2021年レスリング世界選手権

2021年レスリング世界選手権は、2021年10月2日から10日までノルウェーオスロで開催された[1]

開催日程編集

2日
  • 男子フリースタイル61・74・86・125kg級 予選
3日
  • 男子フリースタイル61・74・86・125kg級 決勝
  • 男子フリースタイル57・65・79・92kg級 予選
4日
  • 男子フリースタイル57・65・79・92kg級 決勝
  • 男子フリースタイル70・97kg級/女子55・62kg級 予選
5日
  • 男子フリースタイル70・97kg級/女子55・62kg級 決勝
  • 女子50・53・65・76kg級 予選
6日
  • 女子50・53・65・76kg級 決勝
  • 女子57・59・68・72kg級 予選
7日
  • 女子57・59・68・72kg級 決勝
  • 男子グレコローマン55・72・77・82kg級 予選
8日
  • 男子グレコローマン55・72・77・82kg級 決勝
  • 男子グレコローマン60・97・130kg級 予選
9日
  • 男子グレコローマン60・97・130kg級 決勝
  • 男子グレコローマン63・67・87kg級 予選
10日
  • 男子グレコローマン63・67・87kg級 決勝

国別獲得メダル数編集

国・地域
1   イラン 7 3 3 13
2   アメリカ合衆国 5 5 5 15
3   日本 5 3 4 12
4 RWF 4 5 9 18
5   キルギス 2 2 2 6
6   モルドバ 2 1 0 3
7   アゼルバイジャン 1 1 4 6
8   ポーランド 1 0 3 4
9   アルメニア 1 0 1 2
10   ブルガリア 1 0 0 1
  セルビア 1 0 0 1
12   ジョージア 0 2 6 8
13   ドイツ 0 1 3 4
  トルコ 0 1 3 4
15   ベラルーシ 0 1 1 2
  インド 0 1 1 2
  カザフスタン 0 1 1 2
18   エストニア 0 1 0 1
  ハンガリー 0 1 0 1
  スロバキア 0 1 0 1
21   モンゴル 0 0 6 6
22   ウクライナ 0 0 3 3
23   カナダ 0 0 1 1
  エジプト 0 0 1 1
  リトアニア 0 0 1 1
  ノルウェー 0 0 1 1
  スウェーデン 0 0 1 1
Total 30 30 60 120

国別順位編集

Rank 男子フリースタイル 男子グレコローマン 女子フリースタイル
Team Points Team Points Team Points
1 ロシアレスリング連盟(RWF) 173 ロシアレスリング連盟(RWF) 152   日本 196
2   アメリカ合衆国 168   イラン 146   アメリカ合衆国 147
3   イラン 162   ジョージア 79   アゼルバイジャン 107
4   ジョージア 68   ジョージア 92   ウクライナ 73
5   トルコ 58   トルコ 66   インド 67
6   モンゴル 56   ハンガリー 60   キルギス 65
7   ベラルーシ 45   日本 54 ロシアレスリング連盟(RWF) 64
8   アゼルバイジャン 42   アルメニア 49   ブルガリア 49
9   ポーランド 39   ポーランド 46   カナダ 47
10   アルメニア 39   ベラルーシ 40   モルドバ 45

