国民議会 (ブータン)

ブータンの議会(下院)

国民議会(こくみんぎかい、ゾンカ語: རྒྱལ་ཡོངས་ཚོགས་འདུ།Gyelyong Tshogdu)は、ブータン王国の議会(下院)。国家評議会とともに両院制の国会を構成する。なお、2008年に成立した新憲法によれば、国王、国家評議会、国民議会の3者により国会を構成するとしている。

国民議会
གི་རྒྱལ་ཡོངས་ཚོགས་འདུ་
Gyelyong Tshogdu
第8期議会
種類
種類
歴史
設立 2008年
役職
議長
ジグメ・ザンポ国民民主党)、
2013年8月2日より現職
副議長
チミ・ドルジ国民民主党)、
2013年8月2日より現職
院内野党代表
構成
定数 47
2013 National Assembly of Bhutan Seat Composition.svg
院内勢力
任期
5年
権限 ブータン王国憲法第10条
選挙
小選挙区制二回投票制
前回選挙
2013年5月31日・7月13日
議事堂
 ブータンティンプー
タシチョ・ゾン英語版
ウェブサイト
National Assembly of Bhutan
憲法
ブータン王国憲法

目次

概要編集

設置年:1953年(当初は一院制議会。2008年より両院制へ移行)

議会の規則では、電子機器の使用や飲食、喫煙を禁止している。また、議会は、2008年6月に審議中に議員らがゲームをする恐れが有るとして、議場でのノートパソコンの持込を禁じた[1]

定数編集

47。

選挙編集

2008年の新憲法制定を前に普通選挙へと移行した。単純小選挙区制。ただし、全政党参加の予備選を経て、上位2党による決選投票が行われる。

選挙資格と被選挙資格編集

  • 選挙資格:18歳以上の国民(憲法第23条第2節)。王族と僧侶には資格が無い。
  • 被選挙資格:25歳以上65歳以下の国民(憲法第23条第3節)。王族と僧侶には資格が無い。

任期編集

任期5年だが、国民議会解散の場合には期間満了前に終了する[2]

院内勢力編集

院内勢力別所属議員数
院内勢力 議員数 政党(議員数) 議席率
与党 032 国民民主党(32) 068.09%
野党 015 ブータン調和党(15) 031.91%
合計 047 100.00%
国民議会構成別議席数(2013年7月現在)

選挙結果編集

2013年国民議会選挙
e • d    2013年ブータン国民議会総選挙 (第1回投票:2013年5月31日、第2回投票:2008年7月13日施行)
政党 第1回投票 第2回投票
得票数 得票率 得票数 得票率 ± 獲得議席 ±
国民民主党 68,650 32.53 138,760 54.88 +21.92 32 +30
ブータン調和党 93,942 44.52 114,093 45.12 -21.92 15 -30
ブータン協同党 35,962 17.04
ブータン大衆党 12,457 5.90
総計 211,018 100.00 252,853 100.00 - 47 -
有権者(投票率) 381,790 55.27 381,790 66.23 -13.15 -
出典:ブータン選挙管理委員会a, b c

任期満了により実施。

ブータン調和党(DPT)、国民民主党(PDP)、Bhutan Kuen-nyam Party (BKP)、Druk Chirwang Tshogpa (DCT)、Druk Nyamrup Tshogpa (DNT)の計5政党が参戦予定だったが、選挙戦開始前の候補者申請に不備があったとして、BKPは選挙管理委員会から失格を言い渡された[3]。このため、予備投票は残る4政党により争われた。2013年5月31日、予備投票が実施され、DPTとPDPが決選投票へ進出した[4]

決選投票を前にして、PDPはDNTの候補者を取り込むなどし、事実上の2位・3位連合を結成した[5]。7月13日の決選投票ではPDPが32選挙区、DPTが15選挙区で勝利し、PDPが政権を獲得した[6]

7月19日に、PDP党首のツェリン・トブゲが第2代首相として選出された[7]。8月2日には、議長としてジグメ・ザンポ、副議長としてチミ・ドルジがそれぞれ選出されている(いずれもPDP)[8]。国民議会内野党党首には、前農相のペマ・ギャムツォが就任した[9]

