メインメニューを開く

2016年リオデジャネイロオリンピックの日本選手団

2016年リオデジャネイロオリンピックの日本選手団( - にほんせんしゅだん)は、2016年8月5日から8月21日まで開催された第31回オリンピック競技大会における日本選手団の名簿。選手名および所属・記録は2016年当時のもの。

オリンピックの日本選手団
Flag of Japan.svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
2016年リオデジャネイロオリンピック
人員: 選手 338人[1](男子174人、女子164人)
旗手: 右代啓祐
主将: 吉田沙保里
メダル
国別順位: 6 位

12

8

21

41
夏季オリンピック日本選手団
1912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

概要編集

選手団編集

公式行事編集

  • 結団式・壮行会[4]
日時:2016年7月3日
場所:国立代々木競技場
日時:2016年8月25日
場所:グランドプリンスホテル高輪
  • 祝賀御列(パレード)[7]
日時:2016年10月7日
場所:銀座八丁目交差点〜銀座通り口〜日本橋室町・三井不動産本社前(メインルート)

メダル獲得者編集

メダル総獲得数は過去最多だった前回ロンドンオリンピックの38個を上回る41個を獲得(世界全体で6番目)、金メダル獲得数は歴代4番目の12個、銅メダルは過去最多の21個を獲得した。競技別では前回不振だった柔道も過去最多の12個を獲得し、特に男子は東京オリンピック以来52年ぶり7階級制となったソウルオリンピック以降では初めて全階級でメダルを獲得した。バドミントンでも初の金メダル、卓球でも男子が初のメダルを獲得、テニスも96年ぶりにメダル獲得とラケット球技の活躍が目立った。 また競泳のフリーリレーが52年ぶり、カヌーや陸上競歩で初のメダル獲得と多くの歴史的な記録を達成した大会となった。

