2016年リオデジャネイロオリンピックのフェンシング競技

2016年リオデジャネイロオリンピックフェンシング競技2016年8月6日から8月14日までアレーナ・カリオカ3ポルトガル語版英語版で開催された。国際フェンシング連盟(FIE)管轄。

実施競技編集

サーブル、エペ、フルーレの男女団体は種目数の制約から、それぞれ2008年北京オリンピックから今大会までの3大会のうち2大会のみで開催される[1][2]

なお男子サーブル団体、女子フルーレ団体は2016年にリオデジャネイロで開催される世界選手権五輪リハーサル大会として実施される。

出場資格[3]編集

合計212名の選手が出場する。団体戦は世界ランク上位4カ国と大陸別(アジア&オセアニア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパ)各1カ国の計8カ国(ただし、世界ランク5位~16位にランクインしていない大陸は大陸別の出場権を得られない)から3名ずつの選手が出場する。

団体戦が行われる種目の個人戦には、団体戦の出場選手(計24名)と、団体戦の出場国を除く国の選手を対象として、世界ランクと最終予選を通じて大陸別に選ばれた11名(1カ国からは1名のみ)の計35名が出場する。

個人戦のみが行われる種目(男子サーブル、女子フルーレ)には、1.世界ランク上位14名(1カ国からは2名まで)、2.世界ランクを通じて大陸別に選ばれた8名(1カ国からは1名まで、1と合わせて2名まで)、3.最終予選を通じて大陸別に選ばれた10名(1カ国からは1名のみ、1と2で出場権を得た選手の属する国は対象外)の計32名が出場する。なお、女子フルーレにおいては、上記とは別に主催者推薦として、サウジアラビア選手が選出され、同国から派遣された4名の女性選手の中の一員となった[4][5]

なお開催国ブラジルは、上記とは別に男女合わせて8枠の出場枠を持ち、男子エペに3枠、女子エペと女子フルーレに2枠ずつ、女子サーブルに1枠を割り当てた。その結果、自力で獲得した出場枠(男子フルーレ団体・個人、男子サーブルと女子エペ個人1枠ずつ)と合わせて、個人戦の全種目と団体戦3種目の出場権を獲得した。

日本からは、いずれもアジア・オセアニアの選手を対象とした世界ランクまたは最終予選を通じて出場権を獲得した6名の選手が派遣され、見延和靖(男子エペ)が6位入賞、佐藤希望(旧姓:中野)(女子エペ)が8位入賞の成績を収めた。

競技結果編集

男子編集

種目
エペ個人   朴相泳英語版
韓国 (KOR)
  ゲーザ・イムレ英語版
ハンガリー (HUN)
  ゴティエ・グルミエ英語版
フランス (FRA)
エペ団体   フランス (FRA)
ゴティエ・グルミエ英語版
ヤニク・ボレル英語版
ダニエル・ジェレン英語版
ジャン=ミシェル・リュセネ英語版
  イタリア (ITA)
エンリーコ・ガロッツォ英語版
マルコ・フィチェラ英語版
パオロ・ピッツォ英語版
アンドレア・サンタレリ英語版
  ハンガリー (HUN)
ガーボル・ボツコー英語版
ゲーザ・イムレ英語版
アンドラーシュ・レードリ英語版
ペーテル・ソムファイ英語版
フルーレ個人   ダニェーレ・ガロッツォ英語版
イタリア (ITA)
  アレクサンダー・マッシャラス英語版
アメリカ合衆国 (USA)
  ティムル・サフィン英語版
ロシア (RUS)
フルーレ団体   ロシア (RUS)
ティムル・サフィン英語版
アルトゥル・アハマトフジン英語版
アレクセイ・チェレミシノフ英語版
  フランス (FRA)
ジェレミ・カド英語版
エンゾ・ルフォル英語版
エルワン・ル・ペシュー英語版
ジャン=ポル・トニ・エリセ英語版
  アメリカ合衆国 (USA)
マイルズ・チャムリー=ワトソン英語版
レース・インボデン英語版
アレクサンダー・マッシャラス英語版
ゲレク・メインハート英語版
サーブル個人   アーロン・シラーギ英語版
ハンガリー (HUN)
  ダリル・ホーマー英語版
アメリカ合衆国 (USA)
  金正桓英語版
韓国 (KOR)

