2002年のワールドシリーズ

メジャーリーグベースボールの第98回優勝決定シリーズ

2002年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第98回ワールドシリーズ(98th World Series)は、10月19日から27日にかけて計7試合が開催された。その結果、アナハイム・エンゼルスアメリカンリーグ)がサンフランシスコ・ジャイアンツナショナルリーグ)を4勝3敗で下し、球団創設42年目で初の優勝を果たした。

2002年ワールドシリーズ
President George W. Bush Congratulates Anaheim Angels.jpg
2003年5月にホワイトハウスを表敬訪問し、当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュ(中央)に面会したエンゼルスの選手たち
チーム 勝数
アナハイム・エンゼルスAL 4
サンフランシスコ・ジャイアンツNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月19日–27日
観客動員 7試合合計:30万6414人
1試合平均:04万3773人
MVP トロイ・グロース(ANA)
ALCS ANA 4–1 MIN
NLCS SF 4–1 STL
チーム情報
アナハイム・エンゼルス(ANA)
シリーズ出場 球団創設42年目で初
GM ビル・ストーンマン
監督 マイク・ソーシア
シーズン成績 99勝63敗・勝率.611
AL西地区2位=ワイルドカード
分配金 選手1人あたり27万2147.47ドル[1]

サンフランシスコ・ジャイアンツ(SF)
シリーズ出場 13年ぶり17回目
GM ブライアン・セイビアン
監督 ダスティ・ベイカー
シーズン成績 95勝66敗・勝率.590
NL西地区2位=ワイルドカード
分配金 選手1人あたり18万6185.62ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 FOX
実況 ジョー・バック
解説 ティム・マッカーバー
平均視聴率 11.9%(前年比3.8ポイント下降)[2]
ワールドシリーズ
 < 2001 2003 > 

地区優勝を逃した中で最も勝率の高い球団にポストシーズン出場枠を与える "ワイルドカード" が1995年に導入されて以来、ワールドシリーズでワイルドカード球団どうしが対戦するのは今回が初めて[3]。ジャイアンツが3勝2敗と優勝へ先に王手をかけ、第6戦でも一時は5-0としたが、エンゼルスは7回裏・8回裏の2イニングで3点ずつ奪って逆転でその試合を制し、続く最終第7戦にも勝利して優勝を決めた。負ければ敗退決定の試合で5点差を逆転したのは、第6戦のエンゼルスがシリーズ史上初だった[4]。両チーム7試合合計で85得点・21本塁打・45長打は全てシリーズ新記録である[5]シリーズMVPには、第6戦の8回裏に逆転・決勝の適時二塁打を放つなど、7試合で打率.385・3本塁打・8打点OPS 1.313という成績を残したエンゼルスのトロイ・グロースが選出された。

ジャイアンツの新庄剛志は第1戦に9番・指名打者で先発し、ワールドシリーズで試合に出場した初の日本人選手となった。1998年には伊良部秀輝ニューヨーク・ヤンキースロースター入りしていたが出場機会がなく、実際に試合に出場したのは新庄が初である[6]

両チームの過去の対戦編集

1997年から始まったレギュラーシーズン中のインターリーグでは、同年から2001年までの5年連続で計16試合が組まれており、ジャイアンツが11勝5敗で勝ち越している[7]。直近の対戦は2001年6月にジャイアンツの本拠地パシフィック・ベル・パークで3連戦が行われ、ジャイアンツが3連勝のいわゆる "スウィープ" を果たした。

試合結果編集

2002年のワールドシリーズは10月19日に開幕し、途中に移動日を挟んで9日間で7試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月19日(土) 第1戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 4-3 アナハイム・エンゼルス エディソン・インター
ナショナル・フィールド
10月20日(日) 第2戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 10-11 アナハイム・エンゼルス
10月21日(月) 移動日
10月22日(火) 第3戦 アナハイム・エンゼルス 10-4 サンフランシスコ・ジャイアンツ パシフィック・ベル・パーク
10月23日(水) 第4戦 アナハイム・エンゼルス 3-4 サンフランシスコ・ジャイアンツ
10月24日(木) 第5戦 アナハイム・エンゼルス 4-16 サンフランシスコ・ジャイアンツ
10月25日(金) 移動日
10月26日(土) 第6戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 5-6 アナハイム・エンゼルス エディソン・インター
ナショナル・フィールド
10月27日(日) 第7戦 サンフランシスコ・ジャイアンツ 1-4 アナハイム・エンゼルス
優勝:アナハイム・エンゼルス(4勝3敗 / 球団創設42年目で初)