メダル獲得選手
メダル 選手名 競技 種目 日付(現地) 備考
1  金メダル 萩野公介 競泳 男子400m個人メドレー 8月 6日 前回大会3位、2度目の出場。
同種目では日本人初の金メダル獲得。
同競技での金メダル獲得は北京大会以来2大会ぶり。
瀬戸と併せて同競技におけるダブル表彰台はメルボルン大会以来15大会ぶり。
夏季五輪では初の平成生まれの金メダリスト。
1  金メダル 大野将平 柔道 男子73kg級 8月 8日 初出場。
同競技における男子の金メダル獲得は北京大会以来2大会ぶり。
同階級の金メダル獲得はアトランタ大会の中村兼三以来5大会ぶり。
1  金メダル 内村航平
加藤凌平
田中佑典
山室光史
白井健三
体操 男子団体 8月 8日 前回大会2位、金メダル獲得はアテネ大会以来3大会ぶり。
内村は3度目、加藤・田中・山室は2度目、白井は初出場。
1  金メダル 田知本遥 柔道 女子70kg級 8月10日 前回大会7位、2度目の出場。
同階級の金メダル獲得は北京大会の上野雅恵以来2大会ぶり。夏季・冬季五輪通じて女子では初の平成生まれの金メダリスト。
1  金メダル ベイカー茉秋 柔道 男子90kg級 8月10日 初出場。
同階級では初の金メダル獲得。
1  金メダル 内村航平 体操 男子個人総合 8月10日 前回大会1位、3度目の出場
同種目の連覇はメキシコシティ・ミュンヘン大会の加藤沢男以来11大会ぶり。
1  金メダル 金藤理絵 競泳 女子200m平泳ぎ 8月11日 前々回大会7位、2度目の出場。
同種目での金メダル獲得はバルセロナ大会の岩崎恭子以来6大会ぶり
同競技の日本人女子では最年長の金メダル獲得。
1  金メダル 登坂絵莉 レスリング 女子フリースタイル48kg級 8月17日 初出場。
同階級の金メダル獲得はロンドン大会に続き2大会連続。
1  金メダル 伊調馨 レスリング 女子フリースタイル58kg級 8月17日 前回大会1位、4度目の出場。
女子個人種目では五輪史上初の4連覇を達成[8]
同競技では男女含めて初の4連覇。
1  金メダル 土性沙羅 レスリング 女子フリースタイル69kg級 8月17日 初出場。
1  金メダル 高橋礼華
松友美佐紀
バドミントン 女子ダブルス 8月18日 初出場。
同競技では日本人初の金メダル獲得[9]
1  金メダル 川井梨紗子 レスリング 女子フリースタイル63kg級 8月18日 初出場。
同階級の金メダル獲得はアテネ大会から4大会連続。
2  銀メダル 坂井聖人 競泳 男子200mバタフライ 8月 9日 初出場。
同種目のメダル獲得はアテネ大会から4大会連続。
2  銀メダル 萩野公介 競泳 男子200m個人メドレー 8月11日 前回大会5位、2度目の出場。
同種目では日本人初のメダル獲得。
同競技では初の1大会で全種類のメダル獲得。
2  銀メダル 原沢久喜 柔道 男子100kg超級 8月12日 初出場。
同階級では北京大会の石井慧以来2大会ぶりのメダル獲得。
2  銀メダル 太田忍 レスリング 男子グレコローマン59kg級 8月14日 初出場。
同スタイルの銀メダル獲得はシドニー大会の永田克彦以来4大会ぶり。
同競技のメダル獲得はヘルシンキ大会から16大会連続。
2  銀メダル 水谷隼
丹羽孝希
吉村真晴
卓球 男子団体 8月17日 前回大会5位、水谷は3度目、丹羽は2度目、吉村は初出場。
同種目では初のメダル獲得。
2  銀メダル 吉田沙保里 レスリング 女子フリースタイル53kg級 8月18日 前回大会1位、4度目の出場。
2  銀メダル 樋口黎 レスリング 男子フリースタイル57kg級 8月19日 初出場。
同階級のメダル獲得はアテネ大会から4大会連続。
2  銀メダル 山縣亮太
飯塚翔太
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
陸上競技 男子4×100mリレー 8月19日 前回大会4位、同種目の銀メダル獲得は北京大会[10]以来2大会ぶり。
3  銅メダル 近藤亜美 柔道 女子48kg級 8月 6日 初出場。
3  銅メダル 高藤直寿 柔道 男子60kg級 8月 6日 初出場。
3  銅メダル 三宅宏実 ウエイトリフティング 女子48kg級 8月 6日 前回大会2位、4度目の出場。
3  銅メダル 瀬戸大也 競泳 男子400m個人メドレー 8月 6日 初出場。
萩野と併せて同競技におけるダブル表彰台はメルボルン大会以来15大会ぶり。
3  銅メダル 中村美里 柔道 女子52kg級 8月 7日 前々回大会3位、3度目の出場。
3  銅メダル 海老沼匡 柔道 男子66kg級 8月 7日 前回大会3位、2度目の出場。
3  銅メダル 松本薫 柔道 女子57kg級 8月 8日 前回大会1位、2度目の出場。
3  銅メダル 羽根田卓也 カヌー 男子スラロームC-1 8月 8日 前回大会7位、3度目の出場。
同競技における日本人初、同種目ではアジア人初のメダル獲得。
3  銅メダル 永瀬貴規 柔道 男子81kg級 8月 9日 初出場。
同階級のメダル獲得はシドニー大会の瀧本誠以来4大会ぶり。
3  銅メダル 萩野公介
江原騎士
小堀勇氣
松田丈志
競泳 男子4×200mフリーリレー 8月 9日 前回大会予選敗退。
同種目のメダル獲得は1964年の東京大会以来52年ぶり。
小堀・松田は2度目、荻野・江原は初出場。
3  銅メダル 星奈津美 競泳 女子200mバタフライ 8月10日 前回大会3位、2度目の出場。
3  銅メダル 羽賀龍之介 柔道 男子100kg級 8月11日 初出場。
同階級のメダル獲得はシドニー大会の井上康生以来4大会ぶり。
3  銅メダル 水谷隼 卓球 男子シングルス 8月11日 前回大会4回戦敗退、3度目の出場。
同競技の男子では初、シングルスでは男女通じて初のメダル獲得。
3  銅メダル 山部佳苗 柔道 女子78kg超級 8月12日 初出場。
同階級のメダル獲得はシドニー大会の山下まゆみから5大会連続。
3  銅メダル 錦織圭 テニス 男子シングルス 8月14日 前回大会準々決勝敗退、3度目の出場。
同種目のメダル獲得はアントワープ大会の熊谷一弥以来96年ぶり。
3  銅メダル 白井健三 体操 男子種目別跳馬 8月15日 初出場。
同種目のメダル獲得はロサンゼルス大会の具志堅幸司森末慎二以来8大会ぶり。
3  銅メダル 福原愛
石川佳純
伊藤美誠
卓球 女子団体 8月16日 前回大会2位、福原は4度目、石川は2度目、伊藤は初出場。
伊藤は同競技では最年少のメダル獲得。
3  銅メダル 乾友紀子
三井梨紗子
シンクロナイズドスイミング デュエット 8月16日 前回大会5位、乾は2度目、三井は初出場。
同種目のメダル獲得は北京大会以来2大会ぶり。
3  銅メダル 奥原希望 バドミントン 女子シングルス 8月19日 初出場。
同種目では日本人初のメダル獲得。
3  銅メダル 乾友紀子
三井梨紗子
吉田胡桃
中村麻衣
丸茂圭衣
中牧佳南
林愛子
箱山愛香
小俣夏乃
シンクロナイズドスイミング チーム 8月19日 前回大会5位
同種目のメダル獲得はアテネ大会以来3大会ぶり。
3  銅メダル 荒井広宙 陸上競技 男子50km競歩 8月19日 初出場。
同種目では日本人初のメダル獲得。
競技別メダル獲得数
競技      
レスリング 4 3 0 7
柔道 3 1 8 12
競泳 2 2 3 7
体操 2 0 1 3
バドミントン 1 0 1 2
卓球 0 1 2 3
陸上競技 0 1 1 2
シンクロナイズドスイミング 0 0 2 2
ウエイトリフティング 0 0 1 1
カヌー 0 0 1 1
テニス 0 0 1 1
12 8 21 41

