバス(後のドジャース)の株式を得て経営に参加しオリオールズと2つの球団の経営を掛け持ちしたことで、オリオールズの主力選手が揃ってブルックリンに移籍する事態が起きた。この時マグローはブルックリンへの移籍を拒み、翌1899年にオリオールズの兼任監督となる。マグローは既に主力を失って弱体化したチームを率い、リーグ4位と健闘したが、1人のオーナーによる複数球団の掛け持ち経営が問題視されたことで、ホーストは同年を最後にオリオールズを解体することになった。
  • 一方、現在のボルチモア・オリオールズは、アメリカンリーグが創設された1901年にウィスコンシン州ミルウォーキーを本拠地として、1年だけ「ミルウォーキー・ブルワーズ」(現在のミルウォーキー・ブルワーズとは無関係)として活動した球団が起源である。当時ボストン・ビーンイータース(後のブレーブス)の名選手ヒュー・ダフィーを兼任監督に据えたが、48勝89敗と大きく負け越す多難な船出だった。そして2年目の1902年にミズーリ州セントルイスに本拠地を移し、セントルイス・ブラウンズ(カージナルスとは別球団)となった。このセントルイス・ブラウンズが1954年にボルチモアに移転して現在のボルチモア・オリオールズとなった。

記録編集

最終成績編集

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボルチモア・オリオールズ 90 39 .698 --
2 クリーブランド・スパイダーズ 80 48 .625 9.5
3 シンシナティ・レッズ 77 50 .606 12.0
4 ボストン・ビーンイーターズ 74 57 .565 17.0
5 シカゴ・コルツ 71 57 .555 18.5
6 ピッツバーグ・パイレーツ 66 63 .512 24.0
7 ニューヨーク・ジャイアンツ 64 67 .488 27.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 62 68 .477 28.5
9 ワシントン・セネタース 58 73 .443 33.0
9 ブルックリン・ブライドグルームズ 58 73 .443 33.0
11 セントルイス・ブラウンズ 40 90 .308 50.5
12 ルイビル・カーネルズ 38 93 .290 53.0

個人タイトル編集

ナショナルリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 ジェシー・バーケット (CLV) .410
本塁打 エド・デラハンティ (PHI) 13
ビル・ジョイス (WHS/NYG)
打点 エド・デラハンティ (PHI) 126
得点 ジェシー・バーケット (CLV) 160
安打 ジェシー・バーケット (CLV) 240
盗塁 ジョー・ケリー (BLN) 87

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 キッド・ニコルズ (BSN) 30
フランク・キレン (PIT)
防御率 ビリー・ラインズ (CIN) 2.45
奪三振 サイ・ヤング (CLV) 140
投球回 フランク・キレン (PIT) 432.1
セーブ サイ・ヤング (CLV) 3

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』 鈴木武樹 著 58P参照 1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ヒュウイ・ジェニングス≫ 39P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 ワールドシリーズ前史 The Fall Classic 誕生秘話 上田龍 著  2001年10月発行 ベースボールマガジン社

参考編集