バスケットボール女子アメリカ合衆国代表

バスケットボール女子アメリカ合衆国代表United States women's national basketball team)は、USAバスケットボールにより国際大会に派遣されるアメリカ女子バスケットボールナショナルチーム

 Basketball pictogram.svgバスケットボール女子アメリカ合衆国代表
国または地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
協会 USAバスケットボール
ヘッドコーチ ドーン・ステーリー
FIBAランキング 1位(2021年8月1日版)
オリンピック
出場回数 11回
初出場 1976 モントリオール
最高成績 Med 1.png金メダル(1984, 1988, 1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016, 2020)
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 17回
初出場 1953 世界選手権
最高成績 Med 1.png金メダル(1953, 1957, 1979, 1986, 1990, 1998, 2002, 2010, 2014, 2018)
アメリカップ
最高成績 Med 1.png優勝
テンプレートを表示

歴史編集

WNBA選手及び学生により構成される。

オリンピック及びワールドカップで多数のタイトルを手にしており、特にオリンピックはボイコットにより不参加だった1980年モスクワオリンピックを除き、表彰台を逃したことは無い。1996年アトランタオリンピック以降、団体競技最多のオリンピック7連覇を達成している。1992年バルセロナオリンピック3位決定戦で勝利して以降、オリンピック55連勝を達成している(東京2020大会終了時点)。

スー・バードダイアナ・トーラジの2人は、バスケットボールで5つのオリンピック金メダル(2004アテネ大会から2020東京大会まで)を獲得した初の選手である[1]

主な大会の成績編集

オリンピック編集

大会 成績 備考
1976  準優勝 3 2
1980 不参加
1984  優勝 6 0
1988  優勝 5 0 2連覇
1992  3位 4 1
1996  優勝 8 0
2000  優勝 8 0 2連覇
2004  優勝 8 0 3連覇
2008  優勝 8 0 4連覇
2012  優勝 8 0 5連覇
2016  優勝 8 0 6連覇
2020  優勝 6 0 7連覇

ワールドカップ編集

  • 1953 -  優勝
  • 1957 -  優勝
  • 1959 - 不出場
  • 1964 - 4位
  • 1967 - 11位
  • 1971 - 8位
  • 1975 - 8位
  • 1979 -  優勝
  • 1983 -  準優勝
  • 1986 -  優勝
  • 1990 -  優勝
  • 1994 -  3位
  • 1998 -  優勝
  • 2002 -  優勝
  • 2006 -  3位
  • 2010 -  優勝
  • 2014 -  優勝
  • 2018 -  優勝
  • 2022 -

現在の選手編集

コーチ陣編集

選手編集

No. 選手 P 生年月日 チーム
4 リンジー・ウェイレン G 1982/05/09 ミネソタ・リンクス
5 アスジャ・ジョーンズ F 1980/08/01 コネティカット・サン
6 スー・バード G 1980/10/16 シアトル・ストーム
7 キャンディス・デュプリー F 1984/08/16 フェニックス・マーキュリー
8 エンジェル・マコートリー F 1986/09/10 アトランタ・ドリーム
9 ジェーン・アペル C 1988/05/14 サンアントニオ・シルバースターズ
10 タミカ・キャッチングズ F 1979/07/21 インディアナ・フィーバー
11 スウィン・キャッシュ F 1979/09/22 シアトル・ストーム
12 ダイアナ・トーラジ G/F 1982/06/11 フェニックス・マーキュリー
13 シルビア・ファウルス C 1985/10/06 シカゴ・スカイ
14 マヤ・ムーア F 1989/06/11 コネティカット大学
15 ティナ・チャールズ C 1988/12/05 コネティカット・サン

主な歴代選手編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集