メインメニューを開く

1968年メキシコシティーオリンピックのサッカー競技

1968年メキシコシティーオリンピックにおけるサッカー競技は、10月13日に開幕した。10月26日に決勝戦が行われ、金メダルを獲得したのはハンガリーであった。

目次

初の交代ルール導入編集

今大会から、サッカーにおいて、怪我等の理由を伴わない交代が初めて認められるようになった。1試合2名までだった[1]日本はこの新ルールを積極的に使い、FW(ウイング)渡辺正を現在でいうスーパーサブにして銅メダルを獲得した[1]

メダリスト編集

参加チーム編集

グループリーグ編集

グループA編集

チーム
  フランス 3 2 0 1 8 4 +4 4
  メキシコ 3 2 0 1 6 4 +2 4
  コロンビア 3 1 0 2 4 5 −1 2
  ギニア 3 1 0 2 4 9 −5 2


1968年10月13日
12:00
  フランス 3 – 1   ギニア
Hallet   61分
Horlaville   64分
Perrigaud   70分
Report Maxim   79分

1968年10月15日
12:00
  ギニア 3 – 2   コロンビア
Ndongo   26分
Bouya   58分   84分
Report Santa   49分
Mosquera   66分

1968年10月15日
12:00
  フランス 4 – 1   メキシコ
Kanyan Case   20分   69分
Teamboueon   30分
Medina   36分 (o.g.)
Report Victorino   26分

1968年10月17日
12:00
  メキシコ 4 – 0   ギニア
Pereda   70分   85分
Pulido Rodríguez   86分   88分
Report

1968年10月17日
12:00
  コロンビア 2 – 1   フランス
Tamayo Hoyos   14分
Jaramillo   35分
Report Teamboueon   59分

グループB編集

チーム
  スペイン 3 2 1 0 4 0 +4 5
  日本 3 1 2 0 4 2 +2 4
  ブラジル 3 0 2 1 4 5 −1 2
  ナイジェリア 3 0 1 2 4 9 −5 1

1968年10月14日
12:00
  スペイン 1 – 0   ブラジル
Fernández   77分 Report

1968年10月14日
12:00
  日本 3 – 1   ナイジェリア
釜本   24分   72分   89分 Report Okoye   33分

1968年10月16日
12:00
  スペイン 3 – 0   ナイジェリア
Ortuño   27分
Grande   52分   69分
Report

1968年10月16日
12:00
  ブラジル 1 – 1   日本
Ferreti   9分 Report 渡辺   83分

1968年10月18日
12:00
  ブラジル 3 – 3   ナイジェリア
Ferreti   50分
Olumodeji   59分 (o.g.)
Tião   65分
Report Olayombo   10分   41分
Anieke   19分

1968年10月18日
12:00
  スペイン 0 – 0   日本
Report

グループC編集

イスラエルとの対戦を拒否したモロッコに代わってガーナが出場。

チーム
  ハンガリー 3 2 1 0 8 2 +6 5
  イスラエル 3 2 0 1 8 6 +2 4
  ガーナ 3 0 2 1 6 8 −2 2
  エルサルバドル 3 0 1 2 2 8 −6 1

1968年10月13日
12:00
  イスラエル 5 – 3   ガーナ
Spiegel   11分   75分
Feigenbaum   16分   30分   70分
Report Jabir   18分   79分
Amosa   35分


1968年10月15日
12:00
  ハンガリー 2 – 2   ガーナ
ドゥナイ.A   15分
メンツェル   17分
Report Sunday   12分
Sampene   33分


1968年10月17日
12:00
  エルサルバドル 1 – 1   ガーナ
Rodríguez   42分 Report Kofi   55分

1968年10月17日
12:00
  ハンガリー 2 – 0   イスラエル
ドゥナイ.A   40分   75分 Report

グループD編集

チーム
  ブルガリア 3 2 1 0 11 3 +8 5
  グアテマラ 3 2 0 1 6 3 +3 4
  チェコスロバキア 3 1 1 1 10 3 +7 3
  タイ 3 0 0 3 1 19 −18 0


1968年10月14日
12:00
  ブルガリア 7 – 0   タイ
ギョニン   25分
ジェコフ   55分
フリストフ   56分   61分
ザフィロフ   73分
ドネフ   85分
イヴコフ   88分
Report


1968年10月16日
12:00
  グアテマラ 4 – 1   タイ
N. Melgar   23分   85分
Roldán   55分
Lopez Oliva   67分
Report Udomsilp Sornbutnark   44分

1968年10月18日
12:00
  ブルガリア 2 – 1   グアテマラ
ドネフ   50分
ジェコフ   84分
Report Lopez Oliva   88分

1968年10月18日
12:00
  チェコスロバキア 8 – 0   タイ
ヘルブスト   12分
ペトラーシュ   17分   18分   67分
ストラティル   28分   34分
ヴェツェレク   38分
クルナツ   83分
Report

決勝トーナメント編集

トーナメント表編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
10月20日 - グアダラハラ        
   ハンガリー 1
10月22日 - メキシコシティ
   グアテマラ 0  
   ハンガリー 5
10月20日 - メキシコシティ
     日本 0  
   日本 3
10月26日 - メキシコシティ
   フランス 1  
   ハンガリー 4
10月20日 - レオン
     ブルガリア 1
   ブルガリア 1
10月22日 - グアダラハラ
   イスラエル 1  
   ブルガリア 3 3位決定戦
10月20日 - プエブラ
     メキシコ 2  
   メキシコ 2    日本 2
   スペイン 0      メキシコ 0
10月24日 - メキシコシティ

準々決勝編集



1968年10月20日
12:00
  ハンガリー 1 – 0   グアテマラ
スーチ   69分 Report

1968年10月20日
12:00
  日本 3 – 1   フランス
釜本   27分   59分
渡辺   70分
Report Teamboueon   32分

抽選によりブルガリアの準決勝進出が決定


準決勝編集



1968年10月22日
12:00
  ハンガリー 5 – 0   日本
シューチ   30分   60分   75分
ノヴァーク   53分   65分
Report

3位決定戦編集


1968年10月24日
12:00
  日本 2 – 0   メキシコ
釜本   20分   40分 Report

決勝編集


1968年10月26日
12:00
  ハンガリー 4 – 1   ブルガリア
メンツェル   40分
ドゥナイ.A   41分   49分
ユハース   62分
Report Y. ディミトロフ   22分

関連項目編集

  • フェアプレー賞 - メキシコシティオリンピック・サッカー日本代表は1964年に創設された「ユネスコ国際フェアプレー賞」(ピエール・ド・クーベルタン・フェアプレー・トロフィ)を受賞した。[2]

脚注編集

外部リンク編集

家にはメキシコオリンピックにママが縫ってアステカ競技で日本を応援してサッカーチームがサインした1970のワールドカップであいましょうと釜本選手が書いた日の丸の旗がありますよ!!