2004年バスケットボール女子アジア選手権

2004年FIBAアジア女子バスケットボール選手権(The 20th FIBA Asia Championship for Women)は、日本仙台市体育館で開催された第20回FIBAアジア女子バスケットボール選手権大会1月13日から19日までの期間で開催された。ジャパンエナジー特別協賛。仙台での開催は1994年大会以来10年ぶり。

2004年女子アジア選手権
第20.5回バスケットボール女子アジア選手権
公式サイト
2004 FIBA Asia Championship for Women
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 1月13–19日
チーム数 9チーム (44連盟)
会場 1会場 (1都市)
優勝  中国 (8回目)
MVP 中華人民共和国の旗 苗立杰
詳細
選手 チーム
PPG マレーシアの旗 Chow S.F. (22.3)  中国 (96.7)
リバウンド インドの旗 Sam (16.7)  インド (57.7)
アシスト 香港の旗 Wong Y.K. (4.3)  韓国 (21.7)
2001
2005

アジアからのオリンピック出場枠が3に復活し(2000年シドニーオリンピックでは1だった)、日本は中国韓国のアジア2強に次ぐ、3位に入ることが現実的な目標であったが、韓国との準決勝で矢野良子が34点あげるなどし、2度にわたる延長という死闘を制した。この試合は、1995年アトランタオリンピック出場を決めたチャイニーズタイペイ戦の"静岡の奇跡"にならい、"仙台の奇跡"と呼ばれる。決勝では惜しくも中国に敗れ、優勝はならなかった。

中国が2大会連続8回目の優勝を飾った。中国・日本・韓国がアテネオリンピックへの出場権を獲得した。

出場国編集

9の国と地域が出場。

レヴェルI編集

レヴェルII編集

リーグ編集

レヴェルI予選リーグ編集

Team 勝点 試合数 得点 失点
  韓国 8 4 4 0 378 257
  中国 7 4 3 1 385 308
  中華台北 6 4 2 2 321 314
  日本 5 4 1 3 356 328
  タイ 4 4 0 4 250 483

1月13日

1月14日

  韓国 120-54   タイ
  中国 100-79   日本
  中華台北 62-89   中国
  日本 67-99   韓国

1月15日

1月16日

  タイ 45-128   日本
  韓国 79-59   中華台北
  中華台北 116-64   タイ
  中国 77-80
(OT)
  韓国

1月17日

  タイ 87-119   中国
  日本 82-84
(OT)
  中華台北

レヴェルII決勝リーグ編集

Team 勝点 試合数 得点 失点
  マレーシア 6 3 3 0 266 191
  インド 5 3 2 1 236 217
  フィリピン 4 3 1 2 178 182
  香港 3 3 0 3 173 263

決勝トーナメント・順位決定戦編集

レヴェルI決勝トーナメント編集

レヴェルI上位4ヶ国で対戦。

準決勝 決勝
           
1月18日 17:00-    
   中国 103
   中華台北 53  
  1月19日 19:00-
   中国 92
     日本 80
 
3位決定戦
1月18日 19:00- 1月19日 17:00-
   韓国 72    中華台北 59
   日本 81      韓国 88

最終結果編集

レヴェルI編集

順位
1   中国
2   日本
3   韓国
4   中華台北
5   タイ

レヴェルII編集

順位
1   インド
2   マレーシア
3   フィリピン
4   香港

個人賞編集

備考編集

当初の予定では2003年6月に開催されることになっていたが、新型肺炎SARSの影響で2004年1月に順延された。

関連項目編集

外部リンク編集