全仏オープン

フランスで開催されるテニスの国際大会

全仏オープン(ぜんふつオープン、フランス語: Les Internationaux de France de Tennis, Roland-Garros, 英語: The French Open)は、テニスの4大国際大会であるグランドスラムの一つである。5月末から6月初めにかけて、フランスの首都パリにあるブローニュの森に隣接するスタッド・ローラン・ギャロス(Stade Roland Garros)で開催される。大会の運営はフランステニス連盟(FFT)が行う。

全仏オープン
公式サイト
開催国 フランスの旗 フランス
パリ
開催会場 スタッド・ローラン・ギャロス
(1928–現在)
サーフェス クレー
男子ドロー 128S / 128Q / 64D
女子ドロー 128S / 128Q / 64D
賞金総額 34,367,215 (2021)[1]
グランドスラム
全仏オープンのセンターコート(コート・フィリップ・シャトリエ

飛行家ローラン・ギャロス1888年 - 1918年)の功績を称えて、会場にはギャロスの名前が冠されている。そのため、本大会は「ローラン・ギャロス・トーナメント」(Le Tournoi de Roland Garros)とも呼ばれる。

概要編集

全仏オープンはグランドスラム大会(4大大会)で唯一、クレー(赤土=レンガの粉)コートを用いることで知られており、他の大会とは違った展開が楽しめる[要出典]。また、他のグランドスラム大会とは異なり、全仏オープンのみ開催が日曜日から始まり15日間の開催日程となっている。

毎年の大会は展開が波乱に富み、上位シード選手の早期敗退も多い[要出典]。たとえば、ピート・サンプラスは男子歴代4位(達成当時は歴代1位)の「14度」他のグランドスラム大会を制しながらも、全仏オープンだけは最後まで制覇できなかった。2000年代以降の最強テニスプレーヤーの系譜であるロジャー・フェデラーですら優勝経験は1度のみである(2022年現在)。歴代の男子シングルス優勝者には、同大会14度の優勝を誇るラファエル・ナダルのような「クレーコート・スペシャリスト」が優勝の大半を占める傾向があり、キャリア・グランドスラムを目指す最大の障壁となっている[要出典]

フランス人の観客の中で多くの選手はいわゆる「アウェイ」での戦いを強いられ、技術だけではなく強い精神力が勝敗を左右する。たとえば、地元フランスの選手との対戦では相手のアンフォーストエラーによる得点でも観客によるブーイングが起きることがある。最も過酷なトーナメントとも言われるグランドスラム大会である[要出典]

この大会は、場内アナウンス、審判のコールその他は全てフランス語で行われる。また、選手が優勝スピーチの一部をフランス語で行うことでも知られている[要出典]

この大会の結果を受けて更新される世界ランキングに基づいて出場選手が決められるため、オリンピックでテニスが復活して以降、オリンピックイヤーの大会はその最終選考会となっている[要出典]。ランキングだけでは特定の国に選手が偏るため、1か国の出場枠が最大4人と決められており、強豪国の選手にとってはこの大会で勝ち抜くことがオリンピック出場権獲得のための絶対条件である[要出典]

歴史編集

  • 1891年 - フランス選手権(Championnat de France)として創設された。最初は男子シングルスと男子ダブルスの2部門のみだった。
  • 1897年 - 女子シングルス部門が追加された。
  • 1902年 - 混合ダブルス部門が追加された。
  • 1907年 - 女子ダブルス部門が追加された。
  • 1925年 - それまではフランス人選手しか出場資格を得られなかったが、規約を改定して国際大会となった。正式な大会名を「フランス国際大会(Internationaux de France)」と改名した。
  • 1928年 - 開催地がスタッド・ローラン・ギャロスに移転された。
  • 1968年 - 四大大会で初のオープン大会となり、アマチュア・プロの別を問わず参加可能になった。
  • 1995年 - センターコート「コート・フィリップ・シャトリエ」(Court Philippe-Chatrier)が増築された。
  • 2007年 - 車いすテニス部門が追加された。詳細は、全仏オープン (車いすテニス)を参照。
  • 2019年 - ショーコート「コート・シモーヌ・マチュー」(Court Simonne-Mathieu)が新設された[2]
  • 2020年 - 新型コロナウイルス感染症の影響により、開催が延期された[3][4][5]
  • 2021年 - 新型コロナウイルス感染症の影響で、開催が1週間延期された[6]

