メインメニューを開く

2008年ブータン総選挙(2008ねんブータンそうせんきょ)は、ブータン2008年3月24日に施行された国民議会総選挙である[1]。普通選挙を初めて導入した。

2008年ブータン総選挙
ブータン
2008年3月24日
→ 2013年

国民議会 全47議席
投票率 79.38%
  第1党 第2党
  Jigme Thinley (cropped).jpg Sangay Ngedup 2005.jpg
党首 ジグメ・ティンレー サンゲ・ゲドゥプ
政党 ブータン調和党 国民民主党
党首就任 2007年8月 2007年
獲得議席 45 2
得票数 169,490 83,322
得票率 67.04% 32.96%

Atlas-bhutan2008.gif

県別投票結果

選挙前首相

キンザン・ドルジ
無所属

次期首相

ジグメ・ティンレー
ブータン調和党

概要編集

模擬選挙の実施編集

普通選挙を国民に浸透させるため、2007年4月21日に模擬選挙を行われた。模擬選挙は、新しい選挙制度に合わせて有権者約1,000人ごとに区割された47選挙区・869投票所で開催された[2]

模擬政党としてブータンのシンボルである「ドゥク(雷龍)」を冠にした

  • ドゥク・イエロー党(黄は「従来の価値」)
  • ドゥク・レッド党(赤は「産業開発」)
  • ドゥク・ブルー党(青は「公平と説明責任」)
  • ドゥク・グリーン党(緑は「環境」)

の4政党から投票し、得票数が高い2党が5月28日に行われる決選投票に進む[3]。また、模擬選挙実施へ国際連合とインドから選挙監視団が派遣された[4]

模擬選挙の結果、ドゥク・イエロー党が最多得票を獲得し、ドゥク・レッド党と決選投票に進出した[5]

e • d    2007年ブータン模擬予備選挙
(2007年4月21日施行)
模擬政党 得票数 得票率
ドゥク・イエロー党 55,263 44.30%
ドゥク・レッド党 25,423 20.38%
ドゥク・ブルー党 25,295 20.28%
ドゥク・グリーン党 18,766 15.04%
合計 124,747 100.0%
登録有権者(投票率) 283,506 44.00%

47選挙区の両党候補者として、無作為に選出された高校生が立候補した。投票率は66%[6]

4有権者登録の資格は約40万人であったが、283,506人が有権者登録をした[7]

選挙データ編集

定数47議席で、選挙登録した政党が参画する予備選挙を経て、上位2党の候補者による単純小選挙区制で選出する.[8]

2008年1月1日までに18歳の国民が選挙権を持ち、2008年2月20日までに選挙委員会へ有権者登録を行わなければならなかった[9]

選挙運動期間は2月7日から3月22日の45日間。郵便投票が2月7日から2月18日まで行われた。投票は3月24日の午前9時から午後7時まで行われ、その後開票が行われた[9]

選挙活動編集

選挙委員会への政党の登録手続は、意向書、候補者リスト、選挙マニフェストおよび監査済み財務諸表の提出が義務付けられており[9]ブータン調和党国民民主党ブータン国民党が選挙登録したが、国民党は候補者申請の不備により登録を取り消された[10]

2008年1月22日に調和、国民民主両党のマニフェストが公開され、1月31日から2月7日までに両党は47選挙区の候補者を推薦決定。

選挙結果編集

選挙に参加した政党は2党のみであったことから予備選の実施は見送られた[1]

3月25日に投票結果が宣言され、投票率は79.38%であった。

ジグメ・ティンレー率いる調和党が44議席を獲得して圧勝した。一方の国民民主党は、国王の伯父で首相でもある党首のサンゲ・ゲドゥプが落選するなど、わずか3議席と大敗した[11]。 最終的に集計結果にミスがあり、調和党が45議席、国民民主党が2議席で確定した[12][13]