種目別選手・スタッフ名簿編集

  アーチェリー編集

スタッフ
選手

  ウエイトリフティング編集

スタッフ
選手

  カヌー編集

スタッフ
選手

  近代五種編集

スタッフ
選手

  ゴルフ編集

スタッフ
  • チームリーダー:山中博史日本ゴルフ協会
  • コーチ:丸山茂樹
  • 総務:長嶋淳治(日本ゴルフ協会)
  • キャディー:福田央、ラジーフ・プラサド、ジェイソンミッシェル・マックデーデ、デイナジーン・デローラックス
選手

  サッカー編集

スタッフ
選手

  自転車編集

スタッフ
選手

  射撃編集

ライフル射撃編集

スタッフ
選手
  • 松田知幸(男子ピストル)
    • 10mエアピストル - 予選敗退
    • 50mピストル - 予選敗退
  • 山下敏和(男子ライフル)
    • 10mエアライフル - 予選敗退
    • 50mライフル伏射 - 予選敗退
    • 50mライフル3姿勢 - 予選敗退
  • 秋山輝吉(男子ラピッドファイアピストル)- 予選敗退
  • 森栄太英語版(男子ラピッドファイアピストル)- 予選敗退
  • 岡田直也英語版(男子エアライフル)- 予選敗退
  • 佐藤明子英語版(女子ピストル)
    • 10mエアピストル - 予選敗退
    • 25mピストル - 予選敗退