第1戦 10月19日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回表、先頭打者バリー・ボンズの本塁打でジャイアンツが先制(1分11秒)
  次打者アウトのあと、レジー・サンダースもソロ本塁打を放ちジャイアンツが2点目を挙げる(52秒)
  エンゼルスのトロイ・グロースが2回裏と6回裏にそれぞれソロ本塁打を放つ(1分24秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 2 0 0 0 2 0 0 0 4 6 0
アナハイム・エンゼルス 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 9 0
  1. : ジェイソン・シュミット(1勝)  : ジャロッド・ウォッシュバーン(1敗)  S: ロブ・ネン(1S)  
  2. 本塁打:  SF – バリー・ボンズ1号ソロ、レジー・サンダース1号ソロ、J.T.スノー1号2ラン  ANA – トロイ・グロース1号ソロ・2号ソロ
  3. 審判:球審…ジェリー・クロフォード、塁審…一塁: エンジェル・ヘルナンデス、二塁: ティム・チダ、三塁: マイク・ウィンタース、外審…左翼: マイク・ライリー、右翼: ティム・マクレランド
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時6分 試合時間: 3時間44分 観客: 4万4603人 気温: 71°F(21.7°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ アナハイム・エンゼルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 D・エクスタイン
2 R・オーリリア 2 D・アースタッド
3 J・ケント 3 T・サーモン
4 B・ボンズ 4 G・アンダーソン
5 B・サンティアゴ 5 T・グロース
6 R・サンダース 6 DH B・フルマー
7 J・スノー 7 S・スピージオ
8 D・ベル 8 B・モリーナ
9 DH 新庄剛志 9 A・ケネディ
先発投手 投球 先発投手 投球
J・シュミット J・ウォッシュバーン

第2戦 10月20日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏一死一・三塁でエンゼルスが重盗を仕掛け、三塁走者ブラッド・フルマーが生還し5点目のホームを踏む(43秒)
  2回表、ジャイアンツがレジー・サンダースとデビッド・ベルの連続本塁打で4点を奪い1点差に迫る(1分45秒)
  エンゼルスのティム・サーモンが2回裏に2点本塁打、8回裏に勝ち越しの2点本塁打で4打点を挙げる(51秒)
  9回表、バリー・ボンズがトロイ・パーシバルからソロ本塁打を放ちジャイアンツが1点差に詰め寄る(1分17秒)
  パーシバルは次打者ベニート・サンティアゴを二飛に打ち取り試合終了、エンゼルスが1勝1敗のタイに(1分28秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 4 1 0 4 0 0 0 1 10 12 1
アナハイム・エンゼルス 5 2 0 0 1 1 0 2 X 11 16 1
  1. : フランシスコ・ロドリゲス(1勝)  : フェリックス・ロドリゲス(1敗)  S: トロイ・パーシバル(1S)  
  2. 本塁打:  SF – レジー・サンダース2号3ラン、デビッド・ベル1号ソロ、ジェフ・ケント1号ソロ、バリー・ボンズ2号ソロ  ANA – ティム・サーモン1号2ラン・2号2ラン
  3. 審判:球審…エンジェル・ヘルナンデス、塁審…一塁: ティム・チダ、二塁: マイク・ウィンタース、三塁: マイク・ライリー、外審…左翼: ティム・マクレランド、右翼: ジェリー・クロフォード
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時6分 試合時間: 3時間57分 観客: 4万4584人 気温: 72°F(22.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ アナハイム・エンゼルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 D・エクスタイン
2 R・オーリリア 2 D・アースタッド
3 J・ケント 3 T・サーモン
4 B・ボンズ 4 G・アンダーソン
5 B・サンティアゴ 5 T・グロース
6 J・スノー 6 DH B・フルマー
7 R・サンダース 7 S・スピージオ
8 D・ベル 8 B・モリーナ
9 DH S・ダンストン 9 A・ケネディ
先発投手 投球 先発投手 投球
R・オルティス K・エイピアー

第3戦 10月22日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  5回裏、バリー・ボンズの2点本塁打でジャイアンツが点差を4点に縮める(1分47秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アナハイム・エンゼルス 0 0 4 4 0 1 0 1 0 10 16 0
サンフランシスコ・ジャイアンツ 1 0 0 0 3 0 0 0 0 4 6 2
  1. : ラモン・オルティズ(1勝)  : リバン・ヘルナンデス(1敗)  
  2. 本塁打:  SF – リッチ・オーリリア1号ソロ、バリー・ボンズ3号2ラン
  3. 審判:球審…ティム・チダ、塁審…一塁: マイク・ウィンタース、二塁: マイク・ライリー、三塁: ティム・マクレランド、外審…左翼: ジェリー・クロフォード、右翼: エンジェル・ヘルナンデス
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時31分 試合時間: 3時間37分 観客: 4万2707人 気温: 57°F(13.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
アナハイム・エンゼルス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・エクスタイン 1 K・ロフトン
2 D・アースタッド 2 R・オーリリア
3 T・サーモン 3 J・ケント
4 G・アンダーソン 4 B・ボンズ
5 T・グロース 5 B・サンティアゴ
6 S・スピージオ 6 J・スノー
7 A・ケネディ 7 R・サンダース
8 B・モリーナ 8 D・ベル
9 R・オルティズ 9 L・ヘルナンデス
先発投手 投球 先発投手 投球
R・オルティズ L・ヘルナンデス