調和・国民民主の両党は王党派で、元首相が党首を務めるなど党の性格に大きな差が見られないにも関わらず、調和党が圧勝した背景に、国民民主党がゲドゥプが国王の親族であり、経済界の支援が背景にあることが国民の拒否反応を招いたと指摘されている[14]

国民民主党は政府が調和党支援で影響力を行使したと批判し、選挙結果の受け入れを拒否した[15][16]

e • d    2008年ブータン国民議会総選挙
(2008年3月24日施行)
 
政党 獲得
議席
増減 得票数 得票率
ブータン調和党 45   45 169,490 67.04%
国民民主党 2   2 83,322 32.96%
総計 47 - 252,812 100.0%
有権者数(投票率) 318,465 79.38%
出典:欧州連合選挙監視団最終報告書


選挙後編集

4月5日、調和党は役員会で党首のティンレーを首相候補に承認し[17]、4月9日に首相に就任した[18]

脚注編集

  1. ^ a b Bhaumik, Subir (2008年1月17日). “Main Bhutan election date is set”. BBC News. オリジナルの2008年12月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081227045917/http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7193818.stm 2008年11月20日閲覧。 
  2. ^ Bhutan set for mock elections on April 21 Archived 30 September 2007 at the Wayback Machine. Hindustan Times, 20 April 2007
  3. ^ Bhutan holds fake national poll BBC News, 21 April 2007
  4. ^ Bhutan's election dummy run The Australian, 21 April 2007
  5. ^ Bhutan votes for tradition and monarchy in mock poll The Star, 22 April 2007
  6. ^ Bhutan mock poll votes for tradition The Star, 30 May 2007
  7. ^ Encouraging turnout in Bhutan's historic mock polls India eNews, 28 May 2007
  8. ^ “Caretaker prime minister appointed in Bhutan”. Hindustan Times (Indo-Asian News Service). (2007年8月3日). http://www.hindustantimes.com/StoryPage/StoryPage.aspx?id=0fc17dd6-a4cd-4ccc-9dd4-e0fc571d7c02&&Headline=Caretaker+PM+appointed+in+Bhutan 2008年11月20日閲覧。 
  9. ^ a b c “March is on to Assembly Elections”. Kuensel Newspaper. (2008年1月19日). http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=9739 2008年12月11日閲覧。 
  10. ^ “Bhutan gets third political party”. The Hindu. (2007年5月6日). オリジナルの2008年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080111080344/http://www.hindu.com/thehindu/holnus/003200705061012.htm 2008年11月20日閲覧。 
  11. ^ ブータン王国2008年国民議会議員選挙とその制度的特徴 諸橋邦彦
  12. ^ Results of the Phuentsholing Constituency of National Assembly Election 2008 under Chukha Dzongkhag”. PDF (2008年3月27日). 2008年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月21日閲覧。
  13. ^ Majumdar, Bappa (2008年3月27日). “CORRECTED: Bhutan corrects poll results, opposition shrinks”. Reuters. https://www.reuters.com/article/worldNews/idUSDEL16203420080327 2008年11月21日閲覧。 
  14. ^ Erdrutschsieg der Royalisten in Bhutan (International, NZZ Online) (German)
  15. ^ Denyer, Simon (2008年3月28日). “Bhutan loses opposition as MPs cry foul over poll”. Reuters India. http://in.reuters.com/article/topNews/idINIndia-32738320080328 2008年12月11日閲覧。 
  16. ^ “PDP asks ECB to investigate "very strange developments" before elections”. Kuensel Newspaper. (2008年3月29日). http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10108 2008年12月11日閲覧。 
  17. ^ “DPT endorses Jigmi Y Thinley as Prime Minister”. Kuensel Newspaper. (2008年4月5日). http://www.kuenselonline.com/modules.php?name=News&file=article&sid=10149 2008年12月11日閲覧。 
  18. ^ "Thinley takes over as Premier", The Hindu, 11 April 2008.

外部リンク編集