本来の表記は「[2.2.2]プロペラン」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

[2.2.2]プロペラン(2.2.2-Propellane)は、プロペランの仲間の有機化合物である。正式名称はトリシクロ[2.2.2.01,4]オクタン、である。化学式C8H12またはC2(=C2H4)3炭化水素で、それぞれ4つの炭素原子から構成され、1つのC-C結合を共有する3つの環を持つ。

[2.2.2]プロペラン
識別情報
CAS登録番号 36120-88-4 チェック
特性
化学式 C8H12
モル質量 108.18 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

この化合物は、[1.1.1]プロペランほどではないが、不安定である。共有炭素の結合角は、かなり歪んでおり、そのうち3つは90°に近く、他の3つは120°である。ひずみエネルギーは、93 kcal/mol (390 kJ/mol)と推定される。

合成編集

[2.2.2]プロペランは、1973年に、先にキュバンを合成していたフィリップ・イートンのグループによって[1]、下記の方法で初めて合成された。

 

この合成は、エチレンシクロヘキサン誘導体1への光化学[2+2]環化付加反応により、二環式化合物2を生成するところから始まり、続いて、カリウム tert-ブトキシドによる酢酸脱離反応によってシクロブテン3が生成する。その後、二度目のエチレンの環化付加反応により化合物4となる。この化合物は、酢酸とナトリウムメトキシドを用いた脱プロトン化p-トルエンスルホニルアジドとの反応によってジアゾケトン5となり、さらにウルフ転位によってケトン6となる。オゾン酸化によってケトン7が生成し、さらに二度目のジアゾ化によってケトン8が生じる。これは、二度目のウルフ転位によってケトン9となる。ジメチルアミンとの反応によって、ジメチルアミド置換基のついた[2.2.2]プロペランの骨格10が得られる。

最終生成物10は、室温での半減期28分で。溶液中で自発的に異性化し、単環アミド11となる。

誘導体編集

高度にフッ素化された[2.2.2]プロペランがデヴィッド・レマルのグループにより合成された[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Philip E. Eaton and George H. Temme (1973), [2.2.2]Propellane system J. Am. Chem. Soc., volume 95 issue 22, pp. 7508–7510; doi:10.1021/ja00803a052
  2. ^ Zhang, Y.; Smith, J.R.; Lemal, D.M. (1996) "Octafluorobicyclo[2.2.0]hex-1(4)-ene: A Greatly Strained Alkene with Novel Reactivity" J. Amer. Chem. Soc., volume 39, page 9454. doi:10.1021/ja961656o