1901年のメジャーリーグベースボール

1901年の野球から転送)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1901年のできごとを記す。1901年4月18日に開幕し10月6日に全日程を終えた。この年アメリカンリーグがメジャーリーグとしてスタートし、二大リーグ体制が始まった。

ナショナルリーグピッツバーグ・パイレーツが、アメリカンリーグシガゴ・ホワイトストッキングス(現在のシカゴ・ホワイトソックス)が優勝。

目次

アメリカンリーグ編集

メジャーリーグとして最初のシーズンとなった1901年、ナショナルリーグと対抗するために、フィラデルフィアとボストンに球団を設置し、ナショナルリーグに拒否されたワシントンとボルチモアにも球団を置いた。バン・ジョンソン会長はボルチモア・オリオールズにはセントルイス・カージナルスからジョン・マグローを監督に呼び、フィラデルフィア・アスレチックス(現在のオークランド・アスレチックス)にはピッツバーグ・パイレーツの選手兼監督だったコニー・マックを監督に呼び、ボストン・アメリカンズ(現在のボストン・レッドソックス)にはジェームス・コリンズ、シガゴ・ホワイトストッキングスにはシカゴ・オーファンス(現在のシカゴ・カブス)の監督であったクラーク・グリフィスをそれぞれ呼び、選手ではナポレオン・ラジョイ、ウイリー・キーラー、エド・ドラハンティ、サイ・ヤングなどナショナルリーグのスターたちを引き抜いた。このことでナショナルリーグとは対立し、両リーグは抗争状態であった。

この年のリーグ観客動員数は総計でアメリカン・リーグが168万人、ナショナルリーグが192万人であった。

ナポレオン・ラジョイ編集

アメリカンリーグの最初の年に、フィラデルフィア・アスレチックスのナポレオン・ラジョイことナップ・ラジョイは打率・得点・安打・打点・本塁打で全てアメリカンリーグのトップとなった。これはこの1901年から近代野球が始まったとすれば最初の三冠王である。それ以前の19世紀を加えると1878年のポール・ハインズ、1887年のティップ・オニール、1894年のヒュー・ダフィー以来の4人目となる。しかしこの当時は、打点や本塁打をそれほど重要視せず、むしろ打率と得点と安打数を重要視していたとする説や当時は打率・打点・安打数を重要視していたとする説もあり、本塁打はベーブ・ルース以降から注目されていたことや、打点の定義がリーグによって微妙に違い、公式記録として出されたのは1907年以後であり、当時の三冠の重みが現在とは全く違うことになる。一説では1922年のロジャース・ホンスビーの三冠達成が近代野球での最初の三冠王(打率・打点・本塁打)である、とする主張もある。それでも1901年のナポレオン・ラジョイのこの記録はあとから振り返ると、8年後の1909年にタイ・カッブが打率.377・9本塁打・107打点・76盗塁を記録し、3年連続の最多安打、打点王、首位打者に加え、本塁打王、盗塁王を獲得し、史上ただ一度の打撃全タイトル制覇(当時はタイトルでなかったものを含む)を達成し、さらに得点数、塁打数、出塁率、長打率、OPSを含め合計10部門でリーグトップであったことと比べると、盗塁王にはなれなかったが、4割2分6厘の打率と安打数が多く最多二塁打を獲得していることを見ると、不滅の記録であることには間違いはない。

できごと編集

  • 7月3日、サイ・ヤングが史上7人目となる通算300勝を達成。
  • シンシナティ・レッズサム・クロフォードは、レギュラーとなったこの年に16本塁打、104打点を打ちナショナルリーグの本塁打王となる。この16本の本塁打のうち実に12本がランニングホームランで、これは現在でも1シーズンのランニングホームラン数のメジャーリーグ記録となっている。ただしこの時代の野球場には外野スタンドが無かったり、外野フェンスはあるがそのフェンスの前に観客が座り込んでいたりして、本塁打は二塁打・三塁打の延長であり、フェンス越えの外野スタンドに入る本塁打はもともと少なかった。本塁打に注目が集まるようになるのは1920年代にベーブ・ルースが登場した頃からである。
  • ミルウォーキー・ブルワーズはシーズン終了後、セントルイスに移転することを決め、翌1902年にセントルイス・ブラウンズとなる。

規則の改訂編集

  • ナショナルリーグが、この年から打者が打ったファウルボールが2ストライクまでカウントするとし、また捕手はキャッチャーズボックスの中で投球を受けなくてはならない、とした。(アメリカンリーグは同年これらの規則を適用せず、2年後の1903年から適用した)
  • 無死および一死の時にインフィールドフライのルールが採用されるようになった。
  • リーグ会長が、試合で罰金及び退場となった選手やコーチに対し出場停止処分を下せるようになった。


最終成績編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シガゴ・ホワイトストッキングス 83 53 .610 --
2 ボストン・アメリカンズ 79 57 .581 4.0
3 デトロイト・タイガース 74 61 .548 8.5
4 フィラデルフィア・アスレチックス 74 62 .544 9.0
5 ボルチモア・オリオールズ 68 65 .511 13.5
6 ワシントン・セネタース 61 72 .459 20.5
7 クリーブランド・ブルーバーズ 54 82 .397 29.0
8 ミルウォーキー・ブルワーズ 48 89 .350 35.5

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ピッツバーグ・パイレーツ 90 49 .647 --
2 フィラデルフィア・フィリーズ 83 57 .593 7.5
3 ブルックリン・スーパーバス 79 57 .581 9.5
4 セントルイス・カージナルス 76 64 .543 14.5
5 ボストン・ビーンイーターズ 69 69 .500 20.5
6 シカゴ・オーファンス 53 86 .381 37.0
7 ニューヨーク・ジャイアンツ 52 85 .380 37.0
8 シンシナティ・レッズ 52 87 .374 38.0

個人タイトル編集

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一新書
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀 ~その歴史とスター選手~』 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 ワールドシリーズ前史 The Fall Classic 誕生秘話 上田龍 著  2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク編集