1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックのスキージャンプ競技

1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックスキージャンプ競技(1936ねんガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックのスキージャンプきょうぎ)の結果

1936年2月16日於オリンピックシャンツェK=80m[1]

概要編集

当種目は2月16日日曜日の午前11時から、気温0℃から3℃、無風と絶好のコンディションの中、14カ国48人が参加して行われた。

雪質の影響で80mに達するジャンプは出ず、優勝したルートの飛距離は74.5mと75.0mであった。2位のスヴェン・エリクソンは2本とも76.0mの最長不倒を記録した。龍田峻次は2本目77.0mまで飛距離を伸ばしたが着地に失敗。合計4人が転倒した。安達五郎は1本目良いジャンプをした後の2本目に転倒してしまった。龍田峻次とサウリ・パーリは二本とも転倒、マリオ・ボノモは1本目に転倒して2本目は棄権した。

ドイツ・G.シュミット、ノルウェー・J.アスプ、スイス・R.ストロウマンの三審判はビルゲル・ルートが最も高度な飛型を見せたと判定した。

競技結果編集

順位 ゼッケン 氏名 飛距離 飛距離点 飛型点 合計点
1 34   ビルゲル・ルート (NOR) 75.0
74.5
118.5 18.0
19.5
18.0
19.0
19.5
19.5
232.2
2 40   スヴェン・エリクソン (SWE) 76.0
76.0
120.0 18.5
18.0
18.5
19.0
18.5
18.0
230.5
3 45   ライダル・アンデシェン (NOR) 74.0
75.0
118.4 18.5
18.5
18.5
19.0
17.5
18.5
228.9
4 9   コーレ・ヴァルベルグ (NOR) 73.5
72.0
115.5 19.0
18.5
17.5
18.5
19.0
19.0
227.0
5 46   スタニスワフ・マルサシュ (POL) 73.0
75.5
117.6 17.0
16.5
17.5
18.0
17.0
18.0
221.6
6 25   ラウリ・バロネン (FIN) 73.5
67.0
111.9 17.5
17.5
18.5
18.0
19.0
17.0
219.4
7 39   伊黒正次 (JPN) 74.5
72.5
116.7 16.5
17.5
17.5
18.5
14.5
17.0
218.2
8 22   アルノル・コングスゴール (NOR) 74.5
66.0
112.2 17.5
17.5
17.5
18.0
17.5
17.5
217.7
9 13   ヴァイノ・ティホネン (FIN) 71.5
70.0
112.8 17.5
17.0
17.0
17.5
16.5
17.0
215.3
10 21   ハンス・マール (GER) 71.5
69.0
112.2 17.0
17.5
17.0
18.0
16.0
16.5
214.2
11 32   スヴェレ・フレデイム (USA) 73.5
73.0
116.1 17.0
16.0
16.5
16.5
16.0
16.0
214.1
12 44   クルト・ケルナー (GER) 70.0
71.5
112.8 16.0
15.5
16.5
17.0
16.5
15.0
209.3
13 43   カスパー・オイメン (USA) 71.5
72.5
114.6 13.0
16.5
15.5
17.0
15.0
16.0
207.6
14 28   トルモー・モブラーテン (CAN) 71.5
66.5
110.4 14.0
15.0
16.5
16.5
16.0
18.5
206.9
15 4   シクステン・ヨハンソン (SWE) 63.0
66.0
104.1 18.0
17.5
15.5
17.0
15.0
15.0
206.1
16 17   ニルス・ヒェルムストレーム (SWE) 68.0
62.5
105.3 18.0
17.0
16.0
16.0
16.5
16.0
204.8
17 33   フランツ・ハスルベルガー (GER) 64.0
67.0
105.6 17.0
17.0
16.0
17.0
15.5
16.5
204.6
18 8   パウル・クラウス (GER) 62.5
62.5
101.4 17.5
18.0
16.0
17.0
17.5
17.0
204.4
19 11   リハルト・ビューラー (SUI) 63.0
63.0
102.0 17.0
16.5
16.5
16.5
17.5
18.0
204.0
31   ヨーゼフ・ブラドル (AUT) 64.0
70.5
108.0 16.0
16.0
16.0
17.5
15.0
15.5
204.0
21 23   アンドレイ・マルサシュ (POL) 66.0
66.0
106.2 16.5
16.5
15.0
15.5
18.0
16.0
203.7
22 29   アクセル・エーストラン (SWE) 61.0
