2012年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

2012年のグランドチャンピオンシップ(2012ねんのグランドチャンピオンシップ)は、2012年10月20日から10月27日に、四国アイランドリーグplus優勝チームの香川オリーブガイナーズと、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)優勝チームの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブによる、野球独立リーグ日本一の座をかけて行われたグランドチャンピオンシップである。

初出場の新潟が、過去3回出場の香川を3勝0敗で下し、BCリーグチームが連覇した。BCリーグチームは前年の石川ミリオンスターズに続いてストレート勝ちを収め、試合は2年越しで6連勝となった。また、初出場チームが過去に出場実績のあるチームを破ったのは初めてである。

MVP表彰は今年度は実施されなかった。

このとき新潟を率いた監督の高津臣吾[1]は、9年後の2021年、日本シリーズ東京ヤクルトスワローズ監督として優勝を達成している[2]

日程編集

以下の予定であった[3]

  • 予備日はアイランドリーグラウンドが10月22・23日(レクザムスタジアム)、BCリーグラウンドが10月30・31日(ハードオフ新潟)、11月1日(三條機械スタジアム)。

試合結果編集

第1戦編集

10月20日 レクザムスタジアム 開始18:01(試合時間:2時間59分) 入場者数1,277人[4]

新潟 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
香川 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

(新)○寺田(1勝)、間曽(1セーブ)-平野
(香)●渡辺(1敗)、西村、大場後藤プルータ大川星野

第2戦編集

10月21日 レクザムスタジアム 開始18:01(試合時間:3時間23分) 入場者数1,002人[5]

新潟 0 1 1 0 0 1 1 0 0 4
香川 2 0 0 0 0 1 0 0 0 3

(新)○阿部(1勝)、羽豆ロバート、間曽(2セーブ)-平野
(香)山野、西村、●プルータ(1敗)、大場、後藤、酒井-星野
本塁打
(新)清野1号

第3戦編集

10月27日 長岡市悠久山野球場 開始12:32(試合時間:2時間44分) 入場者数2,734人[6]

香川 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新潟 0 2 0 0 4 0 0 0 X 6

(香)●山野(1敗)、西村、後藤、大場、中野、渡辺、酒井-星野
(新)○寺田(2勝)-平野
本塁打
(新)平野1号

脚注編集

  1. ^ 新潟と香川、“無敗”の王者が頂上決戦! 〜独立リーグ・グランドチャンピオンシップ〜 - Sports Communications(2012年10月20日)
  2. ^ “神戸の夜空に10回舞った! 日本一のヤクルト高津監督 感謝歓喜の胴上げも「寒かったですね」”. 東京スポーツ. (2021年11月28日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/127642 2021年11月28日閲覧。 
  3. ^ 開催要項 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年10月15日)
  4. ^ グランドチャンピオンシップ第1戦 試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年10月20日)
  5. ^ グランドチャンピオンシップ第2戦 試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年10月21日)
  6. ^ グランドチャンピオンシップ第3戦 試合結果 - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2012年10月27日)

関連項目編集