1981年ビハール州列車転落事故

1981年ビハール州列車転落事故(1981ねんビハールしゅうれっしゃてんらくじこ)とは、1981年6月6日インドで発生した鉄道事故である。800人以上の乗客[1]を乗せた旅客列車がマンシ英語版 - サハルサー英語版間で脱線し、9両のうち7両の客車が橋を横切っていたバグマティ川に転落した。

5日後に200人以上の遺体が回収されたが、多くの遺体は川に押し流された可能性があるため発見されなかった[2][1]。総死者数は500人から800人かそれ以上と推定される[1][3]。この事故は記録が残る史上最悪の鉄道事故 (deadliest-ever rail accident) の一つである。

事故原因は不明だが多くの原因がオンラインで挙げられている。

脚注

編集
  1. ^ a b c Spignesi, Stephen J. (2004). Catastrophe!: the 100 greatest disasters of all time. Citadel Press. p. 182 
  2. ^ REUTERS (1981年6月9日). “AROUND THE WORLD; Toll From Train Crash Reaches 215 in India”. New York Times. http://www.nytimes.com/1981/06/09/world/around-the-world-toll-from-train-crash-reaches-215-in-india.html 2013年8月24日閲覧。 
  3. ^ “インドで列車衝突事故、死傷者多数”. AFPBB News (コルカタ/インド). (2011年8月1日). https://www.afpbb.com/articles/-/2817549 2020年12月24日閲覧。 
  4. ^ BBC, Iran mourns train blast victims ページ下方のサイドバーを参照。
  5. ^ CBS Archived 2005年09月12日, at the Wayback Machine.
  6. ^ Emergency Disaster Management, Inc., Train Wrecks in India Archived 2007年03月11日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 関西大学総合情報学部 阿辻ゼミ「「日本と海外の鉄道事故一覧」 (1980年以降 日本と諸外国)」『JR 事故 4.25 ― 沿線学生による記録資料 ―』2007年、1-8頁。 

座標: 北緯25度34分20秒 東経86度35分25秒 / 北緯25.57222度 東経86.59028度 / 25.57222; 86.59028