クレー射撃編集

スタッフ
選手

  柔道編集

スタッフ
選手

水泳編集

  競泳編集

男子編集
  • 萩野公介(男子自由形・個人メドレー・フリーリレー)
    • 200m個人メドレー - 2位
    • 400m個人メドレー - 1位
    • 200m自由形 - 7位
  • 江原騎士(男子自由形・フリーリレー)
    • 400m自由形 - 予選敗退
  • 中村克(男子自由形・フリーリレー・メドレーリレー)
    • 50m自由形 - 予選敗退
    • 100m自由形 - 予選敗退
  • 塩浦慎理(男子自由形・フリーリレー)
    • 50m自由形 - 準決勝敗退
    • 100m自由形 - 予選敗退
  • 小長谷研二英語版(男子フリーリレー)
  • 小堀勇氣(男子フリーリレー)
  • 松田丈志(男子フリーリレー)
  • 入江陵介(男子背泳ぎ・メドレーリレー)
    • 100m背泳ぎ - 7位
    • 200m背泳ぎ - 8位
  • 長谷川純矢英語版(男子背泳ぎ)
    • 100m背泳ぎ - 予選敗退
  • 金子雅紀(男子背泳ぎ)
    • 200m背泳ぎ - 準決勝敗退
  • 小関也朱篤(男子平泳ぎ・メドレーリレー)
    • 100m平泳ぎ - 6位
    • 200m平泳ぎ - 5位
  • 渡辺一平(男子平泳ぎ)
    • 100m平泳ぎ - 予選敗退
    • 200m平泳ぎ - 6位
  • 瀬戸大也(男子バタフライ・個人メドレー)
    • 400m個人メドレー - 3位
    • 200mバタフライ - 5位
  • 坂井聖人(男子バタフライ)
    • 200mバタフライ - 2位
  • 藤森太将英語版(男子個人メドレー)
    • 200m個人メドレー - 4位
  • 藤井拓郎(男子バタフライ・メドレーリレー)
    • 100mバタフライ - 予選敗退
  • 4×100mフリーリレー(中村、塩浦、小長谷、古賀)- 8位
  • 4×200mフリーリレー(萩野、江原、小堀、松田)- 3位
  • 4×100mメドレーリレー(入江、小関、藤井、中村) - 5位
女子編集
  • 池江璃花子(女子自由形・バタフライ・フリーリレー・メドレーリレー)
    • 50m自由形 - 予選敗退
    • 100m自由形 - 準決勝敗退
    • 200m自由形 - 予選敗退
    • 100mバタフライ - 5位
  • 五十嵐千尋(女子自由形・フリーリレー)
    • 200m自由形 - 予選敗退
    • 400m自由形 - 予選敗退
  • 内田美希(女子自由形・フリーリレー・メドレーリレー)
    • 100m自由形 - 準決勝敗退
  • 松本弥生(女子自由形・フリーリレー)
    • 50m自由形 - 予選敗退
  • 持田早智(女子フリーリレー)
  • 青木智美(女子フリーリレー)
  • 山口美咲(女子フリーリレー)
  • 渡部香生子(女子平泳ぎ)
    • 100m平泳ぎ - 準決勝敗退
    • 200m平泳ぎ - 準決勝敗退
  • 鈴木聡美(女子平泳ぎ・メドレーリレー)
    • 100m平泳ぎ - 準決勝敗退
  • 金藤理絵(女子平泳ぎ)
    • 200m平泳ぎ - 1位
  • 星奈津美(女子バタフライ)
    • 100mバタフライ - 準決勝敗退
    • 200mバタフライ - 3位
  • 長谷川涼香(女子バタフライ)
    • 200mバタフライ - 準決勝敗退
  • 酒井夏海(女子背泳ぎ・メドレーリレー)
    • 100m背泳ぎ - 予選敗退
    • 200m背泳ぎ - 予選敗退
  • 寺村美穂(女子個人メドレー)
    • 200m個人メドレー - 準決勝敗退
  • 今井月(女子個人メドレー)
    • 200m個人メドレー - 準決勝敗退
  • 高橋美帆(女子個人メドレー)
    • 400m個人メドレー - 予選敗退
  • 清水咲子(女子個人メドレー)
    • 400m個人メドレー - 8位
  • 4×100mフリーリレー(内田、池江、山口、松本)- 8位
  • 4×200mフリーリレー(五十嵐、池江、青木、持田)- 8位
  • 4×100mメドレーリレー(酒井、鈴木、池江、内田)- 予選敗退

