1948年全仏選手権 (テニス)

1948年 全仏選手権(1948ねんぜんふつせんしゅけん、Internationaux de France de Roland-Garros 1948)に関する記事。フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で、女子シングルスは「50名」の選手による6回戦制で行われた。男子は32名、女子は14名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • シード選手は男子・女子ともに16名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   フランク・パーカー (初優勝)
  2.   ヨージェフ・アシュボード (2回戦=初戦)
  3.   ジョン・ブロムウィッチ (2回戦=初戦)
  4.   エリック・スタージェス (ベスト4)
  5.   マルセル・ベルナール (ベスト8)
  6.   ヤロスラフ・ドロブニー (準優勝)
  7.   バッジ・パティー (ベスト4)
  8.   ジョバンニ・クチェリ (ベスト8)
  9.   フランク・セッジマン (4回戦)
  10.   ドラグティン・ミティッチ (4回戦)
  11.   トニー・モットラム (4回戦)
  12.   ヨシップ・パラーダ (4回戦)
  13.   フィリップ・ワッシャー (4回戦)
  14.   レナート・ベルゲリン (ベスト8)
  15.   マルセロ・デル・ベロ (ベスト8)
  16.   ヴワディスワフ・スコネツキ (2回戦=初戦)

女子シングルス編集

  1.   ドリス・ハート (ベスト4)
  2.   パトリシア・トッド (ベスト4、不戦敗)
  3.   ネリー・アダムソン・ランドリー (初優勝)
  4.   シャーリー・フライ (準優勝)
  5.   ジュジャ・ケルメツィ (2回戦=初戦)
  6.   メアリー・プレンティス (ベスト8)
  7.   アナリサ・ボッシ (ベスト8、不戦敗)
  8.   ヘレン・リバニー (ベスト8)
  9.   コレット・ベーグナー (3回戦)
  10.   マルタ・ペテルディ (3回戦)
  11.   ミリアム・ド・ボウマン (3回戦)
  12.   ジャクリーヌ・パトーニ (3回戦)
  13.   アリス・ワイバーズ (2回戦)
  14.   ビー・カリス (3回戦)
  15.   アーレット・ハルフ (3回戦)
  16.   ジャクリーヌ・ブータン (3回戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1948年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1948年
次代:
1948年ウィンブルドン選手権
先代:
1947年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1948年
次代:
1949年全仏選手権 (テニス)