女子編集

種目
エペ個人   エメシェ・サース英語版
ハンガリー (HUN)
  ロッセラ・フラミンゴ英語版
イタリア (ITA)
  孫一文英語版中国語版
中国 (CHN)
エペ団体   ルーマニア (ROM)
ロレダナ・ディヌ英語版
シモナ・ゲルマン英語版
シモナ・ポップ英語版
アナ・マリア・ポペスク英語版
  中国 (CHN)
郝佳露英語版中国語版
孫一文英語版中国語版
孫玉潔英語版中国語版
許安琪英語版中国語版
  ロシア (RUS)
オルガ・コチネワ英語版
ヴィオレッタ・コロボワ英語版
タチヤナ・ログノワ英語版
リュボフ・シュトワ英語版
フルーレ個人   インナ・デリグラゾワ英語版
ロシア (RUS)
  エリザ・ディ・フランチスカ英語版
イタリア (ITA)
  イネス・ブバクリ英語版
チュニジア (TUN)
サーブル個人   ヤナ・エゴリアン英語版
ロシア (RUS)
  ソフィヤ・ヴェリカヤ英語版
ロシア (RUS)
  オルハ・ハルラン英語版
ウクライナ (UKR)
サーブル団体   ロシア (RUS)
ソフィヤ・ヴェリカヤ英語版
ヤナ・エゴリアン英語版
イェカチェリナ・ジヤチェンコ英語版
ユリヤ・ガヴリロワ英語版
  ウクライナ (UKR)
オルハ・ハルラン英語版
オレナ・クラヴァチカ英語版
アリナ・コマシュチュク英語版
オレナ・ヴォロニナ英語版
  アメリカ合衆国 (USA)
モニカ・アクサミット英語版
イブティハジ・ムハンマド英語版
ダグマラ・ウォズニアック英語版
マリエル・ザグニス英語版

国・地域別のメダル獲得数編集

国・地域
1   ロシア (RUS) 4 1 2 7
2   ハンガリー (HUN) 2 1 1 4
3   イタリア (ITA) 1 3 0 4
4   フランス (FRA) 1 1 1 3
5   韓国 (KOR) 1 0 1 2
6   ルーマニア (ROM) 1 0 0 1
7   アメリカ合衆国 (USA) 0 2 2 4
8   中国 (CHN) 0 1 1 2
  ウクライナ (UKR) 0 1 1 2
10   チュニジア (TUN) 0 0 1 1
合計 10 10 10 30

脚注編集

  1. ^ Men's sabre and women's foil team events removed from Rio 2016 fencing programme”. www.insidethegames.biz (1385745236). 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ 2 fencing team events slashed for Rio Games” (英語). ESPN.com (2013年11月29日). 2020年7月19日閲覧。
  3. ^ “Rio 2016 – FIE Fencing Qualification System” (PDF). FIE. http://archive.wikiwix.com/cache/?url=http%3A%2F%2Fcorporate.olympics.com.au%2Ffiles%2Fdmfile%2FRio2016QualificationSystem-Fencing.pdf 2015年4月15日閲覧。 
  4. ^ “Saudi Arabia to send four women to Rio” (英語). Reuters. (2016年7月17日). https://ca.reuters.com/article/idCAKCN0ZX0WP 2020年7月19日閲覧。 
  5. ^ Saudi Arabia: Women Are 'Changing the Game'” (英語). Human Rights Watch (2016年8月4日). 2020年7月19日閲覧。

外部リンク編集