メダル獲得者編集

男子フリースタイル編集

階級
57 kg   トーマス・グリマン   アリレザ・サルラク   ホルスト・レール
  アリアン・チウトリン
61 kg RWF アバスガジ・マゴメドフ   ダトン・フィクス   長谷川敏裕
  アルセン・ハルチュニャン
65 kg RWF ザギル・シャヒエフ   アミル・モハンマド・ヤズダニ   アリベク・オスモノフ
  トモルオチリン・トゥルガ
70 kg   マゴメドムラド・ガジエフ   エルナザル・アクマタリエフ RWF エフゲニー・ジェルバエフ
  ズラビ・ヤコビシビリ
74 kg   カイル・デイク   タジムラズ・サルカザノフ   ファズリ・エリルマズ
RWF ティムール・ビジョエフ
79 kg   ジョーダン・バローズ   モハンマド・ノクホジ   ニカ・ケントチャゼ
RWF ラディク・ワリエフ
86 kg   ハッサン・ヤズダニ   デビッド・テイラー   アブバクル・アバカロフ
RWF アルトゥール・ナイフォノフ
92 kg   カムラン・ガセムプル マゴメド・クルバノフ   オスマン・ヌルマゴメドフ
  ジェイデン・コックス
97 kg アブドゥルラシド・サドゥラエフ   カイル・スナイダー   マハメド・ザカリエフ
  モジタバ・ゴレイジ
125 kg   アミル・ホセイン・ザレ   ゲノ・ペトリアシヴィリ   モンフトリン・ルハグバゲレル
  タハ・アクギュル

男子グレコローマン編集

階級
55 kg   松井謙 エミン・セフェルシャエフ   ヌグザリ・ツルツミア
  エルダニズ・アジズリ
60 kg   ビクトル・チオバヌ   ジョラマン・シャルシェンベコフ RWF ステパン・マリャニャン
  ムラド・ママドフ
63 kg   メイサム・ダルハニ   レリ・アブラゼ   清水賢亮
  レヌル・テミノフ
67 kg   モハマド・レザ・ゲラエイ RWF ナジル・アブラエフ   ラマズ・ゾイゼ
  アルマト・ケビスパエフ
72 kg   マルハス・アモヤン RWF セルゲイ・クツゾフ   ゲボルグ・サハキャン
  クリストゥパス・シュレイバ
77 kg RWF ロマン・ウラソフ   サナン・スレイマノフ   ローラント・シュバルツ
  モハンマド・アリ・ゲラエイ
82 kg   ラフィグ・フセイノフ   ブルハン・アクブダク RWF アドラン・アキエフ
  パジマン・ポシュタム
87 kg   ズラブ・ダトゥナシビリ   キリル・マスケビッチ   ラシャ・ゴバゼ
  アルカディス・クウィニツ
97 kg   モハンマド・ハジ・サラビ   アレックス・セーケ RWF アルツゥール・サルギシャン
  ガンジェロ・ハンコック
130 kg   アリ・アクバル・ユセフィ RWF ズラビ・ゲデハウリ   オスカル・マルビク
  ヤコブ・カジャヤ

女子フリースタイル編集

階級
50 kg   吉元玲美那   サラ・ヒルデブラント   ドルゴルジャビン・オトゴンジャルガル
RWF ナデジュダ・ソコロワ
53 kg   藤波朱理   ルリア・レオルダ   カタリナ・クラウチク
  サマンサ・スチュワート
55 kg   桜井つぐみ    ニナ・ヘンメル   オレクサンドラ・ホメネツ
  ジェンナ・ブルケルト
57 kg   ヘレン・マルーリス   アンシュ・マリク   南條早映
  エルヘムバヤリン・ダバーチメグ
59 kg   ビリャナ・デュドバ   花井瑛絵   サリタ・モル
  バータルジャビン・シューブドル
62 kg   アイスルー・ティニベコワ   カイラ・ミラクル   尾崎野乃香
  ガントゥヤ・エンフバット
65 kg   イリーナ・リンガチ   森川美和   ヨハンナ・マットソン
  フォレスト・モリナリ
68 kg   メーリム・ジュマナザロワ   宮道りん   タミラマリアナ・ストックメンサ
RWF ハヌム・ベリエワ
72 kg   古市雅子   ジャミラ・バクベルゲノワ   アンナ・シュヘル
  ブセ・トスン
76 kg   アデリン・グレイ   エプ・マエ   サマル・アメル
  アイペリ・メデト・キジ

備考編集

2020年12月にCASの裁定により、組織的なドーピング問題を抱えていたロシア選手団は、主要な国際競技大会から2年間除外されることが決定したため、今大会のロシア選手はロシア代表の代わりに、ロシアレスリング連盟名義での出場となった。そのため、国旗と国歌を使用できない[2]

脚注編集

関連項目編集