  飛込競技編集

スタッフ
選手

  シンクロナイズドスイミング編集

スタッフ
選手

  水球編集

スタッフ
選手

オープンウォータースイミング編集

  セーリング編集

スタッフ
選手

体操編集

  体操競技編集

スタッフ
選手

  新体操編集

スタッフ
選手

  トランポリン編集

スタッフ
選手

  卓球編集

スタッフ
選手
  • 水谷隼(男子シングルス、団体)- 3位
  • 丹羽孝希(男子シングルス、団体)- 準々決勝敗退
  • 吉村真晴(男子団体)
  • 男子団体 - 2位
  • 石川佳純(女子シングルス、団体)- 3回戦敗退
  • 福原愛(女子シングルス、団体) - 4位
  • 伊藤美誠(女子団体)
  • 女子団体 - 3位

  テコンドー編集

スタッフ
選手

  テニス編集

スタッフ
選手
  • 錦織圭(男子シングルス) - 3位
  • 杉田祐一(男子シングルス)- 2回戦敗退
  • ダニエル太郎(男子シングルス)- 3回戦敗退
  • 土居美咲(女子シングルス、女子ダブルス)
    • シングルス - 2回戦敗退
    • ダブルス - 3回戦敗退
  • 日比野菜緒(女子シングルス)- 2回戦敗退
  • 穂積絵莉(女子ダブルス)- 3回戦敗退

  トライアスロン編集

スタッフ
選手

  馬術編集

スタッフ
選手

  バスケットボール編集

スタッフ
選手

  バドミントン編集

スタッフ
選手

  バレーボール編集

スタッフ
選手

予選ラウンド Pool A(試合開始時刻は現地時間)- 通算2勝3敗。予選4位で決勝トーナメント(準々決勝)に進出。

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
8月6日 9:32 日本● 1-3 大韓民国 25-19 15-25 17-25 21-25   78-94 [1], [2]
8月8日 11:35 日本○ 3-0 カメルーン 25-20 25-15 25-17     75-52 [3], [4]
8月10日 22:35 日本● 0-3 ブラジル 18-25 18-25 22-25     58-75 [5], [6]
8月12日 20:30 日本● 0-3 ロシア 14-25 28-30 18-25     60-80 [7],[8]
8月14日 20:30 日本○ 3-0 アルゼンチン 25-23 25-16 26-24     76-63 [9], [10]

決勝トーナメント - 準々決勝敗退(5位タイ)

日程 開始 結果 1set 2set 3set 4set 5set 総得点 R
8月16日 14:00 日本● 0-3 アメリカ合衆国 16-25 23-25 22-25     61-75  

  フェンシング編集

スタッフ
選手

  ボクシング編集

スタッフ
選手

  ホッケー編集

スタッフ
選手

  ボート編集

スタッフ
選手

  ラグビー編集

男子編集

スタッフ
選手

女子編集

スタッフ
選手

  陸上競技編集

男子編集

女子編集

  レスリング編集

スタッフ
選手
  • 太田忍(男子グレコローマン59kg級)- 2位
  • 井上智裕(男子グレコローマン66kg級)- 5位
  • 樋口黎(男子フリースタイル57kg級)- 2位
  • 高谷惣亮(男子フリースタイル74kg級)- 準々決勝敗退

選手団本部役員編集

本部役員(2016年12月27日現在)

