メインメニューを開く

2015年ラマダン攻撃

2015年ラマダン攻撃とは、2015年6月26日ラマダンの期間中)にフランスクウェートソマリアチュニジアシリア(シリアの事件は一日早い6月25日に始まった)で起こった一連のテロ攻撃の総称である[1][2]イスラム過激派組織「ISIL」の関与が明らかとなっている。報道においては「血の金曜日事件」 (Bloody Friday) や「黒い金曜日事件」と呼ばれることもある[3][4][5][6]

ガーディアン』紙によると、こうした攻撃がなんらかの共謀にもとづいて実施された形跡はない[7]。しかしながら一日の間に起こったため注目され、多くの報道がなされた。全体では403人以上が命を落とし、テロの実行者を含む336人が負傷したが、最終的な死傷者数は不明である。

目次

コバニ編集

6月25日にISIL戦闘員がシリアのコバニにあるロジャヴァにて多数の民間人を殺害した[8][9][10][11]。この攻撃により230名以上の民間人、79名のISIL戦闘員、23名のクルド人民防衛隊員が死亡した。2014年の6月29日にカリフ制を宣言して以来、ISILが行った殺戮としては二番目に大規模なものである[12]

サンカンタンファラビエ編集

2015年6月26日の朝、武装勢力がリヨンの近くのサンカンタンファラビエにある工場のゲートを破って突入した。小型のガス爆弾が建物を爆破する試みに使用され、その模様はインターネットに掲載された。1人が首を切られて殺され、およそ12人の工員が負傷した。

クウェートシティ編集

クウェートシティシーア派モスクにて自爆テロが発生し、27人が死亡した。ISILがこの攻撃を行ったと宣言している。

スーサでの事件編集

チュニジアスーサにおいて武装した男2人が2つのホテルを攻撃し、28人の観光客が死亡した。

レゴでの事件編集

アル・シャバブという武装勢力がソマリアのレゴ地区でアフリカ連合の軍を攻撃し、70人を超えるアフリカ連合兵士が死亡した。アルシャバブが軍事基地を掌握した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Terrorist Attacks in France, Tunisia and Kuwait Kill Dozens - New York Times - 26 June 2015
  2. ^ “Saint-Quentin-Fallavier, Sousse, Kobané, Koweït, Somalie : vague d’attaques djihadistes”. Le Monde. (2015年6月27日). http://www.lemonde.fr/international/article/2015/06/27/saint-quentin-fallavier-sousse-kobane-koweit-somalie-vague-d-attaques-djihadistes_4663046_3210.html 2015年6月27日閲覧。 
  3. ^ Dearden, Lizzie (2015年6月27日). “Tunisia attack: At least 15 British tourists confirmed dead in aftermath of Bloody Friday - as it happened”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/news/world/africa/tunisia-attack-the-aftermath-of-bloody-friday--live-updates-10349661.html 2015年6月27日閲覧。 
  4. ^ “US reassesses ISIS threat post 'Bloody Friday's' triple attacks”. Asian News International. (2015年6月27日). https://in.news.yahoo.com/us-reassesses-isis-threat-post-bloody-fridays-triple-111609449.html 2015年6月27日閲覧。 
  5. ^ “'Bloody friday': terreur op verschillende continenten”. ed.nl. (2015年6月26日). http://www.ed.nl/algemeen/buitenland/bloody-friday-terreur-op-verschillende-continenten-1.5035032 2015年6月27日閲覧。 
  6. ^ Bender, Brian (2015年6月27日). “U.S. reassesses threat of ISIL after 'Bloody Friday'”. Politico. http://www.politico.com/story/2015/06/us-reassesses-threat-of-isil-after-bloody-friday-119485.html 2015年6月27日閲覧。 
  7. ^ Shaheen, Kareem (2015年6月27日). “Terrorist attacks in Tunisia, Kuwait and France stun three continents”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2015/jun/26/terror-attacks-tunisia-kuwait-and-france-islamic-state 
  8. ^ Pro-Kurdish party says Kobani ‘massacre’ reflects Turkish support for ISIL”. euronews. 2015年10月28日閲覧。
  9. ^ “Islamic State kills at least 145 civilians in Syria's Kobani”. Reuters. (2015年6月26日). http://www.reuters.com/article/2015/06/26/us-mideast-crisis-syria-idUSKBN0P60UY20150626 
  10. ^ Kobani 'massacre' reflects Turkish support for ISIS: Pro-Kurd party”. The Daily Star Newspaper - Lebanon. 2015年10月28日閲覧。
  11. ^ Sly, Liz (2015年6月26日). “Islamic State attacks Kobane 5 months after ouster; scores reported killed”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/world/islamic-state-returns-to-kobane-five-months-after-it-was-driven-out/2015/06/25/43498253-efce-44f8-bc6d-3000acc87d4e_story.html 2015年6月28日閲覧。 
  12. ^ CNN Staff (2015年6月26日). “Rights group: ISIS attack on Kobani is 'second largest' - CNN.com”. CNN. http://edition.cnn.com/2015/06/26/middleeast/isis-syria/