68.0
104.4 16.5
16.5
16.0
17.0
15.5
17.5
203.4
23 7   ロイ・ミクルセン (USA) 69.5
68.0
110.1 16.5
15.5
15.5
15.0
14.5
15.5
202.6
24 50   ティモ・ムラマ (FIN) 71.0
70.0
112.2 14.0
15.0
15.5
15.5
15.0
15.0
202.2
25 6   ハンス・マリアッハー (AUT) 65.5
69.0
108.0 17.0
16.5
15.0
15.5
15.5
14.0
201.5
26 19   ルドルフ・リエガー (AUT) 68.0
67.5
108.9 16.0
15.0
16.0
15.0
16.0
13.5
200.4
27 30   ヤロスラフ・ルケジュ (TCH) 69.0
71.0
111.6 14.0
15.0
15.5
15.0
14.5
13.5
199.1
28 47   マルセル・レイモンド (SUI) 64.0
68.5
106.8 14.0
14.0
16.0
16.5
14.5
15.5
197.3
29 18   ヨセフ・カール (TCH) 64.0
64.5
104.1 15.0
16.0
15.5
15.0
16.0
14.5
196.1
30 20   ウォルター・バイエタイラ (USA) 66.5
63.5
104.7 16.0
14.0
15.0
15.0
16.0
14.5
195.2
31 2   宮嶋巌 (JPN) 63.5
63.5
102.6 16.0
16.5
14.5
15.5
14.0
15.5
194.6
32 41   ヨハン・ラール (TCH) 64.5
66.0
105.3 13.0
15.0
15.5
15.0
14.0
16.0
193.8
33 35   ブロニスワフ・チェフ (POL) 62.5
63.5
102.0 15.0
16.0
16.0
16.0
13.5
14.5
193.0
34 36   レト・バドルッツ (SUI) 64.5
65.0
104.7 15.0
14.5
15.5
15.0
13.0
13.5
191.2
35 3   カール ヨハン・ボーズヴィーク (CAN) 63.5
59.0
99.6 15.0
15.0
13.5
14.0
15.0
15.0
187.1
36 42   フランツ・アッシェンヴァルト (AUT) 64.5
55.5
98.1 14.5
14.5
16.0
14.5
14.0
14.0
185.6
37 10   ブルーノ・ダ コル (ITA) 59.0
61.0
98.1 13.0
13.0
13.0
15.0
13.5
14.0
179.6
38 16   ノルマン・ガニュ (CAN) 58.0
57.0
94.8 14.0
15.0
12.0
12.5
14.0
15.0
177.3
39 38   フランツ・プリボシェク (YUG) 59.0
55.0
93.9 14.0
14.5
12.5
13.0
13.0
15.0
175.9
40 5   オルジュィフ・ブダレク (TCH) 59.0
62.0
98.7 12.0
12.0
12.0
14.0
13.0
12.5
174.2
41 1   アルビン・ノヴシャク (YUG) 54.0
58.5
93.0 14.0
13.0
12.5
12.0
14.5
15.0
174.0
49   シャーンドール・クロンプ (ROM) 58.0
59.0
96.0 14.5
12.0
12.0
13.0
14.0
12.5
174.0
43 26   フランツ・パルメ (YUG) 61.0
55.0
95.4 13.0
12.0
12.0
11.0
13.0
12.5
168.9
44 14   アルビン・ヤコピッチ (YUG) 52.0
53.0
87.6 10.0
11.0
11.0
11.0
13.5
12.0
156.1
45 27   安達五郎 (JPN) 73.0
71.0
84.3 17.0
6.0
16.0
5.0
16.5
4.0
150.8
46 15   龍田峻次 (JPN) 73.5
77.0
58.2 7.0
8.0
5.0
10.0
5.0
8.0
101.2
47 37   サウリ・パーリ (FIN) 71.0
68.5
51.3 5.0
5.0
7.0
5.0
4.0
3.0
80.3
? 24   マリオ・ボノモ (ITA) Fall
-
- -
-
-
-
-
-
DNF
? 12   レヴェンテ・バラトニ (HUN) -
-
- -
-
-
-
-
-
DNS
48   シャーンドール・ダラボス (HUN) -
-
- -
-
-
-
-
-
DNS

各国メダル数編集

国・地域
1   ノルウェー 1 0 1 2
2   スウェーデン 0 1 0 1

脚注編集

  1. ^ Henauer, Kurt (FIS PR and Media Coordinator Ski Jumping). "hill lengths." E-mail to Chris Miller. 5 Jun 2006

外部リンク編集