役職 氏名 所属団体 備考
団長 橋本聖子 日本スケート連盟 日本自転車競技連盟 参議院議員
副団長 山下泰裕 全日本柔道連盟 東海大学
総監督 髙田裕司 日本レスリング協会 山梨学院大学
本部役員 塚原光男 日本体操協会 塚原体操センター 競技担当
福井烈 日本テニス協会 ブリヂストンスポーツ
尾縣貢 日本陸上競技連盟 筑波大学
星野一朗 日本卓球協会
上野広治 日本大学
大塚眞一郎 日本トライアスロン連合 広報担当
中嶋耕平 国立スポーツ科学センター 医務担当
柳谷直哉 日本オリンピック委員会 総務担当
アタッシェ 白石知子 在リオデジャネイロ日本総領事館
本部員 髙橋ダニエル克弥 日本オリンピック委員会
渡辺稔一
吉田周平
久保田敦
渡邊暁大
大越光介
鈴木和馬
土肥美智子 国立スポーツ科学センター メディカルスタッフ/ドクター
中山修一 JR東京総合病院
真鍋知宏 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター
鈴木岳 R-body project メディカルスタッフ/トレーナー
寒川美奈 北海道大学
加村真理子 近畿日本ツーリスト 輸送担当
篠原史郎
鈴木俊介
橋間邦仁

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ “19歳・塩尻 リオ代表滑り込みにびっくり「突然のことで…」”. スポーツニッポン. (2016年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/08/03/kiji/K20160803013089270.html 2016年8月3日閲覧。 
  2. ^ a b c “リオデジャネイロオリンピック日本代表選手団団長、副団長、総監督が決定” (プレスリリース), 日本オリンピック委員会, (2015年10月20日), http://www.joc.or.jp/games/olympic/riodejaneiro/news/detail.html?id=6897 2016年4月18日閲覧。 
  3. ^ a b “リオ五輪 主将に吉田沙保里、女子初 旗手は右代”. スポーツニッポン. (2016年7月1日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/07/01/kiji/K20160701012882560.html 2016年7月1日閲覧。 
  4. ^ “【リオ五輪】結団式・壮行会に300人、主将の吉田沙保里が決意表明”. 産経新聞. (2016年7月3日). http://www.sankei.com/sports/news/160703/spo1607030030-n1.html 2016年7月4日閲覧。 
  5. ^ “第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)日本代表選手団の解団式を実施” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本オリンピック委員会, (2016年8月25日), http://www.joc.or.jp/games/olympic/riodejaneiro/news/detail.html?id=8231 2016年8月25日閲覧。 
  6. ^ 産業経済新聞社 (2016年8月25日). “【リオ五輪】日本選手団が解団式 内村や伊調らが参加”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/photo/photojournal/news/160825/jnl1608250001-n1.html 2016年8月25日閲覧。 
  7. ^ “リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック 日本代表選手団合同パレード」10月7日(金)に開催!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本オリンピック委員会, (2016年9月21日), http://www.joc.or.jp/news/detail.html?id=8312 2016年10月7日閲覧。 
  8. ^ 伊調が金 史上初の4連覇 レスリング女子58キロ級”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年8月18日). 2016年8月18日閲覧。
  9. ^ バドミントン女子ダブルス 高橋・松友ペアが金メダル”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年8月19日). 2016年8月19日閲覧。
  10. ^ 北京大会当初は銅メダルだったが2017年1月に金メダルだったジャマイカがドーピング違反で失格となったため繰り上げで銀メダルとなった。
  11. ^ “第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)サッカー競技(男子) 日本代表 選手変更のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2016年8月3日), http://www.jfa.jp/news/00010586/ 2016年8月3日閲覧。 
  12. ^ 平野和彦 (2016年8月11日). “福島千里、100を欠場…200に専念へ”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社. 2016年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。
  13. ^ a b c 陸上女子1万メートル 高島18位 関根20位”. 日本放送協会 (2016年8月13日). 2016年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月13日閲覧。
  14. ^ a b c <リオ五輪速報>女子マラソン福士14位、田中19位、伊藤46位の惨敗”. THE PAGE(ザ・ページ) (2016年8月14日). 2016年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  15. ^ 久賀大輔 (2016年8月14日). “リオ五輪陸上女子3000障害 高見沢(松山大)予選敗退”. 愛媛新聞. 2016年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集