メインメニューを開く

概要編集

単に「ロースター」と言った場合は通常、負傷者リスト・育休リスト・忌引リスト等に入っており一時的に試合出場停止となっている選手も含まれる。これらの選手を除いた、実際に試合でプレー可能な選手枠はアクティブ・ロースター (: active roster) と呼ばれる。

2019年以前編集

ロースターの詳細規定は、2020年シーズンから大きく変更されている。2019年以前と比較した変更点は以下のとおり[1]。それぞれ後述する。

  • 25人枠 → 26人枠 へ拡大
  • セプテンバー・コールアップ中のアクティブ・ロースター枠を「最大40人」→「28人」へ縮小
  • アクティブ・ロースターの選手を「投手」「野手」「二刀流」に明確に区分する(新ルール)

26人枠と40人枠編集

26人枠 (: 26-man roster) とは、MLB公式戦に出場できる選手枠のこと。レギュラーシーズン開幕から8月31日までの公式戦、およびポストシーズン中は26人枠が自動的にアクティブ・ロースターとなり、この26人で各試合の選手起用をやり繰りする必要がある。

40人枠 (: 40-man roster) とは、MLB各球団が直接支配下に置く40人の選手枠のこと。拡大ロースター (: expanded roster) とも呼ばれる。26人枠の選手は全員が40人枠に含まれ、40人枠の選手は全員がメジャー契約[2]を結ぶ。ポストシーズンゲーム出場には原則として8月31日時点で当該チームの40人枠内に入っている必要がある[3][注釈 1]。また12月に開催されるルール5ドラフトにおいて、40人枠の選手は指名対象外となる。

8月31日までの間、26人枠に含まれない40人枠内の選手は、40人枠外のマイナー契約[2]選手たちと共にマイナーリーグの試合に出場しながら、26人枠の選手との入れ替わりでメジャー昇格 (: Call-up) する機会を待つことになる。

なおMLB在籍期間(MLS)[注釈 2]が5年以上の選手はマイナー降格: Option - 40人枠に残したまま26人枠から選手を外す処置)に対する拒否権を持つ[注釈 3]。また、新たな選手を40人枠に登録する場合は、40人枠内の任意選手にDFAの措置をして40人枠から外すか、負傷者リスト(60日)を利用することによって枠を空ける必要がある。

セプテンバー・コールアップ編集

9月1日以降のレギュラーシーズン中はアクティブ・ロースターの枠が28人に拡大される[1](登録28人未満は不可)[5]。これをセプテンバー・コールアップ (: September call-up) と呼ぶ。なお9月1日以降でも、マイナー契約選手はまず40人枠に入らない限りアクティブ・ロースター入りの可能性はない。

ダブルヘッダーに伴う追加登録枠編集

2012年シーズンから、昼と夜に分かれて行われる48時間以上前に開催が決まった8月31日までのダブルヘッダー開催日に限り、アクティブ・ロースターに選手を1人追加登録することが可能となった[6]

選手区分編集

各選手がそのシーズンで初めてMLBのアクティブ・ロースターに登録される際、各チームはその選手を「Pitcher(投手)」「Position Player(野手)」「Two-Way Player(二刀流)」のいずれかに区分しなければならない。各区分の条件や制約などは以下のとおり。[1][7]

  • Pitcher(投手)
    • アクティブ・ロースターに13人以内(ダブルヘッダー追加登録時、または9月1日以降は14人以内)
    • 野手や指名打者として出場することに制限なし
    • 「野手」区分への変更は、当シーズン終了まで不可
  • Position Player(野手)
    • 以下のいずれかに該当する状況でのみ、投手として公式戦に登板できる。
      1. 延長戦
      2. 6点差以上開いている
    • 「投手」区分への変更は、当シーズン終了まで不可
  • Two-Way Player(二刀流)
    • 当シーズン内(または直前1シーズン内)で以下を共に満たした選手は自動的に"Two-Way Player(二刀流)"区分となり、人数計算上「投手/野手」の区分から外れ、投手/野手いずれでも制限なく出場できる。
      1. 投手として20イニング以上投げている
      2. 野手または指名打者として先発出場し、且つ3打席以上を記録した試合が20以上ある
    • 取得した"Two-Way Player"区分は当シーズン終了まで有効。翌シーズン以降は再び上記条件を満たしていることが必要。

MLB公式サイトは「"Two-Way Player"区分の選手がいるチームは、投手を余分にアクティブ・ロースターへ登録できるメリットが得られる[注釈 4]」と解説し、「本ルールの新設時点(2019年当初)で真のTwo-Way Playerは大谷翔平ただ一人だ」と評価した[7]