第4戦 10月23日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  3回表、トロイ・グロースの2点本塁打でエンゼルスが点差を3点に広げる(52秒)
  8回裏、デビッド・ベルの適時打でジャイアンツが勝ち越し点を奪う(1分13秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アナハイム・エンゼルス 0 1 2 0 0 0 0 0 0 3 10 1
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 0 0 0 3 0 0 1 X 4 12 1
  1. : ティム・ウォーレル(1勝)  : フランシスコ・ロドリゲス(1勝1敗)  S: ロブ・ネン(2S)  
  2. 本塁打:  ANA – トロイ・グロース3号2ラン
  3. 審判:球審…マイク・ウィンタース、塁審…一塁: マイク・ライリー、二塁: ティム・マクレランド、三塁: ジェリー・クロフォード、外審…左翼: エンジェル・ヘルナンデス、右翼: ティム・チダ
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時39分 試合時間: 3時間2分 観客: 4万2703人 気温: 56°F(13.3°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
アナハイム・エンゼルス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・エクスタイン 1 K・ロフトン
2 D・アースタッド 2 R・オーリリア
3 T・サーモン 3 J・ケント
4 G・アンダーソン 4 B・ボンズ
5 T・グロース 5 B・サンティアゴ
6 S・スピージオ 6 J・スノー
7 B・ギル 7 R・サンダース
8 B・モリーナ 8 D・ベル
9 J・ラッキー 9 K・ルーター
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ラッキー K・ルーター

第5戦 10月24日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、バリー・ボンズの適時二塁打でジャイアンツが1点を先制(59秒)
  ジャイアンツのジェフ・ケントが6回裏と7回裏にそれぞれ2点本塁打を放つ(1分31秒)
  7回裏、ジャイアンツのケニー・ロフトンが適時三塁打。三塁走者J.T.スノーは、監督ダスティ・ベイカーの3歳の息子がバットボーイとして本塁に近づいてきたところを抱きかかえ、二塁走者デビッド・ベルとの衝突を防ぐ(45秒)
  8回裏、リッチ・オーリリアの3点本塁打でジャイアンツが16点目を挙げる(57秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アナハイム・エンゼルス 0 0 0 0 3 1 0 0 0 4 10 2
サンフランシスコ・ジャイアンツ 3 3 0 0 0 2 4 4 X 16 16 0
  1. : チャド・ザービー(1勝)  : ジャロッド・ウォッシュバーン(2敗)  
  2. 本塁打:  SF – ジェフ・ケント2号2ラン・3号2ラン、リッチ・オーリリア2号3ラン
  3. 審判:球審…マイク・ライリー、塁審…一塁: ティム・マクレランド、二塁: ジェリー・クロフォード、三塁: エンジェル・ヘルナンデス、外審…左翼: ティム・チダ、右翼: マイク・ウィンタース
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時23分 試合時間: 3時間53分 観客: 4万2713人 気温: 58°F(14.4°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
アナハイム・エンゼルス サンフランシスコ・ジャイアンツ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・エクスタイン 1 K・ロフトン
2 D・アースタッド 2 R・オーリリア
3 T・サーモン 3 J・ケント
4 G・アンダーソン 4 B・ボンズ
5 T・グロース 5 B・サンティアゴ
6 S・スピージオ 6 R・サンダース
7 A・ケネディ 7 J・スノー
8 B・モリーナ 8 D・ベル
9 J・ウォッシュバーン 9 J・シュミット
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ウォッシュバーン J・シュミット

