2012年ミャンマー列車脱線事故

2012年にミャンマー連邦共和国で発生した鉄道事故

2012年ミャンマー列車脱線事故(2012ねんミャンマーれっしゃだっせんじこ、: 2012 Burma train crash)は、ミャンマー連邦共和国の中央ミャンマーにあるKantbalu英語版付近にて、2012年11月9日に発生した鉄道事故である。

2012年ミャンマー列車脱線事故
発生日 2012年11月9日
発生時刻 午後 4:36
ミャンマーの旗 ミャンマー
場所 Kantbalu英語版付近
路線 マンダレー-ミッチーナー支線
運行者 ミャンマー鉄道
事故種類 列車脱線火災事故
原因 未確定
統計
列車数 1
乗客数 不明
死者 27
負傷者 80
テンプレートを表示

ペトロールが入った7両のワゴンおよびディーゼル燃料が入った2両を含む列車が、マンダレーからミッチーナーまでを移動している途中、脱線転覆し炎上した。 この事故により、死亡者数は不明だが少なくとも27名が死亡し、80名以上が負傷した(政府発表では25名死亡、62名負傷)。 また、情報省英語版によると、村民の多くが事故を起こした列車から漏れた燃料を集めようとして、列車火災に巻き込まれたと述べている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Burma train crash and fire kills 25”. BBC News. (2012年11月9日). オリジナルの2012年11月9日時点におけるアーカイブ。. //web.archive.org/web/20121109184127/http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-20272264 2012年11月9日閲覧。 

関連項目編集