マイナー・オプションとマイナー降格編集

『マイナー・オプション』とは、MLBの40人枠内(26人枠外)で球団が有望選手を飼い殺すことを防ぐために設けられた規定。MLB規約の第11条で述べられている[8]。選手は、キャリアで初めて40人枠に登録された際に『マイナー・オプション』を3シーズン分与えられ、以下のとおり運用される[9]

  • 球団が、選手を40人枠に残したまま26人枠から外した場合(マイナー降格 - : Option)、オプションが発動したとみなされる。また、シーズン開幕の26人枠に入れなかった40人枠の選手もオプションが発動したとみなされる。
  • オプション発動中の選手に対しては、球団は当年シーズン終了までの間、26人枠と40人枠間でその選手を何度でも自由に昇降格させることができる。
    • なお、マイナー降格した選手は原則、マイナーで10日間(投手は15日間)を経てからでないと再昇格 (: Recall) させることができない[注釈 5][10]
  • シーズン終了時、同シーズンでのマイナー降格期間が合計20日以上だったオプション発動選手は、1シーズン分のマイナー・オプションを消費する[11]
    • 例外として、長期負傷選手(同シーズン中、負傷者リストに登録されていなかった期間が30日未満の選手)は、マイナー・オプションを消費しない。
    • また、プロ在籍5年[注釈 6]に達する前に3シーズン分のマイナー・オプションを消費し終えた選手には、1シーズン分のマイナー・オプションが追加で与えられる[9][12]

マイナー・オプションを使い果たした選手に対し、球団は自由にマイナー降格させることができなくなる。もしアクティブ・ロースターから外したい場合は、前述のマイナー降格拒否権を持つ選手のケースと同じく「DFAの措置をして40人枠からも外す(DFA後、トレードまたはウェイバー公示を行う必要があり、公示中に他球団から獲得申込みがあった場合はその選手を放出しなければならないリスクがある)[注釈 7]」または「負傷者リストの利用」、あるいは放出といった手段を用いる必要がある。マイナー・オプション数は、チーム移籍やDFA・自由契約などによっても回復することはない。[10]

以上から、3シーズンを超えて特定選手を26人枠外(40人枠内)で保有し続けることは困難なルールとなっている。

登録リスト編集

ロースター内の選手が特定の理由により試合出場不可能となった場合、以下の各種リストに登録することで該当選手はロースターの人数勘定から外れる。これにより枠が空き、代替選手を40人枠や傘下マイナー組織などから補充することができる。なお代替選手の登録や再降格に際しては特別な優遇措置は無く、通常と同じくCall-up/Option等の手順を踏む必要がある。

負傷者リスト (Injured List)編集

「10日間ILまたは15日間IL」に登録中の間、選手はアクティブ・ロースターの人数勘定から外れる(他選手をアクティブ・ロースターに補充することができる)。「60日間IL」に登録中の間、選手は更に40人枠の人数勘定からも外れる(他選手を40人枠に加えることができる)。

忌引リスト (Bereavement list)編集

アクティブ・ロースターの選手および配偶者の肉親に不幸があった場合に、忌引リスト (: Bereavement list) を適用できる。適用された選手は最低3試合・最高7試合欠場となる。その間は40人枠の他選手をアクティブ・ロースターに補充することができる。

育休リスト (Paternity List)編集

育休リスト (: Paternity list) は2011年シーズンから導入された。アクティブ・ロースターの選手が家族の出産に立ち会う、産後に母子の世話をするなどの理由で24時間から72時間の一時離脱が許可され、離脱中は40人枠の他選手をアクティブ・ロースターに補充することが可能になった。MLBでは家族の出産に立ち会うため試合を休む選手は珍しくないが、この制度が出来るまでは代替選手の登録などは不可能だった。

初適用は、2011年4月15日レンジャーズコルビー・ルイスで、第2子の出産後にチームから一時離れた[13][14]