過去10年のシングルス優勝者編集

男子 女子 備考
2013   ラファエル・ナダル   セリーナ・ウィリアムズ セリーナは、31歳8か月でオープン化以降の最年長優勝記録。
2014   ラファエル・ナダル   マリア・シャラポワ ナダルは、史上初の大会5連覇で大会最多の通算9勝目。
2015   スタン・ワウリンカ   セリーナ・ウィリアムズ ワウリンカは初優勝、セリーナは通算4勝目。
2016   ノバク・ジョコビッチ   ガルビネ・ムグルサ ジョコビッチは、キャリア・グランドスラムを達成。また4大大会4連勝達成。ムグルサは4大大会初優勝。
2017   ラファエル・ナダル   エレナ・オスタペンコ ナダルは、10回目の優勝。オスタペンコは女子では大会初のノーシードから4大大会初優勝。また、ツアー初優勝が4大大会となった。
2018   ラファエル・ナダル   シモナ・ハレプ ハレプは4大大会初優勝。
2019   ラファエル・ナダル   アシュリー・バーティ バーティは4大大会初優勝。
2020   ラファエル・ナダル   イガ・シフィオンテク シフィオンテクは4大大会初優勝。
2021   ノバク・ジョコビッチ   バルボラ・クレイチコバ ジョコビッチはダブルキャリア・グランドスラムを達成。
クレイチコバはシングルスでの4大大会初優勝。女子ダブルスとの2冠を達成。
2022   ラファエル・ナダル   イガ・シフィオンテク ナダルは男子史上最多の4大大会22回目の優勝。シフィオンテクは2年ぶり2回目の優勝。

記録編集

男子(1891年 - )編集

記録名 時代 選手名 記録値 年代
シングルス
最多優勝回数
1924年以前   マックス・デキュジス 8回 1903年 - 1904年、1907年 - 1909年、1912年 - 1914年
1925年 - 1967年  アンリ・コシェ 4回 1926年、1928年、1930年、1932年
1968年以後  ラファエル・ナダル 14回 2005年 - 2008年、2010年 - 2014年、2017年 - 2020年、2022年
シングルス
最多連続優勝回数
1924年以前   マックス・デキュジス 3回 1907年 - 1909年と、1912年 - 1914年の2度
1925年 - 1967年  フランク・パーカー 2回 1948年 - 1949年
 ヤロスラフ・ドロブニー 1951年 - 1952年
 トニー・トラバート 1954年 - 1955年
 ニコラ・ピエトランジェリ 1959年 - 1960年
1968年以後  ラファエル・ナダル 5回 2010年 - 2014年
ダブルス
最多優勝回数
1924年以前   マックス・デキュジス 14回 1902年 - 1914年、1920年
1925年 - 1967年  ロイ・エマーソン 6回 1960年、1962年(ニール・フレーザー組)、1961年(ロッド・レーバー組)、
1963年(マニュエル・サンタナ組)、1964年(ケン・フレッチャー組)、1965年(フレッド・ストール組)
1968年以後  ポール・ハーフース 3回 1995年、1998年(ヤッコ・エルティン組)、2002年(エフゲニー・カフェルニコフ組)
 エフゲニー・カフェルニコフ 1996年 - 1997年(ダニエル・バチェク組)、2002年(ポール・ハーフース組)
  リーンダー・パエス 1999年、2001年(マヘシュ・ブパシ組)、2009年(ルーカス・ドロウヒー組)
  マックス・ミルヌイ 2005年、2006年(ヨナス・ビョークマン組)、2011年(ダニエル・ネスター組)
  ダニエル・ネスター 2007年(マーク・ノールズ組)、2010年(ネナド・ジモニッチ組)、2011年(マックス・ミルヌイ組)
ダブルス
最多連続優勝回数
1924年以前   マックス・デキュジス 13回 1902年 - 1914年
1925年 - 1967年  ロイ・エマーソン 6回 1960年 - 1965年
1968年以後  ジーン・メイヤー 2回 1978年(ハンク・フィスター組) - 1979年(サンディ・メイヤー組)
 エフゲニー・カフェルニコフ
 ダニエル・バチェク
1996年 - 1997年
  ヨナス・ビョークマン
 マックス・ミルヌイ
2005年 - 2006年
  ダニエル・ネスター 2010年(ネナド・ジモニッチ組) - 2011年(マックス・ミルヌイ組)

優勝回数ランキング編集

選手 回数
  ラファエル・ナダル 14
  マックス・デキュジス 8
  ビヨン・ボルグ 6
  アンリ・コシェ 4
  André Vacherot 4
  Paul Aymé 4

