メインメニューを開く

2011年発覚イギリス競馬八百長事件(2011ねんはっかくイギリスけいばやおちょうじけん)とは、イギリス2011年に発覚した、イギリスの競馬最大級の競馬八百長事件である。

この事件に関与した人数は、主犯格は騎手5人と馬主2人の7人、共犯者は6人の合計13人[1]である。

本項では2012年10月に発覚した類似の事件についても述べる。

目次

事件内容編集

2011年12月14日2009年1月17日より8月15日までに行われたレースの内、少なくとも10のレースで不正があったことが英国競馬統括機構(BHA)の調査で発覚した。

これについて、BHAの保安部長のポール・スコットニーは「今回の捜査の核心にあるのは2人の馬主による行為です」と前置きし「内部情報を乱用し、それによって騎手に不正を働きかけ、いかさまを働きました。調査により馬主モーリス・シネスジェームス・クリックモアの2人[2]が、特にポール・ドウグレック・フェアーリーの2騎手が騎乗するレースで賭けを行った仕組みが明らかになりました。これは問題とされている10レースの内7レースに当てはまりました。これほど深刻な違反が発覚したのは遺憾なことです。」と説明している。

シネスとクリックモアは所有馬が負ける方に賭け、しかも共犯者と共謀して八百長を働いたとされている。その賭け金は合計で約80万ポンドであり、共犯者らは合計で25万ポンド以上の利益を手にした疑いが持たれている。

この事件は賭事委員会へと移され、刑事事件の立件の可否や立件となった場合の関与した人物に対する刑事罰が問われることになっている。これについてイギリス競馬ジャーナリストのアンドリュー・コーフィールドは「数年前に大きな話題となった事件の後だけに今回の件では検察庁は慎重にならざるを得ないだろう」と評している[3]。なお現地の法律では刑事法廷の立証責任には合理的疑いの余地があってはならないとされているが、BHAの懲罰委員会が取り扱う事件はこの限りではない[4]

主な処分編集

この事件で処分された13人の内現在までに判明している6人の処分について記述する[4]

騎手編集

この内女性騎手のミルクザレクは騎乗停止処分には異議を申し立てる意向を示している。

馬主編集

  • モーリス・シネス、ジェームス・クリックモア - 八百長行為によりそれぞれ14年間の競馬関与停止処分。

その他編集

  • 共犯者6人の処分内容は不明であるが、(全13人が)合計で66年間にわたって競馬界を追放されることになったとの情報がある[4]

各人物のコメント編集

  • この事件に関して主犯格の1人とされているフェアーリーは「この件の報告書からも明らかなように騎手たちは今回の件で扇動的な役割を果たしていません。むしろ利用されてしまったのです。ただしどの程度利用されてしまっていたのか、また他言を行わないようにと、どこまで脅されていたのかまでは現時点では不明ですが」とコメントしている。
  • また、この事件に関与していないが、障害騎手トニー・マッコイは自身がユートクシター競馬場で5レースに騎乗した賞金額がホースメンズ・グループ推奨の最低基準額を下回ったことを引き合いに出し「我々は悪天候の中で騎乗したり、前に位置する馬が跳ね上げた泥が顔に当たったりするのは構わないが、生命を危険に晒すことへの見返りがほぼ皆無という状態は看過できません」と前置きし「その日私はいくつか(ユートクシター競馬場のレースで)勝利を挙げましたが、それでも賞金額よりも騎乗料の方が多いのです。これはイギリス競馬の恥ずべきことです。(この賞金額の少なさに)一部の騎手たちが規則を破る誘惑にかられるのも無理はない話です」と、スキャンダルの一因として賞金額の低さがあることを挙げていた。
  • イギリス競馬ジャーナリストのアンドリュー・コーフィールドは「(この事件を契機に)今後はBHAはどの様な人物に馬主資格を発行するのかについてもう少し慎重になって頂きたい」と提言した[4]。またコーフィールドは「(現在は検査が厳格化されているが)シネスとクリックモアが馬主資格を取得した当時は明らかに検査がずさんだった」とコメントしている。

その後に発生した八百長事件編集

また、この八百長事件とは別に、2012年10月にも騎手やプロサッカー選手を含む合計9人の八百長事件が発覚した[5]。この時の主犯格は騎手のアンドリュー・ヘファナン、プロサッカー選手のマイケル・チョプラマーク・ウィルソンジェームス・コッピンジャーの合計4人、共犯者は厩務員2人を含む5人の合計9人であり、既に全員が有罪判決を受けた。チョプラはBHAの審問に対して争わず認める考えを表明している[6]。なお、発覚当時は騎手のエディー・アハーンの関与も浮上していた[7]が、アハーン自身はこれを否定している[8]。また、アハーンに対しての処分が下されているのかどうかは定かでない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 関与人数はサンケイスポーツ「週刊ギャロップ」2012年1月8日号95頁「ロンドン発」記事では執筆当時11人と報道されていたが、その後主犯と共犯がさらに1人ずついた事が発覚し、現在の関与人数の合計は13人に増えている。
  2. ^ この2人はイギリス国内でトレーラーハウスの駐車場事業を展開しているビジネスパートナーである。
  3. ^ この事件は2004年に発覚したキーレン・ファロンら3人の騎手による八百長事件であり、この事件でファロンらは詐欺行為への共謀の罪に問われていたが、証拠不十分で釈放され、裁判も閉廷となった。
  4. ^ a b c d サンケイスポーツ「週刊ギャロップ」2012年1月8日号95頁「ロンドン発」記事
  5. ^ ヘファナン騎手が汚職事件関与で15年間の騎乗停止処分
  6. ^ チョプラ氏はBHAの審問に対し争わない姿勢を見せる
  7. ^ アハーン騎手ら6名がBHAから八百長の疑いをかけられる
  8. ^ アハーン騎手がBHAの疑いに対し「全くの無実」と断言

参考文献・出典編集

関連項目編集

  • エスケープ事件 - この事件発覚までイギリス競馬史上最大規模であった八百長。