制限リスト (Restricted List)編集

薬物規定違反や事件関与などによりMLB機構から出場停止処分を科された選手は、自動的に制限リスト (: Restricted list) に登録される。また、選手の私的な事情(卒業まで学業優先、選手からの休職要望、行方不明、チーム内での不祥事や揉め事、など)により、各チームが選手を制限リストに登録する場合がある。登録された選手はロースターから外れ、登録されている期間の日数はMLSに加算されず、球団側に賃金の支払い義務も発生しない。加えて、選手はチーム帯同や練習への参加、チーム保有施設の利用も制限されるが、選手の保留権は球団が引き続き保持した状態となる。[15]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし、8月31日の時点で60日間の負傷者リスト入りした日から60日以上経過している選手がいる場合は、その選手の代わりに8月31日に40人枠に入っていない選手の登録をコミッショナー事務局に請願できる。2014年のポストシーズンにブランドン・フィネガンがこの例外を適用した[3]。また、2014年までは、8月31日時点で当該チームの25人枠に入っていないとポストシーズンには原則出場できなかった(負傷者リスト入り選手発生時には40人枠の選手が代替出場可能)が、2015年から本文記載の規定に変更された[4]
  2. ^ MLSはレギュラーシーズン中、その選手がアクティブ・ロースター(負傷者リスト登録中期間や各種出場停止期間も含む)に登録されていた日数をもとに算出され、年間172日以上の登録でMLS1年 (MLS=1.000) 換算となる。表記上は1日でMLS=0.001、171日で0.171、172日で小数点が繰り上がり1.000となる。
  3. ^ このため、マイナー降格させられない選手をアクティブ・ロースターから外したい場合はDFA、負傷者リストの利用、解雇といった手段で枠を空けることになる。
  4. ^ MLB公式サイト (David Adler) は「Two-Way Playerを作りたい場合、まずは投手枠で登録し、試合出場を重ねるのが妥当な手段になる。しかし投手力がMLBレベルに達していない未熟な選手の場合、Two-Way Player区分を取得するまでの間はチームの投手枠を1人分圧迫することになるため、真に有能でないTwo-Way Player候補選手はその価値を失う」という旨の解説もしている。
  5. ^ アクティブ・ロースターの選手の負傷者リスト入りに伴って代替選手を補充する場合、またはダブルヘッダーでの追加登録枠として選手が昇格する場合に限り、マイナー降格後の経過日数にかかわらず即再昇格させることが可能。
  6. ^ 各年において、メジャーリーグおよび傘下マイナーリーグ各フェイズでアクティブ・ロースター入りしていた日数の総和が90日間以上だった場合、プロ在籍1年とみなされる。
  7. ^ なお、40人枠から外れた選手は同じく飼い殺し対策として制定されたルール5ドラフト(12月開催)において他球団から指名される可能性が発生する。

出典編集

  1. ^ a b c Katherine Acquavella (2019年3月14日). “MLB announces multiple rule changes for 2019, 2020 seasons” (英語). CBS Sports. https://www.cbssports.com/mlb/news/mlb-announces-multiple-rule-changes-for-2019-2020-seasons-including-single-trade-deadline-expanded-rosters-and-more/ 2019年10月30日閲覧。 
  2. ^ a b 40人枠(メジャー契約)と、40人枠外(マイナー契約)では最低保証年俸に大きな差がある。2020年時点で、40人枠選手の最低保証年俸は46,000 - 91,800ドル、更に26人枠入りしていれば563,500ドル。マイナー契約では10,000ドル未満となることも。Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2019年12月4日閲覧。 / “あまりの格差に3A選手が給料明細公開 年俸約88万円が米で話題「夢へと近づく一方で…」”. Full-Count. (2019年10月9日). https://full-count.jp/2019/10/09/post566270/ 2019年10月9日閲覧。 
  3. ^ a b Glossary / Transactions / Postseason Eligibility” (英語). MLB.com. 2017年6月13日閲覧。
  4. ^ 今季から変わったプレーオフの出場資格”. BASEBALLKING(株式会社フロムワン) (2015年10月5日). 2016年10月7日閲覧。
  5. ^ Anthony Castrovince (2019年3月14日). “Rule changes coming this year and next” (英語). MLB.COM. https://www.mlb.com/news/mlb-rules-changes 2019年10月30日閲覧。 
  6. ^ Jayson Stark (2011年11月22日). “How the new CBA changes baseball” (英語). ESPN. http://espn.go.com/mlb/story/_/id/7270203/baseball-new-labor-deal-truly-historic-one 2011年11月23日閲覧。 
  7. ^ a b David Adler (2019年3月15日). “The new two-way player rule, explained” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/two-way-player-rule-explanation 2019年10月30日閲覧。 
  8. ^ THE OFFICIAL PROFESSIONAL BASEBALL RULES BOOK (RULE 11—Optional Agreements) (PDF)”. p. 80. 2018年1月25日閲覧。
  9. ^ a b 'Options' abound: Common term explained”. en:MLB.com (2011年3月30日). 2018年1月25日閲覧。
  10. ^ a b Player Options”. FanGraphs. 2016年4月23日閲覧。
  11. ^ Natsuki Une (2014年4月18日). “選手の飼い殺しを防ぐ「マイナー・オプション」”. GYAO!. 2014年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月11日閲覧。
  12. ^ Natsuki Une (2016年4月25日). “カブス川﨑が、今季もウェーバーを経由しないで降格される理由”. ベースボールチャンネル. 2016年4月25日閲覧。
  13. ^ “元広島のルイス 愛娘誕生で「育休リスト」入り第1号”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2011年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/04/17/kiji/K20110417000642500.html 
  14. ^ “元広島ルイス、大リーグ初「育休」”. 日刊スポーツ. (2011年4月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20110417-762272.html 
  15. ^ Restricted list - BR Bullpen”. en:Baseball-Reference.com. 2016年4月23日閲覧。

関連項目編集