メインメニューを開く
姫路駐屯地に展示されている退役車両

75式自走地上風測定装置(ななごしきじそうちじょうふうそくていそうちは、陸上自衛隊の装備の1つ。野戦特科に所属する。

目次

概要編集

75式130mm自走多連装ロケット弾発射機と共に運用され、発射機近くの風向と風速を測定、射撃諸元の算定に必要な情報を収集するための装備である。自走発射機4台に対して本車1両が随伴して行動する。

75式は73式装甲車の試作型のうち小松製作所の開発したSUB-2型の車体の設計を流用しているが、本車は三菱重工が開発・採用された73式の生産型(SUB-1)に測定装置を搭載したものである。

75式と平行して開発され、1975年(昭和50年)に「75式自走地上風測定装置」として制式採用された。

75式の退役に伴い、2003年に全車が退役した。

特徴編集

73式装甲車の後部兵員室部分に伸縮式の測定装置と計測情報の計算・表示装置を搭載したもので、兵員室部分以外は73式とほぼ同じであるが、車体前面左側の62式7.62mm機関銃座及び前方銃手席がないことが異なる。機関銃用のマウントと前方銃手用のハッチは備えられていない。

角柱型の測定装置基部に先端に測定装置を搭載した梯子状の伸縮式支柱が収められており、支柱は4段に伸長する。支柱基部の前面は防護板によって覆われている。測定装置は風向と風速を±30m/s、0.1m/sの精度で計測できる他、気温と湿度を計測することができるとの資料もあるが、測定装置の性能に関しては公開されていない部分が多いため、詳細は不明である。車内に搭載されている計算・表示装置に関しても詳細は公開されていないため、装置の能力に関しては不明な点が多い。

75式と対に運用される車両だが、計測結果や射撃諸元のデータ送信能力及び発射機に対する管制能力は持たない。

諸元編集

(車両)

(測定装置)

  • 縦風表示範囲:±30m/s
  • 横風表示範囲:±30m/s
  • 最小指示単位:0.1m/s

製作編集

関連項目編集