2008年国民議会選挙
e • d    2008年ブータン国民議会総選挙
(2008年3月24日施行)
政党 得票数 得票率 ± 獲得議席 ±
ブータン調和党 169,490 67.04 +67.04 45 +45
国民民主党 83,322 32.96 +32.96 2 +2
総計 252,812 100.00 - 47 -
有権者(投票率) 318,465 79.38 +79.38 -
出典:[1] - 欧州連合選挙監視団最終報告書 p.37。

参加政党は、ブータン調和党(DPT)、国民民主党(PDP)の2党のみのため、予備選挙は行われなかった。

なお、3月24日時点ではDPT44議席、PDP3議席であったが、1選挙区において集計ミスが判明し、27日に結果が変更された[10]

この結果に対してPDPは、PDP優勢のはずの情勢が投票日直前に急転したのは納得がいかないとして、選挙委員会にDPTの選挙不正を調査するよう申し入れ[11]、あわせて4月2日に高等裁判所に異議申し立てを行ったが、7日に高等裁判所はこれを棄却した[12]。なお、欧州連合(EU)や日本などが派遣している選挙監視団からは、不正があったとの報告はなされていない[13]。また、PDPの当選議員2人は、選挙過程・結果に抗議するため、いったんは3月28日に当選辞退を選挙委員会に申し入れたが[14]、4月3日にはこれを撤回し、野党として国会で活動することを改めて表明した[15]

2008年4月21日、国民議会議員が就任宣誓を行い、議長にジグメ・ツルティム(Jigme Tshultim)、副議長にヤング・ツェリン・シェルパ(Yangkhu Tshering Sherpa)が選出された(いずれもDPT)。また、PDPのツェリン・トブゲが、国民議会内野党党首となっている[16]

脚注編集

  1. ^ ブータン議会がパソコン持ち込みを禁止、審議中のゲーム防止で ロイター 2008年 07月 1日 09:33 JST掲載(2013年3月29日閲覧)
  2. ^ ブータン憲法第10条第24節
  3. ^ ECB not to reconsider the appeal by BKPBhutan Broadcasting Service(BBS)、2013年5月8日(2014年1月5日閲覧)
  4. ^ Election Commission of Bhutan Official Homepage(2014年1月5日閲覧). 結果は、DPT(93,949票、得票率44.52%)、PDP(68,650票、得票率32.53%)、DNT(35,962票、得票率17.04%)、DCT(12,457票、得票率5.90%)。
  5. ^ DNT's seven candidates to move to PDPBBS、2013年6月10日(2014年1月5日閲覧)
  6. ^ People's Democratic Party gallops to powerBBS、2013年7月14日(2014年1月5日閲覧)
  7. ^ Tshering Tobgay unanimously elected as PM-electBBS、2013年7月19日(2014年1月5日閲覧)
  8. ^ Jigme Zangpo elected as the Speaker of NABBS、2013年8月2日(2014年1月5日閲覧)
  9. ^ Dr. Pema Gyamtsho to head the OppositionBBS、2013年7月24日(2014年1月5日閲覧)
  10. ^ DPT's Chencho Dorji is NA elect from PhuentsholingKuensel、2008年3月29日(2008年3月31日閲覧)。※現在リンク切れ
  11. ^ PDP asks ECB to investigate “very strange developments” before electionsKuensel、2008年3月29日(2008年3月29日閲覧)。※現在リンク切れ
  12. ^ High Court dismisses PDP’s election petitionKuensel、2008年4月7日(2008年4月9日閲覧)。※現在リンク切れ
  13. ^ EUについては、選挙監視団の最終報告書EUEOM Bhutan National Assembly Elections 2008 final report(2013年3月29日閲覧)を、日本については、外務省報道官談話 ブータンにおける下院議員選挙への我が国選挙監視団の視察結果について(2013年3月29日閲覧)を、それぞれ参照。
  14. ^ PDP's National Assembly members elect withdrawBBS、2008年3月29日(2013年3月29日閲覧)。
  15. ^ PDP to work towards a strong opposition Archived 2014年1月5日, at the Wayback Machine.BBS、2008年4月4日(2013年3月29日閲覧)。
  16. ^ Oath or Affirmation of OfficeKuensel、2008年4月23日※現在リンク切れ

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集