2022年ウガンダのエボラ出血熱流行

2022年ウガンダのエボラ出血熱流行(2022ねんウガンダのエボラしゅっけつねつりゅうこう、2022_Uganda_Ebola_outbreak)は2022年に東アフリカの国、ウガンダの西部、中部地域で流行しているエボラ出血熱の原因となるスーダン型エボラウイルス英語版の流行である。

2022年ウガンダのエボラ出血熱流行
2022 Ebola outbreak in Uganda.png
ウガンダの地域別感染状況
疾病 エボラ出血熱
ウイルス株 スーダン型エボラウイルス
初発症例 2022年9月20日
確定症例数 94人(10月24日現在)
疑い症例数 19人(9月29日現在)
回復者数 24人
死者数
28人(10月24日現在)
外部リンク  
疑い症例数とは、他の病原が除外されたかもしれないが、臨床検査でそのが病原であることが確認されていない症例数のことである。

解説編集

これは、ウガンダで5回目のスーダン型のエボラウイルスによるアウトブレイクである[1]。2022年9月20日にウガンダ保健省によってアウトブレイクと宣言された[2]

2022年10月2日の時点で、Mubende、Kyegegwa、Kassanda、KagadiおよびBunyanga地区で患者が確認されている[3][4][5][6]

2022年10月12日の時点で、合計64人の患者が確認され、29人が死亡した。また同日10月12日、首都であるカンパラで初めて死亡が確認された[7]

ウガンダ政府は10月21日、2022年末までに流行が終息する見込みであると発表した[8]

脚注編集

  1. ^ Uganda, Africa: Ebola Virus Disease Emergency Appeal No. MDRUG047 - Uganda | ReliefWeb” (英語). reliefweb.int. 2022年10月25日閲覧。
  2. ^ Ebola Cases, Fatalities Rise in Uganda” (英語). VOA. 2022年10月25日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/whoafro/status/1576150141928554497” (日本語). Twitter. 2022年10月25日閲覧。
  4. ^ September 2022 Uganda | Ebola (Ebola Virus Disease) | CDC” (英語). www.cdc.gov (2022年10月19日). 2022年10月25日閲覧。
  5. ^ Ebola Disease caused by Sudan virus – Uganda” (英語). www.who.int. 2022年10月25日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/mwesigyewalter/status/1576592506006827008” (日本語). Twitter. 2022年10月25日閲覧。
  7. ^ “Uganda Ebola outbreak: First death recorded in capital Kampala” (英語). BBC News. (2022年10月11日). https://www.bbc.com/news/world-africa-63212117 2022年10月25日閲覧。 
  8. ^ Biryabarema, Elias (2022年10月21日). “Uganda says Ebola outbreak should be over by year-end” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/world/africa/uganda-says-ebola-outbreak-should-be-over-by-year-end-2022-10-21/ 2022年10月25日閲覧。