女子(1897年 - )編集

その他編集

優勝者一覧編集

優勝賞金(男女シングルス)編集

大会 金額(男子) 金額(女子)
1989年大会 29万1752USドル 25万7379USドル
1990年大会 37万0000USドル 29万3000USドル
2002年大会 78万0000ユーロ 76万0500ユーロ
2003年大会 84万0000ユーロ 81万9000ユーロ
2004年大会 86万0000ユーロ 83万8500ユーロ
2005年大会 88万0000ユーロ 86万7000ユーロ
2006年大会 94万0000ユーロ
2007年大会 100万0000ユーロ
2008年大会 100万0000ユーロ
2009年大会 106万0000ユーロ
2010年大会 112万0000ユーロ
2011年大会 120万0000ユーロ
2012年大会 125万0000ユーロ
2013年大会 150万0000ユーロ
2014年大会 165万0000ユーロ
2015年大会 180万0000ユーロ
2016年大会 200万0000ユーロ
2017年大会 210万0000ユーロ
2018年大会 220万0000ユーロ
2019年大会 230万0000ユーロ

優勝トロフィー編集

全仏オープンの優勝カップは、男子はムスクテール・カップ (en) (ムスクテールとは四銃士に由来)(1981年制作)、女子はスザンヌ・ランラン・カップ (fr) (1925年制作)と呼ばれる。オリジナルはFFT本部に保管され、通常は優勝者の表彰式の時にだけ外に出される。優勝者はオリジナルのカップに触れることはできるが、記念として渡されるのは一回り小さく作られたレプリカである[要出典]

テレビ放送編集

フランス国内ではフランス・tv(2023年まで[7])とPrime Video(ネット放送)で、アメリカ国内ではNBCテニス・チャンネルなどで放映されている[8]

日本では2022年現在、衛星波でWOWOW放映権を持っている[8]。また、WOWOWオンデマンド(ネット放送)も同時に行われている[9]

2021年までは地上波としてはテレビ東京も放映されていた。なお、民放局では4大大会を中継していたのはテレビ東京が唯一でもあった[10]

テレビ東京では1982年から2021年まで[11]日本勢の一部試合などを中心に放送[12]。放送再開した2015年 - 2019年までは一部の試合は生中継で放映されていた[13][14]。しかし、試合開始等の時間が読めない状況の中[15]、番組編成に大きな障害が生じた[16]。テニス中継の影響で一部の番組が時間繰り下げ・番組休止(翌週に延期)されることがあった[17]。2017年については、『世界卓球』と同じ時期に開催だったため、『テレ東スポーツ祭』として放送された[18]。2020年・2021年は、日本勢の試合については録画で中継もしくはハイライトで対応された。[19][20]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Roland-Garros 2021: How is the tournament being organised?”. Roland-Garros. FFT (2021年5月12日). 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ 温室に囲まれたテニスコートも、生まれ変わった全仏OPの会場”. afpbb.com. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ 当初は5月に開催される予定だったが、9月に延期となった。
  4. ^ French Open delayed to September due to coronavirus”. afp.com. 2020年3月18日閲覧。
  5. ^ テニス全仏OP、9月に延期”. this.kiji.is. 2020年3月18日閲覧。
  6. ^ 全仏OP、開幕1週間延期 主催者が正式発表” (日本語). www.afpbb.com. 2021年4月19日閲覧。
  7. ^ Roland-Garros Broadcasting rights for France awarded to France Televisions and Amazon” (英語). rolandgarros.com. FFT (2019年7月25日). 2022年4月23日閲覧。
  8. ^ a b Broadcasters” (英語). rolandgarros.com. FFT. 2022年4月23日閲覧。
  9. ^ WOWOWオンデマンド”. wod.wowow.co.jp. 2022年6月1日閲覧。
  10. ^ 錦織争奪戦 全豪放送権に地上波も名乗り”. 日刊スポーツ. 2022年4月28日閲覧。
  11. ^ 2008年 - 2013年までは中断。
  12. ^ 全仏テニス:テレビ東京が放送 錦織の全試合を中継へ”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2022年4月28日閲覧。
  13. ^ 主に錦織圭・大坂なおみ選手の試合を中心。
  14. ^ テレ東社長 全仏オープン中継に自信「例年通り、高い視聴率をいただいている」”. スポーツニッポン. 2022年4月28日閲覧。
  15. ^ テレ東に不運、錦織戦が雨で始まらず”. デイリースポーツ. 2022年4月28日閲覧。
  16. ^ テレ東社長 全仏テニス中継に「編成陣もハラハラドキドキ」勝敗、天候の影響大”. デイリースポーツ. 2022年4月28日閲覧。
  17. ^ 乃木坂46冠番組、錦織出場のテニス放送で延期”. 日刊スポーツ. 2022年4月28日閲覧。
  18. ^ テレ東社長「気が遠くなる」 同一週の全仏と卓球世界選手権放送で” (日本語). デイリースポーツ. 2022年5月2日閲覧。
  19. ^ 全仏オープンテニス2020”. テレビ東京. 2022年5月30日閲覧。
  20. ^ Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO, 全仏オープンテニス2021, https://www.tv-tokyo.co.jp/rolandgarros2021/ 2022年5月30日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集