1990年女子バスケットボール世界選手権

1990年女子バスケットボール世界選手権は、1990年にマレーシアで行われた第11回女子バスケットボール世界選手権。アジアでの開催は1979年の韓国大会以来3大会振り2度目。

決勝戦でアメリカがユーゴスラビアを破り、2連覇で5回目の優勝を達成した。ソ連は翌1991年に崩壊したため結果的に最後の国際大会となった。開催国マレーシアは最下位に終わった。

最終結果編集

1990年世界選手権
優勝国
:
 
アメリカ合衆国
2大会連続5回目
順位 勝敗
1   アメリカ合衆国 8-0
2   ユーゴスラビア 7-1
3   キューバ 5-3
4   チェコスロバキア 4-4
5   ソビエト連邦 6-2
6   オーストラリア 3-5
7   カナダ 3-5
8   ブルガリア 3-5
9   中国 5-3
10   ブラジル 5-3
11   韓国 5-3
12   日本 2-6
13   イタリア 5-3
14   セネガル 2-6
15   ザイール 1-7
16   マレーシア 0-8

関連項目編集