第6戦 10月26日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  ブライアン・マックナイトによる試合前のアメリカ合衆国国歌『星条旗』独唱(1分53秒)
  6回表、先頭打者バリー・ボンズの本塁打でジャイアンツがリードを4点に広げる(1分3秒)
  7回裏、スコット・スピージオの3点本塁打でエンゼルスが2点差に詰め寄る(1分3秒)
  8回表、エンゼルスの3番手投手ブレンダン・ドネリーが無失点に封じる(45秒)
  その裏、先頭打者ダリン・アースタッドの本塁打でエンゼルスが1点差に迫る(1分)
  そのあと無死二・三塁となり、トロイ・グロースの適時二塁打で2走者が生還してエンゼルスが逆転(1分17秒)
  9回表、トロイ・パーシバルがリッチ・オーリリアを空振り三振に仕留めて試合終了、エンゼルスの勝利でシリーズは最終第7戦へ(1分23秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 0 0 0 3 1 1 0 0 5 8 1
アナハイム・エンゼルス 0 0 0 0 0 0 3 3 X 6 10 1
  1. : ブレンダン・ドネリー(1勝)  : ティム・ウォーレル(1勝1敗)  S: トロイ・パーシバル(2S)  
  2. 本塁打:  SF – ショーン・ダンストン1号2ラン、バリー・ボンズ4号ソロ  ANA – スコット・スピージオ1号3ラン、ダリン・アースタッド1号ソロ
  3. 審判:球審…ティム・マクレランド、塁審…一塁: ジェリー・クロフォード、二塁: エンジェル・ヘルナンデス、三塁: ティム・チダ、外審…左翼: マイク・ウィンタース、右翼: マイク・ライリー
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後4時59分 試合時間: 3時間48分 観客: 4万4506人 気温: 66°F(18.9°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ アナハイム・エンゼルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 D・エクスタイン
2 R・オーリリア 2 D・アースタッド
3 J・ケント 3 T・サーモン
4 B・ボンズ 4 G・アンダーソン
5 B・サンティアゴ 5 T・グロース
6 J・スノー 6 DH B・フルマー
7 R・サンダース 7 S・スピージオ
8 D・ベル 8 B・モリーナ
9 DH S・ダンストン 9 A・ケネディ
先発投手 投球 先発投手 投球
R・オルティス K・エイピアー

第7戦 10月27日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  2回裏、ベンジー・モリーナの適時二塁打でエンゼルスが同点に追いつく(49秒)
  3回裏、ギャレット・アンダーソンが満塁走者一掃の二塁打を放ちエンゼルスが勝ち越し(1分25秒)
  エンゼルスの先発投手ジョン・ラッキーはジャイアンツ打線を5回1失点に封じる(1分23秒)
  5回表、デビッド・ベルの左中間への打球を中堅手ダリン・アースタッドがダイビングキャッチでアウトにする(48秒)
  エンゼルスの2番手投手ブレンダン・ドネリーが、6回表からの2イニングを無失点に抑える(1分27秒)
  8回表、ドネリーからマウンドを引き継いだフランシスコ・ロドリゲスが、3つのアウトを全て空振り三振で奪い無失点で終える(51秒)
  9回表、トロイ・パーシバルがケニー・ロフトンを中飛に打ち取り試合終了、エンゼルスの優勝が決定(1分56秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
サンフランシスコ・ジャイアンツ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
アナハイム・エンゼルス 0 1 3 0 0 0 0 0 X 4 5 0
  1. : ジョン・ラッキー(2勝)  : リバン・ヘルナンデス(2敗)  S: トロイ・パーシバル(3S)  
  2. 審判:球審…ジェリー・クロフォード、塁審…一塁: エンジェル・ヘルナンデス、二塁: ティム・チダ、三塁: マイク・ウィンタース、外審…左翼: マイク・ライリー、右翼: ティム・マクレランド
  3. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後5時3分 試合時間: 3時間16分 観客: 4万4598人 気温: 63°F(17.2°C)
    詳細: MLB.com Gameday / ESPN.com / Baseball-Reference.com / Fangraphs
両チームの先発ラインナップ
サンフランシスコ・ジャイアンツ アナハイム・エンゼルス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 K・ロフトン 1 D・エクスタイン
2 R・オーリリア 2 D・アースタッド
3 J・ケント 3 T・サーモン
4 B・ボンズ 4 G・アンダーソン
5 B・サンティアゴ 5 T・グロース
6 J・スノー 6 DH B・フルマー
7 R・サンダース 7 S・スピージオ
8 D・ベル 8 B・モリーナ
9 DH P・フェリス 9 A・ケネディ
先発投手 投球 先発投手 投球
L・ヘルナンデス J・ラッキー

脚注編集

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2020年6月14日閲覧。
  2. ^ "World Series Television Ratings," Baseball Almanac. 2020年6月14日閲覧。
  3. ^ Murray Chass, "BASEBALL; Wild-Card Series: A New Paradigm For an Old Game," The New York Times, October 16, 2002. 2020年6月14日閲覧。
  4. ^ Jack Curry, "BASEBALL; Angels' Comeback Forces Game 7," The New York Times, October 27, 2002. 2020年6月14日閲覧。
  5. ^ Paul Sullivan, Tribune staff reporter, "Angels with rings," Chicago Tribune, October 28, 2002. 2020年6月14日閲覧。
  6. ^ 上原 3年越しリベンジだ 11年登録外、カ軍と "再戦"」 『スポニチ Sponichi Annex』、2013年10月24日。2020年6月14日閲覧。
  7. ^ "ANA vs. SFG from 1997 to 2002 Head-to-Head Records," Baseball-Reference.com. 2020年6月14日閲覧。

外部リンク編集